2019年2月24日(日) 天気 晴れ

DSC_0914

晴れて寒さもやわらいだ本日,クラブ内競技会開催ですヾ(=^▽^=)ノ

全部の種目を,「とりあえず1回やってみよう♪」という意気込みで参加してきました。
何でも経験が大事さ! たぶん!

というわけで,本日の参加種目は障害を跳ばないジムカーナと,一番低い障害飛越であるクロスバージャンプの2種目。ジャンピングの試合は今回が初めてなので,どうなることやら見当もつかない。

うん,でも,やったことがないことをやってみるって,大事だよね!
わくわくするよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)♪


クラブに到着し,出番表を確認して,そこで今日の相棒が先週のレッスンで落馬未遂しまくりだった黒馬くんだと知り,動揺する(((( ;゚д゚)))あわわわ どうするの,今日は落ちていられないよ?

このときの感覚って,不安や恐怖ともちょっと違う。
本気でこの黒馬くんと出場するのが嫌なら,指導員さんにそう言って違う馬に替えてもらうこともできるのだけれど,何となく,それはしたくないような気がした。
「大丈夫かな(´・ω・`)」って,心細い気持ちはあるのだけれど,何というか,「来たものをそのまま受け入れたい」 感覚を持ったのだ。

どんなものがやって来ても,すべて平常心で受け止めて,淡々とやるべきことをやっていくって,理想の姿だなって。
「この馬ヤダ,あの馬がいい(>_<)」とか,駄々をこねずにさ。
そうできたらカッコいい。


さて,最初に行われるのはジムカーナ競技。
6個の横木(と,一箇所通路?みたくなっている所)を速歩で通過していく競技だ。

事前に「歩様は何でもいい」とか「駈歩したらペナルティだ」とか「基準タイムがある」とか,色々情報が錯綜していて,正直なところルールをきちんと理解しないまま競技に挑んでしまった。
(※実際には走行タイムで競う競技で,駈歩はしてもいいけど横木を駈歩で通過したらペナルティというルールでした)

出場者はたくさんいたのだけれど,わたし以外は全員子どもだった。
それも小学校低学年以下(と思われる)小さな子どもたち。

子どもらに囲まれながら思った。

これ,もしかして,わたしが本気で勝ちを取りに行ったら,ものすごい大人げなくない?(=゚ω゚=;)

いや,でも……ここで手を抜いても「ジュニアなめてるのか」ってなるよね?


一瞬迷いましたが,何も考えずに「普通に」やることにしました。(´∀`;)
大丈夫! 小さな子どもだって,上手い子は上手い!


開始前の練習でね,先生が小さな子どもたち引き連れて,経路回るのよ。
わたしも一緒に回ったのだけれど,なんだか,ひよこの群れと歩いているみたいな気分になりました(笑)。
ピヨピヨピヨピヨしてて可愛いのね(´∀`*)
ちょうどわたしの胸の高さに頭がくるので,撫でやすくて撫でたい衝動にかられたのだけれど,怖がられても困るので我慢することにした(´- `*)笑

小さい子どもの可愛さって,動物の可愛さに通じるものがあるので,動物好きな人はたぶん子どもも好きだと思うよ。
世話は毎日しなきゃならないし,思うようにならなくて手を焼いたりもするけれど,それでも可愛いと思えて,大事にしたいと思う気持ちが持てるなら,動物も子どもも,まあ何とか育てられるんじゃないかな。


わたしが乗るお馬さんは,他にも乗る子どもたちがいるので,その子たちが試合前に馬場で順番に乗って練習していた。わたしの練習は一番最後。
ようやくお馬がわたしのところへ回ってきて,乗ったところで,試合開始のアナウンス。
一番目の出場者が走行を始める。


あの……わたし,練習してない……(´∀`;)笑


なんだろう……わたしの練習時間って最初から取られてなかったのかな。
スタッフは誰も疑問を抱いていないようだ。
これはわたしが大人であるが故のハンデなのか?

まあいいや。
とにかくやろう。

経路は横木通過などが少しあるだけで難しくはないし,全行程軽速歩でいいそうなので,まあ,普通にやろう,と,落ち着いて挑む。

普通に,普通に。
お馬さんは動くし,行きたい場所にも行ける。
それだけでいい。

思えば,乗馬を始めたばかりの頃は,この「普通に」ができなかった。
この黒馬くんも,ぼこぼこ蹴っても,ちっとも動かなかった。
頑張って速歩にしても,すぐに動きを止めてしまって,途方に暮れたりしていた。

これができるようになっただけ,上達したよね?


競技を終えて馬場を出ると,先に競技を終えた男の子がやってきて「基準タイムだったら(小夏さんが)1位だったのにー」と教えてくれた。後で確認すると,確かに出場者の中で一番基準タイム(45秒)に近いのは自分だったのだけれど,残念ながらこの競技は走行タイム順で順位が決まる競技で,もうすでにわたしより速いタイムの人馬がいた。


【今日の教訓】
競技のルールは事前にきちんと確認しよう!



そして男の子は「はい,どうぞ♪」と馬のおやつをわたしにくれた。
お礼を言って黒馬くんにおやつをあげる。
なんていい子なんだ(*´∇`*)

その後も競技は長く続いた。
経験の浅い子どもたちは,先生に馬を引いてもらってコースを走るという,本当に「発表会」みたいな競技だったので(親たちが喜んで写真や動画を撮りながら見守っている),競技内容の割には時間がかかるのだ。

出場者が多い上に,一人当たりの時間が結構かかっているので,これは終了までしばらくかかりそうだと思い,馬を次の子に渡した後は洗い場や通路のボロ拾いなんかをしてウロウロしていた。油断していたら,いつの間にか競技が終了していて,しかも3位に入賞していたので(子どもを差し置いてすみません),表彰式のためにわたしが探されていて,慌てて表彰台まで走って行った。

前回の大会に引き続き,表彰台に上る。
今度は3位。黄色いリボンを授与される。

ジムカーナの思い出は,ひよこみたいな大勢の子どもたちのイメージと共に記憶に残ることになりました。(●´ω`●)

【クロスバージャンプに続く】

いつも応援ありがとうございます♪

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村