TSU_IMG_2437_TP_V

2020年が終わろうとしています。
乗馬を始めてから丸4年が経過しました。

今年の年間鞍数は50鞍。
いつも70鞍くらいは乗っていたので,今年は少ないです。
今年はコロナの影響で4月と5月はほとんど乗れませんでした。
加えて,秋以降,これまで1日に2鞍乗っていたのを1鞍に変更しました。

乗馬を習い始めた頃は,まずは馬の動きに慣れ,それから動かす方法を覚えていく必要があったため「とにかく乗る」という方法で基礎技術の習得を目指していました。

2019年に馬場2級のライセンスを取得し,障害飛越の練習期間も長くなってきたので,基礎技術の習得は一段落したと考え(※完璧ではなくまだまだ注意が必要な点は多いです),さらに真夏の1鞍レッスンを受けていて「1鞍のレッスンでも充分な練習ができる」と感じたため,週に1回1鞍のレッスンに切り替えました。

今後は,鞍数を減らした分浮いたお金で,馬術競技会に出場していくことにしようと考えています。
競技会出場も練習の一環と捉えていますので,このことが更なる技術の向上につながることを期待しています。


新しい年が明け,その年が終わり……というのを,もう何度も経験していますが,毎年毎年,同じように見えて変化しているものを,最近はよく感じ取ります。

乗馬のレッスン自体も,やっている内容を見直すと,実は昨年と今年で大きな違いはありません。
昨年の練習でも障害のコースを走行していたし,80㎝くらいなら普通にレッスンの中で跳んでいました。
それでも昨年と違うのは,秋以降自ら積極的に競技会にチャレンジしていることと,そこでクリアラウンドや入賞ができたこと。乗ったことのない馬に乗ったこと。超初心者の頃からいつもいつも一緒に練習してきたちび馬くんが,気づいたらあまりわたしには配馬されなくなっていたこと。
クラブを去った人や馬も,新しくやってきた馬や人もいます。
わたしも古くなって処分した練習着や新しく購入した乗馬用品や乗馬ウェアがあります。
少しずつ,少しずつ,色々なことが変わっていく。

上達という面だけを見ると,よく分からなかったりするのだけれど,変化は確実にあるし,その変化の波には抵抗せずに乗っていこうと思うのです。

2020年は,世の中は過去に経験のない大変な事態になっていましたが,個人的にはそれでも充実感のある幸せな1年でした。
関わってくださったすべての存在に感謝を。
よいお年をお迎えください。

小夏


いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村