2021年7月3日(土) 天気 くもり 時々 雨

-i7dcv6

6月は2鞍しか乗れない月だったので,また久しぶりにやってきた乗馬のレッスン。

黒馬くんがパートナー。
馬房に迎えに行くと,全身がしっとりしていた。
たぶん前のレッスンで洗ってもらって,まだ完全に乾ききっていなかったのだ。

お馬さんも1日2鞍練習に出るとなると大変ね。

あと30分だけだからね,頑張ってねと声をかけて,無口を着けて馬房から出す。


先生は,大学生くらいに見えるすごく若いアルバイトの男の人だった。
この人に教えてもらうのは初めてだなぁ。
乗馬を始めてから,色んな馬だけではなく,色んな人にも出会ってきた。
もうここにはいない人も馬もいる。
一期一会だと思って大切にしていこう。


ドレッサージュ馬場での練習。

先生は何の指示もしてこないので,とりあえず右手前で常歩して馬場を一周。
そこから速歩発進して軽速歩で二周。
半巻きして手前を替えようとして,常歩になってしまい,さらに黒馬くんが内に入り込んで蹄跡に戻せなくなるという大失態を犯す。

前にも同じ馬場,同じ馬,同じシチュエーションでまったく同じことが起こっているのだけれど,これは何なんだ? わたしの身体のバランスが悪いのか? 馬のクセなのか?

脚で押して戻そうとしたり,手綱で誘導しようとしたり,走らせて斜めに蹄跡に戻そうとしたり,色々やってもなかなか戻らず,馬が左に顔を向けているのでそのまま左に巻き乗りして少し蹄跡に近づき,速歩になったので(もはや馬が勝手に速歩を始めたのか自分の脚が効いたのかも判別できない),どうにか左手前の軽速歩での蹄跡行進ができた。

ちなみに,この間,先生は馬場の中央で見ているだけだったので,完全に自分だけで馬をどうにかしようと頑張った感じだった。(´∀`;)

これも二周くらいして,手前をまた右にしてから今度は駈歩。
雨の多い時期なので,馬場はドロドロだったけれど,「3月のあの試合のときに比べれば全然マシ」と,そのまま走り続ける。

新しい先生は,歩様の指示も場所での切り替え指示も何もしてこないので,フリー騎乗をしている気分になる。
え? あれ? 今日ってレッスンじゃなくてフリーだったのかな?
むしろこの人(先生),何でここにいるんだろう?

常歩にして手前を左手前にしたら,またモゴモゴと内に入る変な動きを始める黒馬くん。
何で!?(;´Д`) わたしが悪いなら教えて! ただのワガママなら怒るよ!?(でも右手前ではやらないから,何か理由があるような気がする。)

これも非常に悪戦苦闘してから蹄跡に戻し,どうにかこうにか駈歩をさせる。
入口付近で一度速歩になってしまい,脚で押しまくって頑張って駈歩をもう1回出させ,もう一周してから馬を止めた。

この時点でわたしの息は上がりまくり。
もう準備運動は終わりだと思ったわたしは,馬場に入ってから一度も声を発していない新しい先生に声をかけた。


小夏 「次は何をすればいいですか!?('д` ;)」


いつもやっているフラットワークや,上手くいかないことへの対処方法は自分で考えるのもいいと思うけれど,ちょっと,何か,練習メニューとかは提案して欲しいよ(´Д⊂)泣

指導員さんは,「シンプルチェンジをしましょう」と提案してきた。


小夏 「駈歩→常歩→駈歩ですか?」

指導員さん 「そうです」


どこからどこに向かってこのあたりでこう,という指示はされなかったので,A3課目で行う,斜め手前変換でのシンプルチェンジを行うことにした。まずは左手前で。
ところが,本来20m×40mの馬場で行うものを,20m×60mの馬場でやってしまったので,距離の配分がおかしくなり,変な位置で蹄跡に戻ってしまう。しかもなかなか常歩にならず速歩がダラダラ入ってしまった。

あれ? 何か変だぞ?(´・ω・`;)

指導員さんも「本当は20×40の馬場でやるから……」と苦笑していた。
いや,それやる前に言ってよ!ヽ(TдT)ノ

20×40の馬場であると仮定して練習を行うことにした(でもそうすると表示の位置ちょっとズレるのね)。
あと,できるだけ速歩が入らないようにとの指示も。
う,うん。頑張る(; -д-)ノ

何度も連続で繰り返して,失敗したり,少し上手くいったり。
言葉で何かを考えているわけではないけれど,色んな事を調整しながら「いい具合」を探していく。

手前を替えて,同じことを繰り返す。

止まりやすいお馬さんなので,下方移行はそんなに難しくないのだけれど,やっぱり,ピンポイントで歩様を変えるというのは,とても難しい。
それでも何回かは,速歩が入らずに「駈歩→常歩→駈歩」と変換することができた。

指導員さんは「できるだけ常歩の期間を短くしてください」と指示を出してきた。
「一瞬止まったかな? くらいで踏歩変換するのが理想」とのこと。

ふ,ふふふ……何か難しいお話(;∀;)☆

引き続き,繰り返してシンプルチェンジの練習。
最終的には,指導員さんに「段々(常歩の箇所が)短くなってますよ」と少し褒めていただいて,レッスン終了。

たった30分で馬もわたしもぐったりだったけれど,シンプルチェンジの練習を集中的にできたのはよかったなぁと思った。


いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村