2021年3月7日(日) 天気 晴れ

horse-4388197__340

さあ今日も元気に乗馬のレッスン!

今日のパートナーは鹿毛子だった。
少し早目に来たつもりだったけれど,指導員さんによる馬装は終わっていた。
拍車とエアバッグを着けて,鞭を持って(クラブの物を借りている),インドアの馬場へGO!

先週は馬場の練習をしたけれど,今週は障害の練習。
跳ばないと忘れてしまいそうなので,ジャンプも頑張りたい。

馬場もまだまだ。
障害もまだまだ。

乗馬を始めて4年が経過し,そろそろ「万年ビギナー」な感じがただよってきたけれど(´∀`;)
うん,いいの。マイペースに頑張るの。
急いだって焦ったってしょうがない。一人で楽しむ趣味で,誰かと競ったって意味がない。
それでも,せめて,1年前よりは,少しは上手になっていたいなぁと願う。


馬場内で馬に乗る前に,指導員さんは「ちょっと(馬を)抑えていて」と言って,広げてあったビニールシートをたたみ始めた。

鹿毛子はビニールシートがガサガサ言うのが苦手で,怯えてしまうらしい。
指導員さんのほうを注視し,ビクビクしている鹿毛子。

馬って,本当に臆病ね(; ´∀`)


ビニールシートが片付けられたので,鹿毛子に乗る。
腹帯を締め直し,鐙の長さを調節して,常歩発進。馬場半周くらいして,速歩発進,左右の軽速歩で数周。途中で歩度を伸ばしたりする。10mの巻き乗りを左右で数回。

ここまで運動したところで,暑くなってきたので上着を脱ぐことにした。
上着を脱いでいる間に馬を抑えているため,指導員さんが傍に来てくれた。

ソフトシェル素材のパーカーのような上着を着ていたのだけれど,脱ぐ際にガサガサ音がして,鹿毛子がものすごく怯えてしまった。
自分の背中から苦手な「ガサガサ」が聞こえるなんて,相当な恐怖だったのだろう。指導員さんに抑えられているものの,完全に両耳は後方を向いていて,時折ビクッと身じろぎしていた。

ご,ごめんね,鹿毛子(^_^;) 大丈夫だからね。
申し訳ないことをしてしまった(´∀`;)


わたしのほうは上着を脱いで身軽になったので,爽快な気持ちで駈歩発進。
鹿毛子は軽い。すいすい進む。
手前を変えてもう一度。
どちらの手前でも10mの巻き乗りを練習する。
うんうん♪ いい感じ♪

次いで障害の練習に入る。
最近の鹿毛子は調子がいいから,障害前での停止などの拒否はあまり心配していなかった。

地上横木を軽速歩で通過。
リズムよく。いい感じ♪

間を開けた地上横木2本を通過。
よしよし♪ よくできてる♪

1個目の地上横木がクロスバー障害に姿を変える。
軽速歩で入って,軽速歩で抜けていく。
ん? ジャンプなのか.今の?

指導員さんがクロスの高さを上げたら,鹿毛子はちゃんとジャンプして駈歩になった。

クロスバー障害の先にある地上横木が低い(50㎝くらい)垂直障害に変わった。
軽速歩で入り,駈歩で行くつもりが,間も速歩になってしまう。
指導員さんには「間はできるだけ駈歩でね」と言われる。

次に軽速歩で入って,間は駈歩で走行し,2個目の障害も跳んだ。

そして,「間を6歩で」との指示が出された。

本当は5歩で行く距離らしい。
ジャンプをしてから,間の歩数を数える。

1,2,3,4,5,6!

上手く合えば上手く跳べるけれど,速過ぎると踏み切りが合わなくなり,馬が合わせるために最後が速歩になってしまったりした。
かと言って間で抑え過ぎると,それはそれで途中で駈歩をやめて速歩になってしまう。

収縮した駈歩の練習。

ゆっくりの駈歩,わたしは苦手だった。
でも鹿毛子は何だか上手くやってくれて,この日はぴったり6歩で行けることが多かった。
上手くできると,とっても楽しい(●´ω`●)♪

それでも,運動を続けていると段々速くなってくるので,最初の速歩の時点であまり速くしないように気を付ける。
入る前の速歩が速過ぎると,障害を跳んだ後も速くなってしまう。

自動車の教習所でもそうだったけれど,わたしはスピードが速くなっていることに無自覚であることが多いので(怖いね!),指導員さんに注意を受ける。
ただ「速くなった」「遅くなった」というのが分からないわけではなく,ちゃんとそこに意識を集中させれば感覚として把握することはできるので,集中力や意識の向け方の問題なのだと思う。
気を付けないと!

速歩で入ってクロスバー障害を跳び,駈歩6歩で次の垂直障害を跳ぶ,ということが何度かできたので,その先を右に大きく回って馬場の対角線上にある垂直障害を跳ぶ,というミニコース練習に入る。

速歩で入って駈歩で間を通って,2個目の障害を跳んだあとは速歩に戻して馬場を回るよう指導される。
馬をちゃんとコントロールできていないと難しい。
最後の障害に速歩で向かっても,鹿毛子はちゃんと跳んでくれた。

これも何度かやって,最初だけ速歩で,1個目の障害を跳んだらあとは全部駈歩でコースを走行することになった。もちろん1個目と2個目の間はゆっくりな駈歩6歩で。

最後に全部の障害の踏み切りが合ってきれいに跳べたので,嬉しくて楽しくて,馬を褒めるようにバンバンと首を愛撫した。

わーい(*´∇`*)♪ 本当に楽しい♪
ありがとう(*^_^*)

障害間の完歩が思い通りにできたことはあまりなかったので,とても嬉しいレッスンでした。


いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村