2023年1月8日(日) 天気 晴れ

DSC_0030

乗った馬:ちび馬くん

やったこと:常歩(
蹄跡行進、横木通過)、軽速歩(蹄跡行進、横木通過)、駈歩(蹄跡行進、横木通過)、駈歩で入る障害飛越(クロス→垂直→垂直の3つのバウンス+回転しての垂直障害)

感想:黒馬くんの足が治っていた!
今年になって1番嬉しい(*´ω`*)♪
蹄に小石が入って血豆ができていたそうで、小石が出て血豆も治ったので全快なのだそうだ。よかったー!心配したよー(。´Д⊂)

2023年最初のレッスンのパートナーはちび馬くんだった。安心感あるなぁ(*´∇`*)笑

今日は黒馬くんに乗った女性と2人馬で障害飛越のレッスンを受けることになった。

最初に外の広いアリーナに出たら重いし扱いづらくて悲愴な気持ちになったけれど、インドアの馬場が空いてそちらに移動してからは大分マシになった。

常歩一周くらいして、すぐに軽速歩。運動不足のためか、めちゃくちゃ腹筋と背筋にきて、辛い時間を過ごす。
昔の人もきっと、馬に乗っていたほうが速く移動できるから乗っていただけで、「楽だから」乗っていたわけではないんだろうなと思いを馳せる。
だって翌日の筋肉痛すごいもん。

順番はわたしとちび馬くんが先。女性と黒馬くんが後。

手前を替えたり何周もしてから、常歩にして、駈歩発進。そんなに難しくなかった。
手綱が長めになるのを注意される。

軽速歩のときから蹄跡には横木があり、駈歩でも横木を通過する。

横木がクロスバー障害になる。
まずは1個。そして2個。次に3個。

最初から駈歩で障害に向かって跳んだ。そういえば、乗馬レッスン再開してから、駈歩で障害跳んだの初めてかも。
上手いかどうかは別として、落ちることなく普通にできたのが嬉しかった。♪ヽ(´▽`)/

障害飛越の練習は、一頭ずつ行う。
1回につき2周ずつ。1周目にダメだったのを2周目に修正するために2回続けてやるのだそうだ。

手前を替えて、両方から跳ぶ。

踏切を間違っても何でも、ちび馬くんは跳んでくれる。
障害に向ければ跳んでくれる馬ってのはありがたいものだと、しみじみ思った。

ちび馬くんはポニー寸前みたいな体高で、みんなに「サラブレッドに見えない」と笑われたりしているけれど、すぐ傍で物が倒れても動じないし、向けた障害は高確率で跳んでくれるスーパーホースなのだ。

黒馬くんも元気に走り回ってジャンプしていた。
馬たちが元気で嬉しい。(*´ω`*)

2個目の障害と3個目の障害は垂直障害になる。そして何度か高さを上げられた。それでも60cmくらいだったのかなぁ?
最初の入りは本当に大事。

そしてミニコース練習。
3つの障害を跳んだ後、馬場をぐるっと回って中央に入り、そこに設置された垂直障害を跳ぶ、いつものやつ。
230鞍目
次の障害を見ながら回って(落ち着いて! 速くなり過ぎないように!)、合わせることを意識して向かってジャンプ。
速度調整が微妙に難しい。
ぴったり合えばすごく気持ちよく跳べるんだけど。
ちび馬くんごめんね。
半分くらいは上手くできたけど、後半分はちょっと失敗だったね(^-^;

④の障害も2回くらい高さを上げられ、最終的には70cmくらいになっていた。
跳んだ感じに違和感はなかったけれど、もっと上手に跳びたかったなぁ。

まあ、でも、うん、楽しかった♪笑
指導員さんも「久しぶりにしてはよくできてた」と褒めてくださいました。

初乗りからハードだったけれど、やっぱりすごく、面白くて楽しかったな。
ありがとう、お馬さんと先生(*´ω`*)

乗り終わってお手入れをしながら、カットしてきた人参のおやつをあげる。
ちび馬くんはおやつがもらえると嬉しくて鼻を鳴らすようになった。乗らないときも毎回馬房で何かちょっとあげていたのでわたしのことも覚えてくれたようで、近づいていくと「ブフフフ…」と声を出して喜ぶのが可愛い。

蹄洗場で隣に繋がれた馬も目がこちらを向いているので、黒馬くんや他の馬にも人参を配り歩いてきた。
この時間が幸せ(о´∀`о)笑

2023年も、どうぞよろしくね♪


いつも応援ありがとうございます♪

馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村