2018年5月26日(土) 天気 晴れ 時々 くもり

PAK24_morinonaka1227_TP_V

地上横木を立ち乗りで通過できたので,クロスバー障害で同じことをする。左右の手前でジャンプ。
思うのだけど,少し前から立ち乗りしてたほうが,障害跳ぶの楽よ(´・ω・`)

その次に同じ高さの垂直障害。
同じようにジャンプしてみたけれど,踏み切りがちょっと遠い。

指導員さん 「今,どのくらいの速さでどこを通ったのか覚えてるね? 『どこ通ったのか覚えてないです~』っていうのはダメだよ?」

小夏 「……(゚∀゚;)」 (←若干うろ覚え)

覚えてないとか,許されない雰囲気……!

さすが,ベテランの馬乗り。誘導が上手いなぁ(´∀`;)
先に逃げ道をふさがれたら,全力で覚えるしかないじゃない。

踏み切りが遠いなら,もう少し近づけたほうがいい。
直前で歩度伸ばせばいいのかな?
もう1度馬を走らせてジャンプ。

指導員さん 「遠い!(`・д・´)」
小夏 「はい!(゚Д゚;)!!」

伸びなかった!
じゃ,今度はもうちょっと内回りしよう。
馬場を一周し,もう一度。
馬,障害前で自ら減速してジャンプ(止まるかと思ったよ)。

指導員さん 「今のは近過ぎ!(`・д・´)」
小夏 「はい!(>д<;)」

ううう……! 上手くいかない……!

指導員さん 「駈歩継続して! もう1回!」
小夏 「はい!」

速歩になりかけた馬に脚入れて駈歩にする。

指導員さん 「その速度保ってー!」

小夏 「はーい!(;゚Д゚)!」



~ 以後,しばらく続く ~



ぜーぜーぜー……(; -д-)ノ (←息上がってる)

え,待って……これ,運動神経以外にも何か,他の能力が必要だよね?
動体視力? 空間把握能力? 時間感覚? スピード感覚?
とにかく何か,今まで使っていなかった何らかの能力が必要だ。
バランスよく乗れて,きれいに誘導できるだけじゃ不充分だということが,何となくわかるのだ。


もっとも,「きれいに誘導」もきちんとはできていない。

次にやってきたのは,高さを上げたクロスバー障害。
クロスの練習というのは,「しっかりと障害の中央に誘導する訓練」に使えるのだそうだ。
一番低いところに誘導すればいいんだものね。


しかし,走る馬を思い通りの場所に動かすというのは,案外難しいもので。
障害前の直線に入ったところで,馬が外にふくらんでしまったことに気付く。

ああ! ここ中心じゃない! 右に寄ってる!
戻さな……っ あ,間に合わな……っ!


 「あ゛ーっ!!! (((( ;゚Д゚)))」

小夏,絶叫しながら障害通過。
馬,右肢がわずかに障害に触れる(落としはしなかった)。

小夏 「……('A`;)」
指導員さん 「……右にヨレたね。……自分でわかってるね?」
小夏 「わかってます……(≡ω≡ ;)」


あれだけ叫べばね。

指導員さん,妙に優しい様子でアドバイス。
「押し手綱で戻してくださいね?  蹄跡走ってるときと同じですよ?」
小夏 「はい……(≡ω≡ ;)」

わかってる! わかってるんだ……!

たくさん跳んだけれど,今日は1回だけ「理想的な跳び方」を経験した。
あれだけ跳んで,自分で納得できたのは,たったの1回。

馬にも自分にも何の無理もなく,ふわっと,軽く障害を越える。
上手にできているときって,ちゃんと自分でわかるんだ。

わかっているのに,その状態に持っていくことの,何と難しいことか。




乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村