2018年4月28日(土) 天気 晴れ

木々がいっせいに芽吹き,やわらかな葉を広げる季節。
山の色が変わり,空気が変わる。

田んぼには水が引かれ,田植えの準備。
静かな夜に響くのは,カエルの声。

ああ,季節は春!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
horses-20033_960_720
草のおいしい季節♪

天気も良く,透き通る新緑がきれいだった。
桜が満開になったときも思ったけれど,花をつけたり葉を広げたり,ものすごいエネルギーだ。生命力が弱っていたら,とてもこんなことはできない。
大地全体から,ぶわーっと吹き出すような,大きな力を感じる。
春はそんな季節。
古代中国の人々は,その大きなエネルギーのことを「気」と呼んだらしい。

自宅の年老いた犬からは,そのエネルギーが少しずつ減っているのがわかる。
逆に生後1年未満の甥っ子は,エネルギーのかたまり。

不思議だな。
生命を生命として動かしているものは何だろう。
どこからやってくるのだろう。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


3週間振りの乗馬。
競馬場は楽しかったけれど,「馬に触りたい欲」は満たされなかったので,いつもの騎乗馬にベタベタ触りまくる。
わたしは馬を見るだけじゃなくて,触りたいんだよ……!(>_<)
理由はわからないけれど,生き物に触れていると癒されるんだよ!

だから馬に乗って一緒に歩く乗馬は大好きさ (o^∇^o)ノ
乗っている人を振り返る馬を愛撫するのも大好きさ。
下手でもいいの。関わっていられれば。 (●´ω`●)♪
赤ちゃんを抱っこしていても思うけれど,生命に触れているのは心地が良い。
何だか知らないけれど,そういう風にできているらしい。

屋外の馬場は暑かった。
夏ほどではないにしろ,日差しがきつい。
それでも今日のお馬さんは,そこそこ素直に常歩,速歩と応じてくれる。
春だものね。あったかいものね。身体も動くよね!
でも見ていた先生には「元気度」が物足りなかったらしくて,途中で鞭を渡された。
ははは(´∀`;) やっぱりもうちょっと頑張ろうか。
練習だからね。本気でいこう!

今日,再確認したこと。
よく乗っているこのやんちゃな小柄馬は,かかとをグッと腹に入れても速歩になりにくい。常歩の状態から,そのままふくらはぎで圧迫を続けると速歩になる。
栗毛じいちゃんはその逆で,ふくらはぎで圧迫してもなかなか速歩にならないのだけれど,かかとでグッと押し上げるとすぐに速歩になる。

馬によるんだな!(☆゚∀゚)

人と同じね。同じ内容を伝えるにしても,ある人にはこの伝え方で伝わったのに,別の人にはそれでは伝わらないということがある。
乗馬って,「乗り方を学ぶ」というよりは,「その馬がどういう馬なのかを知る」ということなのかもしれない。そして「自分の意思をどうしたら伝えられるのか」を知りたくて,練習を重ねるのだ。

脚の後に鞭を一発入れると,ちょっと速くなる。
「あ,ちょっと速くなった」とわかるのが嬉しい。
以前は細かな速度の変化なんてほとんどわからなかった。

指導員さんは,「歩幅が狭いとつまづきやすい」と言っていた。のろのろしていると足をとられるのだそうだ。だから歩度をしっかり伸ばして「元気よく歩かせる」のが大事なのだそうだ。

今まで,「この馬今日よくつまづくな~」なんて思うことがあったのだけれど,もしかしてそのときって,のろのろして足が全然元気に出ていないときだったのでは……。

速歩でも元気に。
常歩でも元気に。

案外これ,難しい。

指導員さんは「常歩が一番難しいです」と言っていた。
うん。それ,すごくよくわかる (´▽`;)
乗馬始めたばっかりの頃は,常歩が一番簡単で,駈歩が一番難しいと思っていたのに。
駈歩までできるようになってみたら,一番初めにやったことが一番難しいものだったとわかるなんて。
ううむ……一周回ってスタート地点に戻ってきた感じ。

【87鞍目に続く】

乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村