馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

馬場

139鞍目 2019年乗り始め

2019年1月5日(土) 天気 晴れ

PAK160327530I9A8703_TP_V

年明けてからの初めての乗馬。
少し風があるけれど,とても天気のよい日だった。

いつものように乗馬クラブに顔を出し,新年のご挨拶。
さて,今年はどんな1年になるのやら。


今年最初のパートナーは,ダントツの鞍数でコンビを組んでいる小柄なやんちゃ馬だった。
冬毛でもふもふになったチビ馬くん。

馬房から出して馬着を脱がしてブラシをかけて裏掘りして馬装して,馬場へGO!

久々にわたしを見てくれることになった指導員さんは,今日のレッスン内容を「どうしようかな」と言っていた。


指導員さん 「馬場2級受けたりします? 2級そんなに難しくないですよ」


む,難しくない……!? Σ(・ω・;ノ)ノ

いや,3級よりは確実に難易度は上がると思うけど(´∀`;)
わたしが年末に馬場馬術競技に出場してうっかり1位なんて取ってしまったものだから,馬場に進む人だと思われたのかな。

2級より上は受験したことがないのでわからないのだけれど,全乗振の技能認定試験って,もしかして4級と3級の間に最大の壁があったりするのかな,なんて最近思う。


【イメージ図】

5級
4級
【最大の壁】
3級
2級
1級



「4級までは誰でも取れる」とか「3級から難易度が上がる」とか,そんな話はよく聞く。
ネット上にも3級の情報が一番多いような気がする。
2級より上の級になると情報が激減するのだけれど,これはそもそも受ける人が少ないからなのか,4級から3級に上がるときほどの労力を要しないからなのか。

うーむ……馬場2級か……どうしようかな。
目指すのも有りだけれど,障害のほうもやってみたいな。
うーん……。


とりあえず今日は馬場を中心としたレッスンを受けることになった。
フラットワークは基本だものね。
1年の始まりにはちょうど良いと思うわ(●´ω`●)

久しぶりのチビ馬くんは,やっぱりやんちゃだった。
拍車を使っているので,常歩も速歩も苦もなく出るのだけれど,蹄跡行進していて,最初の数回は仕事をサボろうと蹄跡を外れることを試みたりするのだ。

ほんとに懲りないね,きみも(´・ω・`;)

2回続けて同じ箇所で同じことをしたので,すかさず鞭1回で蹄跡に戻し,その後はあきらめたのか従ってくれるようになった。
今日は鞭を使ったのはここだけ。

そういえば,最近,鞭を使う機会が減ったな。

加速は拍車でどうにかなることが多いし(以前はスピードを上げたいときにもよく使っていた),ほんとに,ここしばらく「注意喚起」みたいな理由でしか使わない。

馬場3級のためのレッスンでは(試験でも)そもそも鞭を持っていなかった。
ここでの経験が生きてるのかな。


速歩での運動を念入りに行う。
長辺で軽速歩で歩度を伸ばして,短辺で速歩で歩度を詰める。

拳について注意を受ける。
軽速歩のときは割と安定して同じ位置に拳があるのだけれど,速歩のときは身体の振動につられて拳も上下してしまっているらしい。

指導員さんのアドバイス。


「腕だけ切り離されてる感じで!(・∀・)」


Σ(=゚ω゚=;)!?

つまり,身体がどれだけ動こうと,腕は独立した部分として一定の位置に保てるように,と。

肩にネジがあるなら外して腕だけ宙に浮かせておきたいよ……(´∀`;)

単なるイメージなのだけれど,思い描いて意識すると,少しは改善する。
もう本当に慣れた人になれば,意識しなくてもできるのだろうけれど,慣れないうちは意識しないとなかなかできない。

一定の位置で手綱操作ができるように,拳と腕に意識を持っていく。
正しい位置と姿勢で乗っていられるように,騎座にも意識を持っていく。
的確な扶助ができるように,脚にも意識を持っていく。

運動中,あらゆる箇所に,すべて別々の意識を張り巡らせる。
しかも分散した意識をすべて全力で集中させておかないとならない。


何かもやもやとした悩みを抱えている人は馬に乗ったらいいと思う。
馬に乗ってる間は,余計なことに意識を割いている余裕はないから。
逆に言えば,人の悩みなんて,そんなものね。
全力で今に集中すれば,吹っ飛んじゃうような脆弱なものがほとんどだ。


手前を変えて,何度も何度も繰り返す。
速歩だって続けていれば,真冬にも汗をかく。
長距離ランナーみたいな気分。
新年早々いい運動になったな(*´∇`*)

【140鞍目に続く】

いつも応援ありがとうございます♪

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

140鞍目 収縮

 2019年1月5日(土) 天気 晴れ

IMG_7974

駈歩の練習。
ここでも拳の注意を受ける。

本日の課題は「拳」。

走りながら(走らせながら)手綱がたわむことがないように,と。

ああ~なんかもう下手だなぁ。(>_<)
ここしっかりできてないと,「ハミ受け」どころの話じゃないわ。

軽く張った状態のままキープできるのが理想。
馬の頭の動きに合わせてるつもりなんだけど,どうも何かがちょっと違うみたい(´・ω・`;)
「緩ませないように,緩ませないように」と思っていると,手綱につられて上半身が前かがみになってしまう。そうでなければ馬にブレーキをかけてしまうか。なかなか難しい。

うーむ……(; ´Д`)
違う。違うぞ!


ある程度できたところで巻き乗り。左右どちらの手前でも行う。
駈歩での巻き乗りはOK。速歩に落ちることもなくスムーズ。


次に,1鞍目の速歩のときと同じように,駈歩でも長辺で歩度を伸ばし,短辺で歩度を詰める練習。
駈歩で歩度詰めるのって,ちょっとコツがいるみたいで難しかった。
うっかりすると速歩になっちゃうのね。

ポイントとしては,拳や騎座でブレーキはかけるんだけれど,同時に脚で推進もかけるの。

 
指導員さん 「収縮って前に進む力をなくしちゃうわけじゃないですからね! 前に進むエネルギーは保ったままで運動を小さくする(前に進ませない)ことですからね!」


だとすれば,収縮って馬にとって結構負荷の大きい運動だよね?
「前に行きたいのに止められてる」感じが,何となく辛そう(´∀`;)

手綱を緩めたら,すぐにパッと前に走り出すような気勢が欲しいんだって。


【乗馬メモ】
収縮運動のときも前に進むエネルギーはキープする。



駈歩の歩度を伸ばしたり詰めたりの練習を繰り返す。
やっぱり詰めるほうが難しくて,本格的な収縮ができないので,速歩にならない程度に手綱をちょいちょいっと軽く引いて調整。これだど遅くはなるんだけど,馬の前進気勢のキープはあんまりできてない感じなんだよね ('A`;) はぁ~難しいわ~。


そしてこの後,珍しい練習に入った。

まずは速歩で横木通過。
1本が2本になり,3本になり4本になり……今日のMAXは5本。
時々蹄が当たってしまい軽い音が響く。
最初は立ち乗りで通過する。
5本全部通過するまで立ち続けてるって結構大変(^∀^;)
バランス崩すと尻もちついたようになっちゃう。

何度か行った後に,指導員さんは,並んでいる横木の片側だけを少し高くした。
次の横木は,1本目とは逆側が高くされている。
それが交互に並んで,でこぼこした横木が5本。

お馬さんは速歩で通過するのだけれど,高くなっているので肢を大き目に上げる。
大きくなった反動を,鞍上の人間も感じる。

何の練習なんだろうと疑問に思っていると,


指導員さん 「ピアッフェとかパッサージュとか,これに近い動きになるんですよ(*´∇`*) 小夏さんにもこの動きの違いを体験してほしいなと思って♪」


とのこと。
そ,そんな高等馬術,おそれ多い………!
ハミ受けだってまだできてないのよわたし!(=゚ω゚=;)

ちなみに,「ピアッフェ」「パッサージュ」の動きはこちら。


その場で停止したまま行うのが「ピアッフェ」。
前に推進するのが「パッサージュ」。
弾むような動きが面白い。


……どうでもよいのですが,わたしが馬でこの運動をさせられたら,イライラが募って人を振り落して暴走しそうな気がする(そして「使えない馬」としてお肉にされる)。


横木通過の練習も終えて,まだ少し時間があったので,立ち乗りを重点的にやってみることにした。
常歩と速歩で,蹄跡を進みながら,立ち続けられるだけ立ち続けてみる。
この練習を続けていると,ひざ下の鞍との接地面を非常に意識するので,ああ,これ続けたら膝が開くクセも直るかも,なんて何となく思った。

というわけで,2019年の初日レッスンは馬場三昧でした。
今年も1年馬場に障害に頑張りますヾ(´ω`=´ω`)ノ

【おまけ】
よく見る馬場馬術動画

「ハミ受け」ってこういう状態を言うんだなぁ……。

いつも応援ありがとうございます♪

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

小夏

田舎で乗馬を楽しんでいます。特技は紅茶と製本。好きな動物はうさぎと馬。最近気になっているものはロカボと鍋料理。カフェみたいな家に住みたいです。これから来る冬を温かく乗り切ろうと意気込んでおります。いつかホースウェディングをして庭でポニーを飼うのが夢。

Dalahäst


北欧スウェーデンの幸せを運ぶ馬
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらから