2018年10月24日(水) 天気 晴れ

DSC_0067
馬の耳ってかわいい(*´ω`*)


ここのところ週末は予定が立て込んでいるので,あまり間が空いてしまわないように,平日だけれど休みをもらって乗馬の練習にやってきた。


今日のパートナーとして指名されたのは,お久しぶりの栗毛馬だった。

良い子の栗毛ちゃん,再来!

栗毛ちゃんはしばらく別の牧場に出張していて,最近戻ってきたらしい。
相変わらず素直に頭絡を付けさせてくれるし,蹄洗場に向かうのも嫌がらない。
でも,ちょっとしたことですぐ耳を絞るようになっていた。

きみ……その牧場でどんな生活してたの?(´∀`;)
何か嫌なことあった?(´・ω・`)

指導員さんがやってきて, 「今日は前とはちょっと乗った感じが違うと思いますよ」と言っていた。

同じ馬なのに!?Σ(・ω・ノ)ノ と,びっくり。

栗毛ちゃんは出張先ではほとんど走ることがなかったため,身体が硬くなっているとのこと。

ははーん。言ってみれば「休み明け」で身体が鈍っているみたいなものね?(・∀・)
わかる。わかるよ。連休明けのサラリーマンみたいなものでしょ? 本調子出ないよね!
こういうときはとにかく動くしかないよ。動いていれば調子も戻ってくるから。


というわけで,動かないことを覚悟の上でレッスンに挑んだわけだけれど……

動くのよ,これが。

もともと反応のいいお馬さんなので,少し拍車が触れれば「元気な常歩」になるし,ちょっと長めに圧迫すればすぐ速歩になるし,さらに脚使えば歩度は伸びるし,軽く手綱握れば速度落ちるし,駈歩だって外方脚引いただけですぐに発進。ほとんど苦労がない。


.。゚+. ♪ \(*゚∀゚)/ ♪.。゚+.゚


さすが「良い子の栗毛」!
一応鞭も持っていたけれど,今日は一度も使わなかった。
なんだー,鈍っててもやっぱり良い子じゃない(*´ェ`*)♪
拍車を使い始めてから,こんなにも拍車の効果を実感したことはなかったよ。


結果的に,馬はよかった。
よかったけれど,乗ってる人間のわたしのほうには少し問題があった。
反応のいい敏感な馬なので,意図しないときに拍車が馬体に当たってしまうと「乗り手からの合図」と受け取って加速してしまったりするのだ。


脚が外に開いて膝が鞍から離れてしまっていると,指導員さんから注意を受ける。


「膝閉じて」
「つま先ちょっと内向けて」


最初は言われたとおりに,膝をぐっと鞍に押し付けたり,足を「ハ」の字にしてみたりしていたのだけれど,押し付けるのは力がいるので疲れるし,足先だけ「ハ」の字にしているのは無理があるような感じがして,なかなか継続できなかった。

でも,色々やってみているうちに,すごくいいコツをつかんだ……!(☆゚∀゚)


「膝を鞍に押し付ける」というよりも,「脚全体を少し内転させる」感じで上手くいく!('▽'*)ニパッ♪


太腿の付け根あたりからぐるっと内側に回すというか,少しだけ「内股」気味にして乗るのね。
これで膝も鞍から離れないし,自然とつま先も軽く内側を向く。

今日はこれ以降,この状態をキープできるように頑張った。
意識しなくても乗るたびにこれを再現できるようになれば,かなり楽だぞ!
頑張れわたし!


駈歩での巻き乗り(サイズは2種類)もスムーズにできた。
嬉しいなー(●´ω`●)♪


指導員さん 「今日調子いいですね! 最初の駈歩以外(※反対手前になった)完璧じゃないですか.。゚+.(・∀・)゚+.゚」

いやー……(*´∇`*;) 馬がいいんだと思う。
だって,いつものチビ馬くんだったら,こうはいかなかったような気がするもの。

でも,いつも「動かなーい(>_<)」「速くならなーい(´;∀;`)」と苦労しながら乗っているので,こういう反応のいいお馬さんに乗るのは楽しかったな。


【126鞍目に続く】

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村