☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ 東京オリンピック2020 ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

 総合馬術 戸本選手&VINCI DE LA VIGNE  4位入賞
 障害馬術 福島選手&CHANYON  6位入賞

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ おめでとうございます! ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆




2021年8月1日(日) 天気 晴

woman-3432069_960_720

この日は,朝からオリンピック総合馬術のクロスカントリーを観戦することから始まった。
NHKでライブのウェブ配信があると知って,日曜日だけれど少し早起きして見ることにしたのだ。

クロスカントリーをまともに見たのは初めてだけれど,すごく迫力があった。
急な下り坂も,見慣れない固定障害も,わたしには恐くて仕方がない。
一応経験者だから,それがどれだけ技術や胆力のいることなのか,少しは察することができると思う。
馬も人も,本当に勇気があってすごかった。
落馬などのアクシデントも他の競技よりも多く,残念ながらスイスのお馬さんは予後不良で安楽死となってしまうという悲しいこともあったけれど。
蒸し暑くてまったく快適ではない環境の中で競技に挑んだ全ての選手と馬たちに敬意を表したい。

日本人選手の1名,戸本さんが馬場馬術とクロスカントリーを終えた時点で5位になっていて,翌日の障害馬術の観戦にそわそわしながらレッスンへ向かう。
日本馬術界悲願のメダル……来るかしら!?
(皆さまご存じのとおり,結果は4位入賞でした。)


この日はとっても暑かった。
気温の高い日でも,曇があったり,夕立があったりすると少し涼しくなるのだけれど,夕方近くになっても,あまり気温が下がる様子はなかった。

今日のパートナーは良い子の栗毛くん。
いつ振りかなぁ? よろしくね(*゚∀゚)っ

馬装をして馬場へ。
最初は外のドレッサージュ馬場にいたのだけれど,虫が寄ってきて大変だった。
脚立を使って乗ろうとするときも馬が落ち着かないので,近くにいた指導員さんに


すみません!( ;゚д゚)
ちょっとアブ仕留めてもらっていいですか!?


と言いたくなったけれど,言うのはやめておいた(´∀`*)笑
夏の馬乗りに虫はつきものなのだ。

馬場の周囲を歩いているときも,終始肌を震わせたり尾を振ったり,軽く尻っぱねしたりしている栗毛くん。
一周して速歩を出したら,虫があまり来なくなった。
速歩は速度はそんなに速くないけれど,動きが大きくなるので虫もたかりにくいのだと思う。

半周したところで,別の指導員さんと会員さんがやってきて,使う馬場が変更になるという話を告げられた。
そのまま栗毛くんに乗って移動。インドアの馬場へ。

また常歩から軽速歩して,常歩から駈歩発進。
新しい指導員さんは,準備運動に関しては何も言わないので,わたしは大抵「常歩で馬場を半周~1周→軽速歩で1周半~2周→半巻きして手前を替え軽速歩を続ける→常歩にして駈歩発進→駈歩2周くらい→常歩にして半巻きで手前替え駈歩発進→駈歩2周くらい」を自己判断で行っている。
速歩や駈歩のときに巻き乗りをしたり,軽速歩を速歩(正反動)にしたりすることもある。

そのあたりはまあ,レッスン時間とか馬の感触とか,何か色々考えて適当に(´∀`;)

ここまで,さくっと準備運動を済ませて,レッスン内容に入る。
前回に引き続き(指導員さんは違うけれど),2本の横木を通過する練習になった。

最初から2本置かれて,駈歩で行きましょう,ということになった。
指導員さんからは「何歩で」と,横木間の完歩の数を指定される。

まずは5歩で。普通の速度で駈歩すれば5歩になる距離なのだそうだ。

特に速くしたり抑えたりせずに向かう。踏み切りは微妙で,でも一応5歩にはなった。
もう1度復習するために5歩で通過。そこまで難しくない。

次に同じ距離を6歩で。
栗毛くんは前に行きたがるので,少し抑えながら進む。
もう横木に到着する前から調整していかないと,その場所だけでやろうとしても無理なんだよ。

最初の6歩は,5歩半くらいの中途半端なものになってしまった。
2回目の挑戦。抑えて抑えて,ゆっくり向かい,6歩で通過!
わーい(*´∇`*)♪
まぐれかもしれないので(?)更にもう1回6歩の指示が出される。
これも6歩で通過できた!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

まだまだレッスン時間はあるので,2段階の調整の練習になった。
これまでは馬場の1つの長辺にだけ横木が2本あったのだけれど,もう1つの長辺にも,同じ間隔で横木が2本追加された。

出された課題は,まずは「5歩→6歩」。
歩度が「伸→縮」の順なので,前半のほうが速い。
6歩の練習をした後なので,「速くしなきゃ」という気持ちもあり,「いやでも栗毛くんは抑えずに普通にすれば5歩だから,特に速くしなくていい」という考えも浮かび,結局踏み切りがちょっと合わず,横木通過直後に加速してしてしまい,4歩半みたいな状態での通過になる。しょうがないのでそのまま走らせ,次の横木パートまでに抑えまくって,次の横木は6歩で通過できた。
加速傾向のある栗毛くんなので,正直,後半までにちゃんと抑えて6歩にできたことに,自分でびっくりした。

馬を止めて愛撫する。


小夏 「横木通過すると速くなるんです」

指導員さん 「ちょっと遠かったからパーンと行っちゃったんですね。次速くなりそうだったら,通過直後にバランスバックして速度を抑えてください」

小夏 「はい!」


「5歩→6歩」にもう一度挑戦。
1本目の横木通過直後に,グンッと速くなる感覚があったので,身体を起こして抑えたら,なんと栗毛くんはその1歩の間に速度を落としてくれた!
その横木の間は綺麗に5完歩で通過できて,後で指導員さんが感激して褒めてくれた。
1回目と同じように,次の横木までにさらに抑えて,次は6完歩で通過。

うわわわ w(゚o゚)w 栗毛くん,すごいよきみ! 


できたので,今度は逆の「6歩→5歩」。
前にやったときは,こっちのほうが楽だった。
抑えて抑えて入って,加速してしまう栗毛くんの勢いのまま次の横木に入っていくと,「6歩→5歩」なったから。

でも今回、最初の入りから「抑えなきゃ」と意識し過ぎて,1回目の横木通過後に,駈歩から速歩になってしまった。ああ,やってしまった。何だか今日は,こっちのパターンのほうが苦戦しそう?
駈歩を出し直して,次の横木へ。今度は「速くしなきゃ」と思い過ぎて,4歩半くらいになってしまう。

もう,どっちもやり過ぎなのよ,わたし(´Д⊂)!

気を取り直してもう一度。
2回目は抑え過ぎず,加速し過ぎず,大体上手くできた。

レッスンはここで終了。
この日は概ねコントロールできていたので,わたしは上機嫌だった。


もしかしたら,もしかしたら,少しだけ,馬を抑えるのが上手になったかも!(*゚▽゚*)゚+.゚

いやいや違う違う,偶然だよ,わたしの力じゃないよという,手放しで喜ぶことを阻止しようとする自分にも気づいていたけれど。

でも,バランスバックしたときに,馬がちゃんと速度を落とした実感があった。
グッと身体を起こしたら,スッと収まった。

収まってくれたの!.。゚+.(´;ω;`)゚+.゚
本来5歩で行く距離を,6歩で行こうと思ったら,ちゃんと6歩で行けたの!
詰めた駈歩で走行しようとしたときに,失敗して速歩に落ちてしまったのは1回だけ。
思い通りの完歩で走行を終える度に,「いい子いい子!」と馬を愛撫しまくった。
栗毛くんには普通のことだったのかもしれないけれど,わたしは嬉しくて嬉しくて,褒めずにはいられなかった(*´∇`*)♪

今日,馬を抑えることは,そんなに難しいことじゃなかった。
過去にあれほど,どうにもならなかったことが,今日は少しできた!

スピードがあまり出ていなかったから楽にできたのだろうとは思うのだけれど。
少し速く走行してしまった後にも,本気で止めようとバランスバックで力を込めたら,栗毛くんは素直に短い距離で止まってくれた。

ありがとう,ありがとう栗毛くん!(´Д⊂)



いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村