2021年3月14日(日) 天気 晴れ & 風

DSC_2633
お菓子の包み紙に描かれた馬.。゚+.(・∀・)゚+.゚

前日は朝から晩まで1日中雨が降っていた。
この日は朝から晴れていたけれど,風がとても強かった。

亡くなった祖母は,「(雨が)降り足りないと,次の日強い風が吹く」と言っていた。
そうなのかな。降り足りなかったのかなと,クラブに向かう車の中から,空を見て思った。

一雨ごとに暖かくなっていくというのは,たぶん本当で,最近は真冬の頃のような厳しい寒さは感じない。
春は確実にやってくる。


雨の翌日の休日で,来週は馬術競技会があることからも,クラブはお客さんでいっぱいだった。
わたしの今日のパートナーは,お久しぶりのアパルーサちゃん。
馬房に迎えに行ってもなかなかこちらへ来ないので,無口を手に近づくと,ようやくこちらに興味を示して鼻を近づけてきた。

わたし,前にもあなたに乗ったことあるのよ?(*´∇`*)
覚えてる?

無口をつけ,馬繋場へ連れていく。

アパルーサちゃんは,背が低くてお腹が丸くて,独特の体型をしている。
色んな物を甘噛みして遊ぶのが好きで,馬装やお手入れをしていると,時々ちょっとだけ服の表面を噛まれる(服がないと皮膚を噛まれるので注意)。

前回乗ったときは,何の練習をしたんだっけかな。
障害を跳んだこともあるけれど,このコは口が硬くて,繊細なブレーキが効かないので,苦労していたような気がする。

今日はドレッサージュ馬場へ。
最近,馬場と障害を交互にやっている。
この日は経路などはやらずに,ひたすら「正しい姿勢」を覚えるためのレッスンとなった。

常歩をして,自分のタイミングで速歩を発進し,軽速歩で蹄跡行進。

風がごうごうと吹いていて,周囲の林の木が大きく揺れているので,馬に「大丈夫だよ」と声かけしながら進ませた。

指導員さんは「人間が怖がると馬も怖がる」と言っていた。

だからわたしは落ち着いて,堂々として,怖がらないで,驚かないで,乗っていようと心掛けた。

風が強い日は,馬が不測の動きをする可能性が高くなっているので,指導員さんに「手綱を短く持っていて」とアドバイスされた。
「このくらいの風怖がってちゃダメですよ (´▽`) 」とか笑いながらも,生徒の心配はしてくださるのだなぁと思う(●´ω`●)笑

軽速歩をしながら,馬に語りかけるように,小さく「1,2,1,2……」と呟いていた。
馬は耳がいいから,きっとわたしの声が聞こえている。
この声に集中していたら,周りの強風の音が少しは気にならなくなるのではと,期待していた。
声掛けが功を奏したのかどうかは分からないけれど,アパルーサちゃんは30分のレッスンの間中,強風の音や草木の激しい動きにも動じず,集中して素直に動いてくれた。


さて,姿勢のほうは,こんなにしっかりと感覚を研ぎ澄ませるのも久しぶりなんじゃないかと思うくらい,集中していた。主に速歩で。

わたしは脚の位置が少し前に突っ張ってるような状態になっているらしい。

乗馬を始めたばかりの頃は,「脚が後ろに流れている」と注意されることが多かった。
今はその頃とは真逆の状態になっているのだという事実に驚いた。
いつから前に突っ張るようになったのだろう?

鐙を外して,自然に脚が下がる場所を確認して,再び履いてみたりする。

うーん,うーん……
何故前に出てしまう? 何故後ろに下がらない?

指導員さんには「膝を下げて腿を引く」とアドバイスを受けた。
「脚を後方に引くと上半身が前に倒れそうになる」と相談する。

わたしはどうも上半身の姿勢にも若干問題があるようで,自分では「良い姿勢」をとっているつもりでも,反り腰(いわゆる,へっぴり腰)になっていて,骨盤の前傾に合わせて上半身の重心が少し前に位置してしまっているらしい。

速歩走行中に,立ち乗りしてみたりする。
立ち乗りのまま乗っていられる状態は,鐙がまっすぐ下に下がっている状態で,つまり脚が前にも後ろにも行かず,地面と垂直になっている理想の状態だ。

3歩くらい進むと立ち乗りを続けられなくなり,1度鞍に座るのだけれど,本当の本当に正しい姿勢をとれていたら,ずっと続けられるものなのだろう。
まだまだわたしはバランスが悪い。(>_<)

一度常歩に戻してから,駈歩発進。
軽速歩の名残なのか,最初に少し腰が浮いてしまう乗り方をしてしまい注意を受ける。
意識したら直ったけれど,うっかりするとすぐ「下手な乗り方」になってしまうことに愕然とした。

速歩でもやったけれど,駈歩でも歩度を伸ばしたり詰めたりする。
指導員さんは,「障害の動きにはだいぶ慣れてきたから,今度は脚を正しい位置で使ってスピードコントロールできるようになっていきましょうね」と言っていた。

正しい位置。
美しい姿勢。
是非ともそうなりたい。

アパルーサちゃんは後半段々前に行くようになってきて,この後速歩や常歩と駈歩を指示された場所で切り替える練習をしたのだけれど,駈歩にならないように手綱をギッチギチに抑えて速歩にしているのが結構きつかった(^_^;) その分,駈歩発進はちょっと手綱を緩めるだけでパッと出るので楽だったけれど。
スピードコントロール,ちゃんとできるようになりたいなぁ。

いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村