2021年4月29日(木・祝) 天気 雨

DSC_2782

ゴールデンウィークの始まりの日。
今日もレッスンにやってきた。
残念なことに雨が降っていたので,インドア馬場での練習。
今年の春は雨が多いな。

今日のパートナーも黒馬くん。
小中学生の女の子たちと,3人での部班レッスンだった。
順番に脚立を使って馬に乗り,腹帯を締めて鐙の長さを調整する。

栗毛くん,鹿毛子,黒馬くんの順番。

まずは常歩で蹄跡行進。
前の馬に近づき過ぎないように気を付ける。
離れすぎてもよくないので,1頭目と2頭目の間隔と同じくらいになるように調整していく。
3頭ともよく動いてくれる。

準備運動として,速歩発進。人間の身体をほぐす意味でも軽速歩を行う。
黒馬くんも,前の馬が走るとつられるのか,そんなに難しくなく走り出した。

でもスピードが遅い!('A`|||)

きみ,ほんとに競走馬だったの!?

一番最後で,前の馬との距離が開いてしまうので,カーブで内回りして距離を詰める。

待って~!('д` ;)

半巻きして手前を変えて,更に軽速歩。
例えば,鹿毛子に乗っていると,逆に前の馬に追いつこうとして馬間距離が詰まってしまうことが多いのだけれど,黒馬くんにはそういう「前の馬に追いつきたい」ような気持ちはないのだろうか。

念入りに軽速歩をしてから,速歩(正反動)に移行する。

先頭の女の子の身体が前傾気味にグラグラしていて,「馬上で安定していない」って,ああいう状態のことを言うんだ……と,自分のことを棚に上げてしみじみ思ってしまった。
そうか,指導員さんからはああいう感じに見えているのか……。
わたしも気をつけなくちゃ!(`・ω・´;)

常歩にしてから,駈歩発進。

前の2頭が順に発進するので,黒馬くんも軽い扶助ですぐ駈歩になる。

でもスピードが遅い!('A`|||)(2回目)

待って! 待って! 前の2頭~!(>_<)

脚であまり速くならないので,またもや内回りをして馬間距離を詰める。
なんてことはないフラットワークなのに,何だか大変。
1頭だけのレッスンだと,遅かろうが速かろうが,こういうことはないからなぁ。

レッスン時間の半分ほどを使い,基礎をみっちりやってフラットワークは終了。


後半は軽いジャンプの練習。
順番に地上横木を通過する。左手前と右手前で。
横木は通過ごとに1本ずつ増やされて,全部で4本になった。

全員無事に通過できたので,横木が交互に2本,片側だけ上げられた。
すごく低い障害だけれど,ここからはジャンプになるので,1頭ずつ行う。

先頭の子はたぶん乗馬経験が浅いので,馬上での不安定さが見ていてよくわかった。
2番目の子は慣れているようで,もう少し安定感があった。
最後の自分は……(´∀`;) よく分からない……。
とりあえず黒馬くんは跳ぶので,普通に通過した。
わたしは傍から見て,どんな状態なんだろう。
指導員さんは特に良いとも悪いとも言っていなかった。
「普通」……なのか?

片側だけ上げた障害は,やがて低いクロスバー障害になり,最後には低い(40㎝くらいかな?)垂直障害になったけれど,3人と3頭ともちゃんとジャンプすることができた。
これ以上難しいことはせず,レッスンは終了。

今日は馬間距離に苦労したけれど,基礎をしっかりやり直した感じだった。
そして,他の人の姿を見て,安定感のある姿勢で馬に乗れるようになりたいと改めて思った。
客観的に自分の姿がどう見えるのか,意識することも大事なのだと感じたレッスンでした。


いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村