2021年11月23日(火・祝) 天気 晴れ

004maeda3g20418X_TP_V

12月の試合が近いので、今日もレッスンにやってきた。
今日のパートナーはアパルーサちゃん。白地に黒いブチ模様のある真ん丸のお腹をしているので、わたしは最近心の中で親しみを込めて「豆大福ちゃん」と呼んでいる。
警戒心なく人に寄ってきて意味もなく口を動かしているのが、とても可愛いお馬さんなのだ(*´ω`*)

乗りやすい馬、乗りにくい馬というのは、確かにあるけれど、わたしは「乗りにくいから嫌い」とは思っていない(「乗りやすくて好き」というのはあるかもしれない)。

馬はみんな、可愛いのだ。
扱いづらくても、愛想がなくても。

今日は広いドレッサージュ馬場で、ひたすら馬場の基礎練習をすることになった。
20×60のフルに使った馬場なので、走り甲斐がある。
前日に降った雨の影響で、馬場の一部は水溜まりになっていたし、落ち葉だらけでぐちゃぐちゃだったけれど。

わたしの前にも誰かが乗っていたようで、豆大福……アパルーサちゃんは常歩の時点でよく動いていた。軽く押せばすぐに速歩にもなる。1、2
、1、2……。軽速歩で、馬の運動というよりはわたしの準備運動。

泥の上もバチャバチャ走る。
わたしのブーツも白い馬体も泥まみれ。後で洗うしかない。

指導員さんの指示で、斜め手前変換をしたり、10mの巻き乗り(8の字のやつも)をしたりする。隅角も深く回れて褒められた。
最近重めのイメージがあったお馬さんだったけれど、とても調子が良く、「ひょっとして、このお馬さんでもA3いけるんじゃない!?」なんて思ったりする。
10月の試合はこのコで出場したけれど、全体的に活発さが足りないということで点数が低かったのだ。
でも、このくらい動いていたら、もしかして……!?
いやいやいや、動いていたとしても、口が固くてシンプルチェンジも難しいし、特に右手前からの反対駈歩も成功率はだいぶ低いから、やっぱり厳しい気がするよ。

練習中にも、色々考えてしまう。
ここの先生たちは、基本的にどの馬にしろとかいつ試験を受けろといったことは言ってこないので、ほぼ自分で考えて実行することになる。

さあ、どうするわたし!?
まだ少し時間はあるから考えるんだ。

一度常歩にして、駈歩発進する。
スムーズに発進。継続もしてくれる。20mの輪乗りも、10mの巻き乗りも。斜めに馬場に入って手前を変えても。速歩からの発進でも。本当に一生懸命走ってくれて、なんて健気なお馬さんなんだろうと愛しさが込み上げてきた(。´Д⊂)

なんで……何で勝手に乗っかってきた
わたしの言うことこんなに一生懸命きいてくれるの……。
豆大福、おまえ……!(つд;*)

何度か歩様の移行練習で常歩や速歩から駈歩発進をしたのだけれど、指示されたポイントから綺麗に駈歩になるので「上手い!」と褒められ嬉しくなった。

ただ下方移行はやっぱり苦手で、こちらは綺麗にとはいかず、頑張ってやってる感がすごくなった。駈歩から速歩にするのはまだいいのよ。引けば速歩になるから(速度が落ち切らずにダラダラ進んでしまうことはよくあるけど)。常歩にするのがね、どうしても「ぐおおぉー」ってやるしかなくて。ピンポイントでは変わらないし、手綱を最初から短めに持って備えまくって全力で移行する感じ。腰を浮かせずにヘソを前に出すのも大変よ。

でも、まあ、先日乗った鹿毛子よりは止めやすいかなぁ……。

反対駈歩やシンプルチェンジはやらなかったけれど、最後に停止から「5歩後退」も何回か練習した。
脚で押しながらぐーっと後ろに引くとに下がるの、面白いよね(*´∇`*)
昔は後退も難しくて全然できなくて苦労していた記憶があるのだけれど、コツを覚えてできるようになると楽しい。

レッスンは無事終了し、泥まみれのアパルーサちゃんをお湯で洗って、首まで覆うフリース素材の馬着を着せて(首まである馬着って可愛いですよね)、おやつをあげて馬房に戻す。

この日は1日、豆大福ことアパルーサちゃんと遊んだような日でした。
遊んでくれてありがとう(*^_^*)


いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村