2020年2月16日(日) 天気 雨 のち くもり

DSC_1509
ムーミンバレーパークで撮影した馬の絵


雨。
結局,今年は,まともに降った雪を見ていない。
冬が暖かいのは過ごしやすくていいけれど,少し心配になる。

秋の大雨による水害の後は,記録的な暖冬で,そうこうしているうちに新型のコロナウイルスの感染が流行りだした。

世界は動いているんだなぁと思う。
自分自身は,毎日,ほとんど同じことの繰り返しで生きているような気もするのだけれど,実は色んな物事が大きく動き続けているのだ。

最近,家事をしているとき,亡くなった祖母のことを思い出す。
毎日毎日,起きて,身支度をして,食事の用意をして,食器を洗って,洗濯をして,掃除をして買い物をして,寝る準備をして……きっと,祖母も,毎日同じことをしていた。そして,昨日も今日も明日も明後日も,ずっと同じことが続いていくような気がしていたのだろう。それでも,祖母が生まれた頃の日本と亡くなる頃の日本は,まるで別の国のように変化している。

不思議だなぁと思う。
ずっと同じことを繰り返すような気がしていて,
目に映る風景はずっとあるような気がしていて,
傍にいる人や動物はずっといるような気がしていて,
自分は何も変わらないような気がしているのに。

変化はいつ起こった?
あの風景はいつ消えた?
あの人はいついなくなった?
自分は今,どこにいる?

春は大きな変化が目に見えるとき。


.。o○.。o○.。o○.。o○


雨が降り続く中,クラブに到着。
洗い場で待っていたのは黒馬くんだった。
軽く前掻きをしておやつをねだってきたので,「終わったらね」と,声をかけながらブラシをかけて,馬装をする。今までレッスン前におねだりなんてしなかったと思うのだけれど。
このお馬さんは,もしかしたら,わたしのことを覚え始めたのかもしれない。数日前にクラブに来た際にも人参をあげたから,「おやつをくれる人」として記憶に残り始めたのかな。

雨でも外で練習している人たちがいたけれど,わたしと黒馬くんはインドアの馬場へ向かう。

インドアの馬場には,次の週の競技会で使用されるコースが設置されていた。
最初の競技である「クロスバー障害ジャンプ」用の障害が8個。

ウォーミングアップ&フラットワークを,馬場入り口付近の少し広くなっているスペースで輪乗りをして行うことになった。

黒馬くんを常歩で歩かせる。
次に軽速歩。

さすがにもう「発進しない」ということはないのだけれど,動きが重くてしょうがない。
脚や鞭や騎座や拳で「動け動け」とやるのだけれど,どうにも効きが弱い。

指導員さんの目からも動いていないことがよく分かるようで,前半延々と黒馬くんを動かすことに苦労することになった。「脚を入れる位置はもっと後方」とアドバイスを受ける。う~ん,何でこんなにやりづらいの? わたしこのお馬さんで馬場2級試験受かってるんだよ? あのときは軽い扶助で歩度の詰め伸ばしもできたのに,何で???

軽速歩しても,駈歩にしても,何かいつでも止まりそうな雰囲気満々で,乗っているわたしのほうが汗だくになる。

馬が涼しい顔をしているのに,乗っている人間が汗まみれで息を上げているって,おかしくないか? 逆だよね?('д` ;)ゼーゼー


指導員さん 「この状態で障害に向かったら止まりますよ?(´・ω・`;)」


わかってますよー!・゚・(ノД`;)・゚・
わたしだって今の状態で障害になんて向かいたくないわヽ(TдT)ノ

それでも諦めずに駈歩を続けていたら,動き出したのが分かる瞬間があった。
この感覚って,どう表現すればいいんだろう。
今までだって,動いているには動いていたのだけれど……違うんだよ,「無理矢理動かされている」から「活発に動いている」に変わるんだよ。
これって,本当に,何なんだろう? 馬の「やる気」なの? それとも,わたしの扶助が悪くて馬が何やっていいのかイマイチわからなくて,やっとやるべきことを理解したってことなの? そうだとしたら,わたしがその瞬間に「理解させる何か」をしたってことなの?

最初からよく動くお馬さんだとこういうことで悩むことはないけれど,スロースターターな馬に当たると,いかに早くこの「よく動く状態」に持っていくかで悩むことになる。

速歩にしても,よく動く状態は続いていた。


小夏 「ああぁー! やっと動き出したー!゚+.(´;ω;`)゚+.゚」


思わず声に出して言ってしまった。
そうそう! この状態が欲しかったの!

エンジンかけるまでに,丸々一鞍使ってしまったよ(´∀`;)


【210鞍目に続く】

いつも応援ありがとうございます♪


馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村