2020年2月9日(日) 天気 晴れ

DSC_1276

今日は初午祭。
そして満月。
さらに一粒万倍日!

なんだかスペシャルなこの日。
快晴の空の下,車を走らせ乗馬クラブへ向かう。

少し風が強いのが気になるけれど,大丈夫,きっと上手くいく!

今日のお馬さんと先生は誰だろう。
お客さんは多いかな,少ないかな。

クラブへ到着すると,とても混んでいた。うーん……どういう日が人が多くて,どういう日が少ないのだろう。何か法則はあるのかな。



今日わたしのパートナーとなったのは,久しぶりのお馬さん。元競走馬の女の子(鹿毛子)だった。
うわあぁ! いつ振り?w(*゚o゚*)w

馬房に迎えに行くと,素直に頭絡を着けさせてくれる鹿毛子。
引いて歩けば,エサに余所見もせずに大人しくついてくる鹿毛子。
耳を伏せたり動いたりせず,裏堀りも嫌がらずに自ら足を上げてくれる鹿毛子……

なんていい子なの!m(。≧Д≦。)m

いつもやんちゃなチビ馬くんに手を焼いていたので,こんなにスムーズにいくことに感動してしまった。

ああ……馬って本当に,色々なんだな……!

馬装を済ませてインドアの馬場へ。
久しぶりなので,どんなお馬さんだったかなとドキドキする。

騎乗して腹帯を締めて鐙の長さを調節する。
油断すると鹿毛子はウロウロするので,止めながら作業。

常歩で蹄跡行進。次いで軽速歩で蹄跡行進。
軽い扶助でスイスイ動く。敏感なお馬さんなのだ。

速歩で巻き乗り。
右手前で内側に切り込んでくる。

ああ,そうだった!
このお馬さんはそうだった。
左右差があって,右がちょっとやりづらいコなのだ。
思い出してきたよ!

軽速歩の手前合わせの勘が,どういうわけか少し鈍っている。
馬によって背中の反動が違うから,感覚が少し違ってわからなくなっているんだろうな。
どんな馬でもちゃんと乗っていけるようにしていかないと。

駈歩を発進。継続。
軽いお馬さんなので,そんなに難しくない。
むしろ拍車が当たらないように気を使う。
つま先を内側に向けるって結構大変。太腿の付け根あたりから内転させて鞍に密着させればいいんだろうけれど,普段の生活の中でそんな動きはまずしないので,努力が必要になる。

駈歩でも巻き乗り。
やっぱり右手前がちょっと変な感じがするので,手綱での誘導や脚など,色々工夫する。

駈歩で蹄跡行進していて,手綱の張り方が理想的な状態を少し体験できたので嬉しかった.。゚+.(*´ェ`*)゚+.゚
引っ張らず,たわまず,ごく軽く真っ直ぐ張った状態のまま,馬の頭の動きに合わせて,拳をたてがみのあたりに置いておく。

そうそう,これ! これをやりたかったの!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
速度を緩めたいときは,指先でちょいちょいっと軽く引っ張るだけで伝わる。
馬との距離が少し縮まって,コンタクトが取りやすくなっている感覚が嬉しい。

少しずつ,少しずつ,この状態の割合を増やしていきたい。

蹄跡上に横木が置かれて,横木通過。
まずは軽速歩で。
ただの横木だけならスイスイ通過。
よしよし,いいコだぞ(●´ω`●)♪

何度か横木を通過した後,横木は低いクロスバー障害に変わった。
軽速歩で,「1,2,1,2」とカウントしながら障害に向かう。

確かこのお馬さんは,「跳べない」と思ったときは跳ばないお馬さんだったはず。
向ければ必ず跳ぶいつものお馬さんではないので,頭の片隅でその可能性を強めに覚悟しておく。

それでもクロスバーは低いので普通にジャンプ。
ジャンプ後に停止。よしよし,それでいいんだよと愛撫。

停止後に振り返って,背中にいるわたしを見る鹿毛子。
……最近この仕草をする馬が多いけど,わたし,この動きを誘発させる何かをやってる……?(´∀`;)
可愛いからいいんだけど,馬のこの動作が,実際にはどんな意味合いを持っているのか気になるところ。


【206鞍目に続く】


いつも応援ありがとうございます♪


馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村