2017年11月9日(木) 天気 晴れ&風

振替休暇が取れたので,午後に乗馬の練習へ行きました♪
IMG_3266
紅葉が綺麗な季節です♪

練習の間隔が空きすぎると何もかも忘れてしまいそうで恐いので,ちょっと強引なスケジュールを組んで乗馬へ。(今週末も用事があって練習に行けないの(´;ω;`))

ときどき,ふと立ち止まって,何でこんなに一生懸命やっているんだろうと思う。
正直,わたしの乗馬が下手でも,困る人間はひとりもいないのだ。
ただ,わたしが,中途半端な状態でいるのが落ち着かなくて,乗馬の練習に来てしまう。

「なぜ馬に乗るの?」と問われて,
最近浮かぶ答えは,

そこに馬がいるから

というもの。
だって,そうとしか言いようがない(´∀`;)


よく晴れた日だったけれど,午前中から風の強い日だった。
乗馬クラブでもごうごう風が吹いていて,周囲の木の枝が馬場に散乱している。
こんな日なので,当然人も少なく,練習する場所もインドア馬場に限られていた。

到着すると,半年くらい前に一度乗った良い子の栗毛ちゃんが,きちんと馬装の済んだ状態で洗い場に納まっていた。
ううぅ~かわゆい(●´ω`●)♪ 馬かわいい(●´ω`●)♪
ふかふかの首の感触が気持ちいいので,頬を寄せて楽しむ(*´ -`)(´- `*)♪

最近馬が可愛くて仕方ない。
最初の頃は,可愛いどころかむしろ恐かったのに。
身体が大きいし力も強いから,注意は必要だけど,慣れてくると犬や猫みたいな感じに愛情が湧いてくる。

人間に,「動物を可愛く思う気持ち」って,どうして備わっているのだろう。
人間の子どもを可愛く思うのは,ちゃんと育てるためだって知っているけれど,他の動物のことは可愛く思わなくても,人間が生きていく上ではそんなに問題ないんじゃないかな。むしろ捕食したり働かせたりする対象なら,愛情がないほうがやりやすかったりするのでは?

でも,人間に意味のない感情が湧かないのだとしたら,動物のことをかわいいな~と思う気持ちにも,きっと人間にとって何か意味があるのだろう。


さあ,そんなことは置いておいて,今日も練習!

いつものチビ馬とは違うけれど,結構乗りやすい。敏感なお馬さんなので,軽い扶助ですぐ動く。
そして重いどころか「進みたがり」なので,時々拳を握って減速。

常歩で馬場を数周。あんまり頑張らなくても「元気な常歩」になる!
お腹を強めに圧迫して速歩。かかと入れなくても速歩になる!
.。゚+.(・∀・)゚+.゚
さすが!良い子!

軽速歩 → 巻き乗り → 半巻きして手前変え → 軽速歩 → 巻き乗り → ……
そして速歩(正反動)を続ける練習。

基礎練は大事( ゚∀゚)ノ☆

【今回の収穫】
・軽速歩の手前を覚えた。


「今さらかよ!」って言わないで!。・゚・(ノД`)
習得遅いのわかってる!。・゚・(ノД`)
だって,今まで,あえて気にしてなかったんだもん(TДT)
でも最近指導員さんが「手前逆だから直して」とか言い出して気にせざるを得なくなって馬の肢の運びとか見るようになったんだよ(T_T)

本当は体感でどの肢が出てるのかわかるのが理想なのだけれど,まだそれがわからないので,馬の肩を見て確認している。

「外側の前肢が前に出たときに立つ」というのをよく聞くのだけれど,お尻がポンッと跳ねられる感覚を利用して立ち上がると,自分が腰を浮かせた0.5秒後くらいに馬の肩が前に出るように見えるので,「馬の外肩が前に出るのと自分が立つ動作をするのが同時」というわけではないのかな(´・ω・`)と思った。「馬の外肩が前に出ている瞬間に自分の腰が空中」であればOK?

そうなると,速歩は2拍とよく言われるのだけれど,細かくみると4拍みたいな気分だ。

①腰浮かせる(馬の外側の後肢が踏み込む)
②腰空中(馬の外側の前肢が前へ)
③腰戻す(馬の内側の後肢が踏み込む)
④座る(馬の内側の前肢が前へ)

今のわたしの,ぎりぎりの理解がこれ。
本当は違うのかもしれないから,もうちょっと研究を重ねよう。

とりあえず,「馬の肩を見て軽速歩の手前を合わせる」というのは覚えた。
今日は途中で「あ,ズレてる」というのが自分でわかって直したりできたので,うん,きっと前よりは進歩してる!(o^∇^o)ノ

それから,最近になってようやく,ほんの一瞬「あ,膝から下を動かさないってこんな感じかな」とわかる瞬間が出てくるようになった。ほとんどの時間はそうじゃないので,まだまだなのだけど,こういう「あ,もしかしてこういう感じかな?」っていうのが出てくると嬉しい。


さて,この日は2鞍乗ったので,次回へ続くのですが,なんと,なんと……! 次回のタイトルは「初落馬」ですよ! あああ~・゚・(ノД`;)・゚・このタイトルだけは付けたくなかった! すごい恥ずかしい!(つд⊂)
というわけで,次回はわたしの落馬エピソードになります。お楽しみに(笑)

【56鞍目に続く】

乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村