馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

121~130鞍目

121鞍目 芸術の秋

2018年10月6日(土) 天気 晴れ

kazukihiro0803DSCF5584_TP_V

9月から,小学校時代の恩師のすすめで,地域の短歌会に入っています。
メンバーの平均年齢はおそらく70代。会長はなんと93歳!
そこまでの大先輩になると,詠む歌にも深みがあるのですが,人生経験の浅い若輩者には「五,七,五,七,七」に言葉を収めるのが精いっぱいです。
興味の向いている先がもっぱら馬なので,馬の歌ばかり詠んでいます。

9月に提出した短歌。


眠そうな 馬を引き引き 馬場へ行く 秋空の下 蜻蛉と共に


うーむ……。もっとカッコいい歌詠みたい。(´∀`;)
ちなみに,短歌は俳句とは違い,季語が入っていなくてもいいのだそうです。

10月の短歌会に提出した短歌。


天高く 乗馬の後に 食進み スリムな馬と 肥えゆく私


「天高く馬肥ゆる秋」と言いますが,馬は細いままでわたしが肥えているような気がします。という解説を付け加えました。ユーモアも大事です(たぶん)。


そういうわけで,最近頭の中が「五,七,五,七,七」のリズムで回っているので,今回の練習記録は,ちょっと趣向を変えて短歌を織り交ぜてお送りしたいと思います。普通に読みたい方には申し訳ないですが,今回だけなので,しばしお付き合いいただければ幸いです。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



10月に入ったというのに,気温の高い日だった。台風の影響らしい。
うーん。長袖着てきたの間違いだったかなぁ(; -д-)

お馬さんはいつものやんちゃなチビ馬くん。
きみも冬毛に変わったのに,暑くなっちゃって大変だね(笑)。

晴れたので,久しぶりに外の馬場でレッスンを受けることになった。
開放的で嬉しいけど,日差しがつらい……(>д<;)


むしむしと 気温の上がる 外の馬場 テンション下がる 馬もわたしも


うん。結構「五,七,五,七,七」に収まるものね.。゚+.(・∀・)゚+.゚
「短歌」と言うと身構えてしまう人が多いのだけれど,要は言葉遊びなのだ。
短歌でなかったとしても,日本語って,五音や七音に収まっているときれいに聞こえる気がする。

まずは騎乗して蹄跡行進。
常歩,軽速歩,駈歩……


帰りたい 馬がワガママ し始めて 鞭をふるうが 馬場を出て行く


仕方なく 急遽巻き乗り 全力で 開始十分 すでに汗だく


状況,お分かりいただけたでしょうか(´∀`;)
このお馬さんは,乗り手がスタッフのときにすら試合中に反抗を始め馬場を飛び出したという,伝説のやんちゃ坊主なのです(そのせいか,試合ではあまり使われない)。
インドアの場合はドアが閉まっているので外に出ることはないのだけれど,外だと本気になればラチ越えられるから,注意が必要なのだ。


我儘で 怒りんぼだし 怠け者 人気ないけど きみは可愛い


わたしよくこれまで「この馬嫌です(;TДT)」ってならなかったよなぁと思う。
単に経験が浅くて,馬ってみんなこんなものなのかと思っていたのもあるけれど。

でも,わたし,本当に最初の頃は,外の馬場では,このお馬さんを走らせることはおろか歩かせることもままならなかった。今は,サボることにチャレンジはされるけれど,走ってくれるし図形も描いてくれるようになったから,よしとしよう。


本当は やればできると 知っている きみの力を 引き出せるかな


この日のレッスンの前半は,馬場の出入り口で何度も外に出られて,泣きたくなるくらい苦労したのだけれど,今週は,走らせていて,どういうわけか「速歩から駈歩」ができる(成功率が上がる)ようになっているなぁと感じた。先週のアパルーサでの猛特訓で,何かコツをつかんだのかな。

いつものように,細かい点をいくつか指摘される。
脚と拳と腕の位置,手綱の長さ,馬体を押して動かすこと,姿勢,スピードコントロール,馬の様子を観察すること。

「馬場は我慢の競技です(・∀・)」と,今日の指導員さんが言っていた。

が,我慢……!?(゚∇゚ ;)エッ!?

つまりね,一定の速度を保つために速くさせず遅くさせず,内回りしたがる馬を抑えて隅角の隅まで踏ませ,進みたい線を進めるように,進路からズレないように誘導し,調整し……そうやってスムーズで美しい動きを追求する……ような競技。

馬や自分の煩悩のままに,なあなあにやったら,そこで試合終了してしまうのだ。障害だって同じだけれど。

こういうの,ともすれば,窮屈だなって,思いがち。
だけど,どんなスポーツにもルールがあって,そのルールの中で動くから面白いのだし,高みを目指すこともできるのだ。

短歌の音数制限みたいなもので,あえて制限がかけられる中でこそ光るものってあると思う。
「さあ, 五,七,五,七,七 の中にすべてを収めなさい」と言われれば,こんなことを考える。

何が要る? 何が要らない?
何を削る? 何を残す?
何が重要? 何が重要でない?
一番大切なことは?
最も伝えたいことは?
最適な方法は何だろう?

その試行錯誤や創意工夫,取捨選択の判断は,スポーツや芸術を離れても,人生のどこかで生きてくるような気がする。

すごく不思議に思うのは,まったく違う分野の物事に取り組んでいても,どこかで一本の線に繋がる瞬間があるということ。乗馬も短歌も,その他のことも,全部どこかに繋がっていく。


決められた 型を演じる 馬場馬術 木の葉舞い散る 芸術の秋


【122鞍目に続く】


・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

122鞍目 大忙し

2018年10月6日(土) 天気 晴れ

0019_TP_V

秋は乗馬のシーズン。
気候がいい上に連休も重なって,乗馬クラブはとても混んでいた。

先生たちも,アルバイトの厩務員さんも大忙し。
お馬さんたちも色んな所でフル稼働。
すごいなぁ。どんな仕事にも繁忙期と閑散期があるけれど,乗馬クラブは今が一番忙しいのかな。

馬を厩舎から連れて来て洗い場につなぐと,鞍など馬具一式持ってきた指導員さんが,切羽詰まった様子で口を開いた。

 「(馬装)やりますか? ていうか,やってもらってもいいですか!?

小夏 「やりますやります(・∀・;)」

本当に始めたばかりの初心者やビジターさんが乗る場合の馬装や手入れは,スタッフがやらざるを得ないので,もうできる人間の世話を焼いている暇はないのだ。

若い指導員さんは,わたしに馬装を任せると,別の作業のためにウォーキングマシーンに向かっていった。


ああ,わたし,閑散期に何度も丁寧に馬装を教えてもらえて,本当によかった。
こんなときに,忙しい人々をただボーっと眺めているのは,ちょっと申し訳なくて居心地が悪い。


常連なんだし,一応できるんだし,こういうときは頑張らなきゃ.。゚+.(`・ω・´)゚+.゚


レッスンの内容は,121鞍目からの続き。
厩舎に帰りたがったり草を食べたがったりするお馬さんを全力で制して運動を続ける。
速歩や駈歩で横木を通過して,斜め手前変換をして,フラットワークに専念する。
外は誘惑が多いので,馬の集中力を保持するのが大変。
「馬に走られてる」とか「馬なりにならないで」と散々言われた。
もう,ただ走らせるだけじゃダメなのね。
ただ走らせて,ただ乗っているだけではダメ。
何となく手綱で動かしているだけでもダメ。

「わたしが,馬を,制す……!」 という意識。

とりあえず,暑い中ジタバタする馬の相手を全力でしていた今日は疲れた(´∀`;)


指導員さん,レッスンが終わると,早くも次の作業に移りたくてそわそわし始める。
わたしが洗い場近くで下馬したのを見届けると,

 「軽く手入れしたら(厩舎に)戻しといていいですから!」

そう言い残して厩舎にダッシュ。次のレッスンの準備へ。
……すごい忙しそうね(´∀`;)

でも,任されるのって,そんなに悪い気しない.。゚+.(`・ω・´)゚+.゚
大変だけど,「わたしにもできるんだ(*´∇`*)」って,嬉しくなる。

散々やんちゃして汗をかいているお馬さんをお湯で丸洗いして,裏掘りして,水切りしてタオルで乾かして,おやつのりんごをあげて,馬房に戻す。
洗い場に戻って,ハミを洗ったり,馬具を片付けたりして,ついでに地面に落ちている おが屑やボロを掃除する。

レッスンを終えた他の指導員さんがやってきて,褒めてくださった。

指導員さん 「ありがとうございます! 大助かりです!」

いえいえ,皆さんお忙しそうなので(●´ω`●)

人手足りないのかな。休日は割と暇なので,ボランティアでよければやるよ。
ただし朝には弱いし住んでいる所も遠いので,朝早いのはちょっと厳しいかなぁ……?(^∀^;)



・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

123鞍目 先を読む

2018年10月8日(月) 天気 くもり

DSC_0055

6日に引き続き,連休中二回目のレッスン。

実は前日も友人茶壺のお友達を外乗施設へ連れていっていたので,この三連休は毎日馬に乗っていた。

馬三昧!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

スポーツの秋だものね。思えば今日は「体育の日」。
しっかり身体を動かせてよかったです(*^_^*)


今日のパートナーは,昨年散々泣かされた重~い黒馬くんだった。
真っ黒でツヤツヤの毛をしている上に,顔立ちがとても可愛い。
今年の夏に,「あれ? なんか軽くなったぞ?」と思ったこのお馬さん。
今日も普通に動いてくれた。
スピードは出づらいのだけれど,動かなくて困るということはない。

ああ,わたし,もう,本当に,「初心者」ではないのかな。
あの頃は,「こんなので乗れるようになるのかなぁ(´・ω・`)」なんて.途方に暮れるような気持ちでいた。
でも,今思えば,そんな経験ができるのも,一生の中であの時期だけだったのかもしれない。
上手く乗れなくて苦労しても,「こんなの今だけの経験だ」って思えたら,このままならない時間も,大切にできるかもしれない。


今日指導員さんに渡されたのは長鞭だった。
長鞭って,まだちょっと使いづらいなぁ。
丁度よい角度が微妙につかめないし,手前変換した際に,内側の手に持ち直すのが,やりづらい……(; -д-) 長いので,馬の背に触れてしまう。

そして拍車が絶不調だった。
走らせているうちにずり落ちてきて,外れそうになってしまう・゚・(ノД`;)・゚・
何度か指導員さんに直してもらったけれど,最後はもうあきらめて,拍車なしで馬に乗っていた。
拍車なくても動くことには動くものね。

指導員さんは 「拍車の幅が(ブーツよりも)少し広いのかもしれない」と言っていた。
少し内側を狭くして,ズレを防止するために,拍車ゴムというものを発見したので使ってみようと思う。


でも,最初からゴムカバー付きの拍車も売ってるのね……。
今後新たに購入される方がいましたら,ご参考にどうぞ。



拍車,早く使いこなせるようになりたい……!(>_<)


一応,お馬さんを走らせて乗り続けることはできるけれど,「上手に乗れているか」と言ったら,まったくそんなことはなくて。

黒馬くんは「踏歩変換」をきっちり調教されているようで,わたしのちょっとした脚の位置やバランスの崩れで頻繁に手前を変えていた。


指導員さん 「蹄跡一周の間に,5回くらい手前変わってます……(´∀`;)」


5回って……!!!
もちろん,これ,わたしが意識して変えているわけではない。
わたしの脚がフラフラして,身体の重心も右に行ったり左に行ったりしているから,お馬さんが「踏歩変換」の合図だと勘違いして,変わってしまうのだ。
ひぃ~! 難しいよぅ!(;´Д`)
こういう意味では鈍い馬のほうが楽ね(; -д-)ノ

……ただ,ひとつ気になるのは,わたし,乗っていて,手前が変わっても気づかなかった。
指導員さんに指摘されて,「そうかそれはマズイなぁ」と思ったものの,いつ変わっていたのか全然わからなかったのだ。特に乗りづらいとも思わなかった。
いつか分かるようになるのかな? うーん……。


今日のレッスンでは,「先を読め」とよく言われた。

馬の様子をよく見て,次に何をしそうかを察知して,それが好ましくないことであれば,実際にやる前に防止してください,と。

馬に乗る者は,馬の思考を先回りして考えることが必要みたい。

顔が外に向いてるな(青草見てる),とか。
もう終わりにしたくて内側に入ろうとしてるな,とか。
疲れてきて速度落ちそうだな,とか。
何度も通っている経路を通るつもりになっているから,動きを変えたら戸惑いそうだな,とか。

「何かやってから対処する」のでは遅いのだ。

乗っている馬を制するということは,馬の気持ちを無視して自分の指示を押し付けることではなく,自ら進んで馬の気持ちを推し量り,それを考慮した上で誘導するということ。

きっと,人間でも同じね。
誰かに何かやってほしいことがあるのであれば,まずはその相手を知り,気持ちを理解してあげること。


お馬さんというのは,何故か同じ場所で同じことをするクセがあるようで(人間だって似たようなものだけれど),1回失速した場所では失速しやすいし,反抗した場所では反抗しやすいし,内回りした場所では内回りしやすい。

1回目の失敗は,まあ仕方ないこともある。この時点では馬の方に原因があることもある(もちろん1回目から失敗しないほうがいいのだけれど)。
でも,2回も3回も同じ失敗を繰り返したら,それはもう騎手の責任なのだ。同じことが起こるであろうことを知りながら,有効な対策がとれなかったということだから。

うーん……乗馬って,奥深い!

【124鞍目に続く】

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

124鞍目 馬でドリフト

2018年10月8日(月) 天気 くもり

DSC_0065

今日もフラットワークだけだったけれど,2鞍目からは徐々に動きが大きくなる。

馬場の内側に横木が置かれて通過することになった。
最初は速歩で。次に駈歩で。
124鞍目経路①
直角に曲がらずに,カーブを描く。
これをきれいに行うのは,なかなか大変。

手前を変えて同じことを行う。
124鞍目経路②
ゆっくり大きく,ぐるーっと回転しながら横木に向かうのが,想像以上にできなくて。
手で絵を描くときも同じだけれど,「きれいな円」を描くのって本当に難しいのよ(;´Д`)


指導員さん 「小夏さん,急に曲げすぎて,馬がドリフトしてるみたいになってます」


ドリフト!?Σ(=゚ω゚=;)

横木目指して曲がる位置が遅いので,馬の首を急に曲げることになり,前肢はついてくるものの,馬のお尻と後肢が外に振れちゃうのね。それで馬体がちょと斜めになった状態で進んでしまうと。

もちろん,こんな状態だと横木にもきれいに入れない。


指導員さん 「もっと早めに曲がってください。余裕持ってきれいに円を描いて入ってくださいね。急に曲げるのはジャンプオフでスピード勝負になったときくらいなものですよ」

そ,そうなんだ(゚∇゚ ;)

わたし,車の運転でも教習所で似たようなこと言われてたような気がする。
「急にハンドル切らないで」って。「余裕持って曲がりなさい」って。

なんだろう,判断が遅れるのかな?
それとも判断してからの動作が遅い? (´・ω・`)

いずれにせよ,わたしにはそういう傾向があるようなので,「ちょっと早いかな」くらいのときに行動を起こして丁度良いのかも。


次に円運動だけの練習。いわゆる「輪乗り」なのだけれど,今日の輪乗りは一味違う!
なんと蹄跡上に横木が一本置かれていて,駈歩で輪乗りを続けながら,横木を通過するのだ。
124鞍目経路③
これがもう難しいの何の!(´;ω;`)

駈歩の輪乗りも,直線での横木通過も普通にできるのに,輪乗りで横木通過となると手前も合わないし速度も保てないしで,まずどこから気を使えばいいのか全然分からない。

この指導員さんは,厳しいのか何なのか,できるまでノンストップで続けさせてくることが多い。
普段の基礎練習でも,駈歩で蹄跡5周なんて,もう普通!

この輪乗り横木通過も,カウントできただけで10周はしていた。
失速したり手前が合わなかったり,はたまた中央からズレてしまったり,なかなか上手く横木に入れなくて,ミスするともう1周追加。


え……これ,もしかして,完璧にできるまで止まれないやつ!? Σ(=゚∀゚=;)


完全に「ひとりメリーゴーランド」状態の小夏。

見ていた指導員さんも,わたしができていないことはわかっているので,ぐるっと1周している間に横木の位置を動かして,蹄跡の変更を促してくる。
円を描きながら上手く入るのが難しいと踏んだのか,もっと遠くまで行って曲がって真っ直ぐ入るコースに変更される。確かにそのほうがやりやすいんだけど,

あれ? これ,もう……「輪乗り」じゃなくない?(´∀`;)

円じゃないし,楕円でもない……。言ってみれば,ミニミニ馬場を作って四角に走っている感じ。
そこまで変更されて,やっとどうにかカタチになったので終了。

わたし,まだ輪乗り横木通過ができる技量はなかったんだわ,きっと。(´Д⊂)
これもいつかちゃんとできるようになりたい!


最後に,「 輪乗り → 横木通過 」のコースを通ることになった。
今日やったことの組み合わせね。

124鞍目経路④
気を使うポイント多すぎるよ!・゚・(ノД`;)・゚・

でも,3回ほど同じコースを通って,最後には「今日一番よかったです」と言われるようにできたから,まあ……いいかな。(; -д-)ノ
障害を跳ばないフラットワークだって,注意点はいっぱいあるし,思うようにいかなくて苦労することはたくさんある。



馬に乗ったまま洗い場に戻りがてら,隣を歩く指導員さんに「意識して乗らなければ何鞍乗っても同じです」と,手厳しい忠告を受けた。

意識して乗らなければ,何鞍乗っても,同じ……!!!
Σ(゚д゚;)

この言葉をすごく痛く感じたのは,自分でも気付かないうちに,ぼんやりしていたからなのだろうか。
嫌だ~!!(;>д<) 何鞍乗っても同じなんて嫌だ~!!!。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

確かに,精度が低くてもいいのであれば,わたしはもう,どの歩様の発進もできるし,継続もできるし,図形も描けるし,低い障害だって跳べる。馬に急な動きをされても,ちょっとやそっとじゃ落ちない。つまり,「ぼんやりと何となく乗る」ことが可能なのだ。

いや,でも……でも,まだ……! 
まだ,わたし,こんなんじゃ満足してない……!
もっときれいに,もっとスムーズに,まだもっと,できるようになりたいことある!(>_<)


・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
本の紹介
 『馬のきもち』 海外のベストセラー本  ついに日本上陸! オールカラー B5サイズ 可愛い馬たちと,もっと仲良くなれる本♪(*^_^*)
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

小夏

****************2016年末にずっと憧れていた乗馬を始めました!
まだまだ下手ですが、ちょっとずつでも上達する様子をお伝えできたらいいなと思います。
ブログには乗馬日記のほか、馬に関するお話を掲載しています。
***********
【持っている資格】ティーエキスパート(紅茶),フィトセラピーアドバイザー,図書館司書,学芸員

Dalahäst


北欧スウェーデンの幸せを運ぶ馬
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらから