2017年7月9日(日) 天気 晴れ

暑いのでペースを落とそうかとも思ったけれど,結局普通に来てしまいます。
eye-1695187_960_720

乗馬を始めてから,色んな人を馬に誘っているのだけど,皆あんまり乗り気ではなく

冬は「寒いから」
夏は「暑いから」

と,遠慮される。

「寒いから」「お金ないから」「忙しいから」「紫外線強くなってきたから」「虫がいるから」「暑いから」「他の用事あるから」「道路混んでるから」……そしてまた「寒いから」に戻る(´・ω・`)。

たぶん,そもそも「そんなにやりたくない」っていうのがあるんだろうけど,いつでも「やらない理由」は簡単にみつかる。
だから,もし本気で何かをやってみたいって思ったら,条件が揃わなくてもやってしまうのがいいと,わたしは思う。


さて,今日も乗馬のレッスン。
1週間ぶりだけれど,ものすごい間が空いてしまったような気分。

馬装をしていると,いつも「鞍の位置はもっと前」と注意される。自分が思っているよりも前でいいみたい。そしてボアパッドを縦に置くはずが横に置いて,近くにいた少年に笑いながら直される。
す,すみません……でも教えてくれてありがと(´∀`;)笑

馬装をしているとわかるのだけど,鞍から出ている腹帯を接続するための紐は3本ある。
でも腹帯の接続部分は2本。
鞍から出ている紐は,基本は両脇の2本を使い,真ん中の1本は「いつも使っている2本がダメになったときの予備」なんだそうだ。
車のスペアタイヤみたいにね。

こういう「何かあったときに応急処置で使う部分」みたいなものって,漠然と「カッコいい」と思ってしまう。
「大慌てしてどうにもならなくなってしまう」のではなく,「どんなときも冷静に対処する」大人の世界。
わたしはもういい年の大人なのだけど,追い詰められたときいつも冷静でいられるかと言われたらまったくそんなことはないので,緊急時にも冷静でいられる人間になりたいなぁと,こういうものを見ながら願う。


今日は前回持っていなかった鞭を持っての騎乗。
鞭があると,歩度伸ばすのがものすごい楽!(*´Д`*)
もう感動レベル。これが前回と同じ馬なんだよ?
本当は脚や拳で伸ばすのが理想なんだそうだけれど,鞭の楽さに慣れると頼ってしまいそうで……(´Д⊂)
「鞭はあくまでも補助」というのを忘れないように頑張ろう。

それから,わたしは鞭を持っているとどうも小指を伸ばしてしまう癖があるらしく,何度か「指伸ばさないで丸めて!」と注意を受けた。
指を伸ばしたまま乗っていると,何かあった際に突き指して負傷することがあるのだそうだ。
不慮の事故というのはある程度仕方ないのだけど,それなりに危険なことをしている以上,「予防できるものは予防しましょう」と。

【乗馬メモ】
・突き指防止のため,指は伸ばさず丸めておく。


ちなみに,今日は手袋をするのを忘れ,素手で騎乗していた。

しばらくそのまま乗り続けていたのだけど,左手薬指の小指側がやけに痛いなぁと感じていた。
ふと目をやると,薬指が擦り剥けて出血している。(TДT;)
手綱汚しちゃった……ごめん(´Д⊂)
しかも汗かいて指がしみる。どうしようかと思ったけれど,

あ! そうだ! .。゚+.(・∀・)゚+.゚スペアがあるじゃない!

と思い立つ。
急遽,手綱を中指と薬指の間に持ち替えて乗り続ける。
痛くない(●´ω`●)♪
しかも結構普通に持てる。
人間に指は5本あるからね! 1本ダメになってもスペアがあるよ!
指の皮の負傷ごときでレッスン中断せずに済んでよかった。

何かアイデアを思いついたときって,ちょっと嬉しい気持ちになる。
 (=゚ω゚)人(゚ω゚=)♪


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村