2017年9月30日(土) 天気 くもりのち晴れ

りんごシーズン到来です!
DSC_0890
庭で撮影した今年のりんご。真っ赤でおいしそう。

ようやくりんごが手に入りやすい値段になってきたので,今日のお馬さんのおやつはりんごです♪
やっぱり早生りんごが出回る直前の夏頃が,一番値段が高いですね(;´Д`)。出回るシーズンの倍くらいの値段になっていたので,しばらくお馬さんのおやつは人参でした。


今日は久々に外の馬場でのレッスン。
暑い夏の間は日陰を求めてインドアでのレッスンが中心だったけれど,涼しくなった今の季節は,真昼に屋外に出ても快適♪ (=゚ω゚)人(゚ω゚=)♪
これからしばらく乗馬に良い季節。

調馬索をつけてまずは軽速歩。
軽速歩に続いて普通の速歩(正反動)。今日は長めに速歩に乗る練習をする。ウォーミングアップはここで終わり。

今日の1鞍目は,たまに練習メニューに加えられる「鐙上げの特訓」だったので,鐙を脱いで速歩を出す練習をする。慣れてきたところで手綱も放す。

う~ん……一応乗ってはいられるけど,落ちないように内腿と腹筋に力入れてるから,長く続くと辛くなってくるなぁ(;´Д`)

馬を止めたときに指導員さんに訴えてみた。

小夏「このへん(内腿とかお腹とか)の筋肉にきてます……(´;ω;`)」
指導員さん「それは力入れ過ぎ(・∀・) 力抜いて」


鐙上げして手綱も放した状態で力抜くのって,ちょっと恐いんだけどね。
だってもう「裸馬」に乗ってるみたいな感じなんだよ。鞍はあるから裸馬よりマシだけど。
でもやってみたら力入れなくても乗れた(´∀`*)♪

指導員さん「力じゃなくてバランスが大事だから(^∀^)」

そうなのか! バランスよければそんなにギチギチに力入れなくても大丈夫なんだね。
少ない力で上手に乗れる方法があるなら,そのほうが絶対にいいものね。

なんだかあれみたい。柔道だか合気道だかで「柔よく剛を制す」っていうあの原理?(※詳しくないので「力を使わず相手の力をいなして勝つ」みたいなイメージで言っています

考えてもみれば,馬術の競技会って男女混合で,老いも若きも一緒に出場している。
それはつまり,若さや性差による力の違いが影響しない(もしくは「しにくい」)ところで勝負が行われるからなんじゃないかな。
馬術って素敵な競技ね.。゚+.(*´ω`*)゚+.゚

鐙上げして手を放して速歩の馬に乗る訓練は以前もしたことがあるけれど,今日新たに取り組んだ練習は「その状態から馬上体操を行う」というもの。

馬上体操は常歩のときにやったことはあるけど,速歩では初めてだな(´・ω・`)
揺れが大きいから,下半身の安定を保ったまま上半身をそんなに大きく動かすことができるのか,ちょっと不安が胸をよぎったりした。バランス崩して倒れるんじゃないかな,とか。

でも,やってみたら意外とできた。
うん,やっぱり何でも「とりあえずやってみる」といいね!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

【馬上体操のメニュー内容】

①右手を馬の左耳に伸ばし,左手を馬の右耳の伸ばす。
②右手で馬の左腰に手を伸ばし,左手で馬の右腰に手を伸ばす。
③両腕を真横に上げ,上半身をそのまま左右にひねる。


それぞれ5セット(左右で10回)連続して行う。
手前を変えて反対回りでも同じように行う。

指導員さんは「だいぶバランスよくなってきましたね」と褒めてくださった。
嬉しいなー(●´ω`●)♪

さらにさらに! なんとこれ,今日は駈歩でもやってみた!

駈歩で,鐙上げして,手綱も放して,その状態で馬上体操!(もちろん調馬索)

最初に言われたとき,「それはさすがに厳しいんじゃ……!?(((( ;゚д゚)))」と思ったのだけれど,本当に,本当に不思議なんだけど! できちゃったの! びっくり!

でもやっぱり常歩や速歩のときよりもバランスは崩れやすかった。
今日は後半に行った左回りのほうが上手くなくて,ちょっとバランス崩して急遽片手でサドルホルダー持つような場面もあったけれど(指導員さん曰く「馬が跳ねた」らしい),うん,でもね,大体できた!

この指導員さんは人をのせるのが本当に上手くて,
「これ,オリンピック選手もやるような練習なんですよ(・∀・)」
なんて言っていた。

そんなワクワクするようなこと言わないで.。゚+.(*´∀`*)゚+.゚
ときめきが止まらないよ(笑)



乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村