少額ですが,養老馬の支援を行いました.。゚+.(´∀`*).。゚+.゚
DSC_0349
送られてきたお礼状と馬の写真

クラウドファンディング(何かの目的のためにインターネット上で寄附を募ったりするもの)というものに初めて参加してみました!

今年の5月くらいだったと思うのですが,何気なくツイッターを眺めていて,気になるクラウドファンディングを発見しました。

タイトルは
"殺処分の運命からレスキュー!「銀河」と「サブレ」に第三の馬生【余生】を"
というもの。年老いて殺処分寸前のお馬さんの生活費緊急募集……!みたいな内容でした。

企画していたのは 
乗馬クラブ エクイヴィラ という新しくつくられた(2017年4月開業)岐阜県の乗馬クラブでした。

正直,「年老いたお馬さんを救わなければ!」なんて強い使命感があったわけではなく,「今流行りのクラウドファンディングにちょっと関わってみたいな~」とか「お馬さんの幸せのためになるならいいな~」くらいの気持ちで,ちょっとだけお金を出した感じでした(少額で申し訳ない)。

あまり知らなかったことですが,若い頃に大活躍したお馬さんや,ファンのたくさんいるお馬さんなどは,働けなくなっても支援者がついてのんびり老後を過ごせるようですが,乗馬クラブの練習に使われていた名もないお馬さんなどは,やむなく殺処分ということになることも多いようです。

懸命に経営している乗馬クラブの事情も想像できますし,おそらく自分達でも辛いであろう「殺処分」という決断を下すことに,「そんなのひどい!」とか「悪いことだ!」と言うつもりはないのですが(そもそも,そこで働いているわけでもないわたしが口を出す部分ではないと考えています),それでも,現実的には「仕方のないこと」であっても,やっぱり,どこかで理想は持っていました。

実現可能かどうかは別として,年老いたり,ケガや病気で働けなくなった無名のお馬さんも,最後まで面倒を見てもらえて幸せに暮らせるシステムや場所があるといいなぁ。.。゚+.(*´ -`)(´- `*)゚+.゚と。

なので,こういった取り組みをしているところがあれば,その案に「賛同」して「応援」したいな,という気持ちになるのです。
ほんのちょっとでも関わることができて幸せでした。
ありがとうございました。

数年前くらいから,わたしは「自分の好きなことにお金を使うって素敵なことだな~」と感じています。それまでは,実はお金を使うという行為に,かすかな罪悪感を感じていました。

欲しい物を見境なく買ったり,収入以上に豪遊したり,貯金ゼロでお金が必要になった際に周囲に迷惑をかけたり,そういうことをするのは「ダメな人」で,お金第一主義で手段を選ばず金儲けしたり,金にものを言わせて他人を動かそうとするのは「嫌な人」や「悪い人」なので,「自分の楽しみのためにはあまりお金を使わず,いざという時のためにできるだけ貯金して,金儲けに貪欲になったりしない人」が「いい人」なのだと思っていました。

でも,ちょっと違うかな,と最近思い始めています。

自分自身のことだけでなく,周りに目を向けてみると,「自分をよくしたい」と思うのと同じくらい「世界をよくしたい」と思えるからです。

そして,こんな単純な図式がいつも頭にあります。

好きなことや物にお金を使う → 好きなことや物の分野が経済的にうるおう → 好きなことや物の分野が発展する → 世界の中で「わたしの好きなことや物の分野」の存在が大きくなる → 理想の世界!.。゚+.(・∀・)゚+.゚!

だから,あんまりストイックになり過ぎず,少しでも余裕がある場合は,好きなものに投資する……というのも,わくわくしてすごく素敵なことだなぁと感じています。

ただ,わたし自身はそんなにお金を稼げている人間ではないので,例えば日本中のお馬さんを支援したいと思ってもそれは無理な話で,そうなると,さしあたり,いつもの乗馬クラブにせっせと練習に通うことが,結局はお馬さんへのささやかな支援になるのかなと,送られてきたお礼状や写真を見ながら,そんなことを考えたりしました。

日本の乗馬・馬術業界が今後増々発展し,お馬さんとそこで働く人々が豊かで幸せな日々を送ることができますように.。゚+.(´- `*)゚+.゚


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村