♪馬とハープの物語♪ Silver Unicorn

Screenshot_20220918-192456

2022年8月24日撮影の2曲目は「Silver Unicorn」です♪ヽ(´▽`)/

わたしの大好きなハープの練習曲集『Forever in Love with Horses』の最後に掲載されている神秘的な曲です。

ユニコーンは幻獣なので、正確には馬ではないのですが、大和ホースパークのクルミちゃんにユニコーン役をお願いすることになりました。

ペルシュロン種のクルミちゃんは、流鏑馬や外乗もこなす優秀なお馬さんです。(*´∇`*)

ナウシカの曲で雨に降られてから着替えて場所とお馬さんを替え、バタバタしながら撮影開始。
以前から木漏れ日が綺麗な場所だと思っていたのですが、当日も晴れ間が見えるとやわらかな光が地面に落ち、とても美しい映像が撮れました。

お馬さんに演技をしてもらうために、家から持参したカット人参が大活躍しました。
映像をよく見ると、人参を与えているシーンが発見できるかと思います(^_^;)



ナウシカの曲も、このユニコーンの曲も、何度も何度も同じシーンを繰り返し撮影し、たくさんの映像が出来ているはずですが、完成品として表に出てくるのは、その中のほんの一部です。

曲の録音もそうですし、映像もそう。何なら昔小説を書いていたときもそうでした。完成した分量の1/3くらいは、書いたけれど採用しなかった、いわゆる「ボツ」というものになっています。

こういう、「作ったけれど使わなかった」ものというのは、見方によっては「無駄」になってしまうのかもしれないけれど、でもこれがなければ完成品も生まれなかったわけで、必要なものなのだろうなと考えています。

「完成したもの」「表に出たもの」「有名になったもの」その背後には膨大な量の「そうでなかったもの」が存在していて、その「そうでなかったもの」の存在なくしては、それらは成り立たない……。

勝負に勝ったり、コンテストで優勝したりするのも、きっとそういうことよね。

この世界の仕組みをほんのちょっと垣間見たようで、また少し新鮮な気持ちになりました。




いつも応援ありがとうございます♪

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村