2017年11月19日(日) 天気 晴れのちくもり

気温がぐっと下がり,もう秋も終わりのようです。
IMG_2739

クラブに到着すると,いつも乗馬をしている子どもたちが駐車場の落ち葉を片付けていた。
なんていい子たちなんだろう!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ものすごい真っ当に育っている気がする。
こういう光景を見るのはいいものだなぁ(●´ω`●)

今日のパートナーは栗毛じいちゃんだった。
反応がよくてとても乗りやすいお馬さん。
栗毛の馬ってよく動くイメージがあるのだけど,気のせいかな。

すごく敏感な馬なので,少しでもかかとが触れると加速してしまう。膝を閉じてかかとが当たらないようにするのに苦労した。
「つま先ちょっと内向けて!」と何度も指導員さんからアドバイスを受けた。

馬の乗り方って,オーダーメイドね。
その馬その馬に合わせてつくっていく。
画一的に同じ乗り方をしていればいいってわけじゃない。

寒い中,常歩と軽速歩で身体をほぐす。
運動していると汗ばんでくるので,着るものは,最初「ちょっと寒いかな?」と思う程度のもので大丈夫。このあたりの加減も,だいぶ覚えてきた。

ほぐれてきたところで,速歩(正反動)に慣れるためにしばらく乗る。
乗り続けていたら,だんだん前のめりになってきて,自分でも気づくくらい前のめりになってから身体を起こす,ということを繰り返す。なんだこの現象(´・ω・`)。大丈夫か,自分の体幹。そして,うっかり気を抜くと「軽速歩っぽい乗り方」をしてしまい,注意を受ける。

今日は速歩で乗っていると,何故か鐙を踏む位置が深くなってしまって,始まってからしばらくの間苦労していた。(脚を前に突っ張ってしまっているので,速歩の反動で上に上がったときに鐙が奥に入ってしまうのだそうだ。)

「浅く履き直して」 と,指導員さんに何度も言われて,何度も直す。

深くなって直し,深くなって直しを繰り返し……

結局,鐙の長さちょっと短くした(;´Д`)

いいかげん……ちょうどいい長さ覚えようよ,自分……(TДT)

余談だけれど,自分の鞍があると,毎回毎回こういう調整しなくていいんだなと思い至り,初めてちょっとだけ「鞍欲しいかも」と思った。高いお買い物になるから,しばらく買う予定はないけれど。


鐙も調整したところで,さあ気を取り直して頑張ろう!(・∀・)ノ
次は巻き乗り♪

巻き乗りをしていて速度が落ち,常歩になってしまったことがあるのだけれど,慌てて扶助を出して速歩に戻した。
もちろん,本当は,まず常歩に落ちないことが大切。

失敗するのは仕方がないので,悪い状態になったら,一歩でも二歩でも早く元の状態に戻してくださいと,指導員さんは言った。

鐙が深くなったら,戻す。
鐙が外れたら,戻す。
拳の位置が違っていたら,戻す。
手綱が長くなっていたら,戻す。
手綱の長さが左右で違っていたら,戻す。
体勢を崩したら,戻す。
姿勢が悪くなっていたら,戻す。
脚の位置が違っていたら,戻す。
etc...

オリンピックに出るようなトップクラスの選手であっても,よく見ていると,ちょっと体勢を崩すようなことはあるのだそうだ。でも,すぐさまそれを立て直すのが彼らなのだ。

この注意を受けるとき,わたしはいつも,「立ち直りの早さ」とリンクして考えてしまう。

わたしは昔,立ち直るのがとても下手な人間だった。
なにしろ,一回の失恋で数年間の鬱状態に陥っていたくらいだ(鬱の原因はそれだけじゃなかったけれど)。
何かひとつ嫌ながことがあると,一ヶ月くらい引きずった。自分のことも責めていたし,ちょっとしたことで泣いたりもしてもいた。
それでも,「落ち込み → 立ち直り」を何度も何度も繰り返していると,回復の速度は速くなり,嫌な気持ちを引きずるのも,一ヶ月から半月になり,一週間になり,数日になり,一日になり,数時間になり……今では,嫌な気分や落ち込みは,ほとんどその場で消え失せるような感じになっている。

フィギュアスケートの試合を見ていても思うのだけれど,失敗したときに「ああ自分はなんてダメなんだ!」なんて,落ち込んだり拗ねたりして,いつまでも失敗した状態にとどまっている時間はないのだ。

もちろん,失敗なんてしないほうがいい。反省も必要だと思う。
でも,失敗してしまったら,自分を責めたりしていないで,一歩でも二歩でも早く,良い状態に戻すこと!
なにしろ人生は有限だ。落ち込んでいる暇はない(`・ω・´)ノ☆

【58鞍目に続く】

乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村