2020年6月13日(土) 天気 雨

KM19322A052_TP_V

馬に乗った際の重心の偏りを気にしながら,運動を続ける。
途中で一度,馬が走行中に盛大につまづいて驚いた。


小夏 「何ですか今のー!?Σ(゚д゚;)」

指導員さん 「つまづいたんだよ(=゚ω゚=;) でも馬の上で人の動きは安定してたから大丈夫!」


意外なところで,お褒めの言葉をいただく。
安定してたのかな,わたし。
でもこういう動きはびっくりするから嫌だよ。・゚・(ノД`)

先週に続き,レッスン中に一度は馬に不測の動きをされる小夏。
これ下手になったってことなのかな。どうなの。

わたしの身体が右に傾きがちなので,やりやすい右手前で障害の練習に入る。

軽速歩で地上横木を通過。
リズムよく。速歩の動きの中にきれいに横木が入るように。

地上横木が二本になる。
これもリズムよく。横木の真ん中を通る。

ちび馬くんは素直にいうことを聞いてくれた。

このお馬さん,前はもっと,レッスンの始め頃に人を試すようなワガママをしてきたと思うんだけど。
年をとって丸くなったのかな。

低いクロスバー障害が組まれて,軽速歩で向かってジャンプ。
ジャンプ後に停止。
何度か繰り返す。

うーん,うーん……調子がいまいちな気がする。
ジャンプってこんな感じだったかなぁ?

ただ,スピードコントロールはそこそこできているので,次のステップとして駈歩でジャンプすることになった。
再開後初の駈歩でジャンプ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)!

向ければ跳ぶお馬さんなので,ジャンプはしてくれる。
ジャンプ後に停止。

駈歩だと踏み切り位置が気になるので,一度跳んで近かったり遠かったりしたら,次には少しコースを変えるか,速度を調整するかすることになる。

クロスバー障害は,低い垂直障害に組み直された。
高さは変わらないもんね。大丈夫。

その後,二歩先にもう一つ垂直障害が追加される。
再開後初の連続障害!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)!

勢いがつくので,飛越後すぐにまっすぐ止めることが,少し難しくなってくる。
大体できていたので,次は飛越後に馬を止めず,そのまま走行させて馬場をもう一周し,続けて同じ障害を跳ぶ練習に入る。

お馬さんはさっきまでの流れでジャンプの後に止まりそうになるのだけれど,脚を入れて「まだだよ!」と伝えて駈歩を継続させる。そのまま一周してもう一度ジャンプ。

一回目に踏切を間違い,二回目に少しルートを修正して踏切を合わせる。
これ二回目に思ったとおりに上手くいくと,すごく嬉しい(*´∇`*)ノ
ほんとは最初から上手くいくほうだいいんだけど(笑)

障害の高さは,練習中に何度か上げられた。
でも一番高くても50cmくらいだったと思う。

後半,障害飛越の感覚を少し思い出してきた。障害見て,馬動かして,速度やルートに気を配って,動きに合わせて……。うんうん! こんな感じだった!

指導員さんは, 「(少しずつ感覚取り戻さないで)一気にやっちゃうと,身体バキバキになっちゃうからね」 と笑っていた。

思い出すまでに2週間4鞍かかったけれど,これでよかったみたい('▽'*)♪
これ以上この過程を短縮したら,もしかしたら怪我していたかも。

障害の練習はここで終了となり,整理運動を兼ねたフラットワークを行うこととなった。
身体の歪みなのか,やりにくかった左手前を集中的に行う。
左右差を調整しようというのだ。


指導員さん 「どう? まだ変な感じする?」

小夏 「……少しよくなった気がします(;・ω・)」


まだ完全ではないものの,乗りながら直ってくるのか,当初ほどの違和感はなかった。
何とか左右のバランスをとれるようにならないと。

指導員さんは 「調馬索で馬上体操やってもいいかもしれないですね」 と言いながら,レッスンを終え馬場を出て行った。

わたしは鐙を外した状態でふらふらと馬を常歩であと一周させ,下馬して馬を引きながらその後に続いた。

今日のレッスンは,これにて終了。


お馬さんの手入れをして,家から持ってきた人参とりんごのかけらをあげる。
ちび馬くんは顔を拭かれることを何故か嫌がって怒りながら(先週の鹿毛子は顔拭かれるの好きだったのに……!),おやつを要求してきた。
そんなにプリプリしないでよもー(;´Д`)
おやつ全部たいらげたのに,馬房に戻った瞬間に夕飯として用意されていた飼い葉桶に顔を突っ込むちび馬くん。
ちょ,ちょっと待って! 無口外させて(゚∇゚ ;)

乗っているときは,割と素直なお馬さんだと思うのだけれど,地上にいると手に余る気分屋さんみたいな感じだ。どっちが本当なんだろう。


洗い場で馬装を解いて手入れをしているときに,近くに指導員さんがいて,「(自粛期間前に)きれいにコース回れてましたからね」と,お話ししてくれた。
3月の競技会のことかな。

そういう印象で記憶に残ってもらえているのは嬉しいな(*´ω`*)
前にできていたことがもう一度できるように,頑張る♪


更衣室で着替えていたら,コロナ禍でクラブを移籍してきた女性に会った。
遠方のクラブに通っていたけれど,公共交通機関は使いたくないし,県をまたぐ移動も控えたほうがいいとのことで,ここへやってきたのだと話していた。
コロナでお客さんが減るケースもあれば,増えるケースもあるのね。
このウイルスを意識した生活は,いつまで続くんだろう。



いつも応援ありがとうございます♪


馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村