馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

161~180鞍目

161鞍目 メンテナンス

2019年5月5日(日) 天気 晴れ

DSC_1094

歌手で馬術選手の華原朋美さんがご懐妊だそうですね(*´ω`*)♪
おめでとうございます(*´ -`)(´- `*)゚+.゚

それにしても,女性なんて妊娠したら回復期も含めて約1年は馬に乗れなくなるわけだから,本当に1人産むだけで大仕事だなと思う。嬉しいことだし幸せなことだろうとも思うけれど。

病気の治療のために3ヶ月ほどジャンプができないなんて,全然たいしたことないよね( ´_ゝ`)

世の中にはもっと大変な状況で頑張っている人たちが大勢いるのだから,愚痴らずに頑張ろう!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


前回のレッスン終了後に,指導員さんに 「次回までに(A2経路)覚えてきますね!」 と宣言してしまったので,あれから2日後の今日が「次回」だということに気付いて,昨日大慌てで経路を頭に叩き込んできた(´∀`;)

せっかくの連休なので,ちょっとは詰めて通いたかったのだ(*´ω`*)♪

今日のパートナーは黒馬くんだった。
最初の頃ほど「重い」と感じることはなくなったけれど,やっぱり調子が出るまでに少し時間がかかるし,障害をやるには最も動きが合わなくて(だがこのコでクロスバーの試合に出たぞ!),ちょっと苦手意識のあるお馬さんだ。でも人懐こいし,顔はとっても可愛い(笑)。


一昨日に引き続き,今日もドレッサージュ馬場での練習。

でも最初の準備運動(常歩+軽速歩で蹄跡行進)が終わったら,調馬索で姿勢の矯正からレッスンがスタートした。

正反動が上手じゃないみたいなのよ(;´Д`)
もう「乗れていればいい」なんて段階じゃないのね。
「きちんと」「きれいに」「人も馬も楽に」乗れるように,精度を高めていかないと。

鐙上げで速歩をして,その状態で手綱も放して,跳ねない位置を探してバランスとって。
「前傾しないで」と何度も言われた。「身体後ろ,もうちょい後ろ」とも。
駈歩でも同じことをした。鐙を脱いで手綱も放して,その状態で,ひたすらきれいな姿勢とバランスを追求する。もうだいぶ慣れたけれど,この状態で追い鞭で加速されると恐い(ので,なるべく自分で脚を使って継続するようにと言われる)。


指導員さん 「顎を引いて目線を上げれば,自然と身体は起きるんだよね。顎上げて目線も上げると猫背になっちゃうから,気を付けて」


なるほど!Σ(=゚ω゚=)
騎乗姿勢に顎の位置が関係していたなんて,今の今まで考えたことなかったよ。でも考えてみれば,確かにそうだ!(☆゚∀゚)

脚についても指摘を受けた。
わたしはどうも脚が鞍から離れてしまうことが多いようなので,腿の内側を鞍に密着させる。そして膝下も馬体に添わせる。

指導員さんは 「馬乗りにはO脚の人が多いんですよ(^_^)」 と言っていた。
そうなのかぁ。わたしはO脚ではないんだよな(´・ω・`) 真っ直ぐ立った状態で両膝がつく。

でもなんとなくイメージはわかった。
脚全体をO型にして,馬体に密着させる感じね。
意識してやってみたら,結構脚の筋肉がキツイ状態だったけれど,確かにこの状態をキープすると安定することがよくわかった。

……この状態を長く続けると,わたしはO脚になってしまうのか?(´∀`;)笑


こういう調馬索を使ったバランスや姿勢の修正って,時々レッスンに取り入れられる。
毎回,自分がひどい状態で馬に乗っていることを認識させられ,内心がっかりするのだけれど,ここを乗り越えなければこの先はないと思って全力で取り組む(1回のレッスンで全部直るわけじゃないけれど)。

姿勢の見直しとか,定期的にメンテナンスされているような気になる。

でも,そうだよね。必要なことだと思う。
普通に生活しているだけでも,様々なクセや習慣が積み重なって,整体が必要になったりする。
ピアノだって1年に1回は調律が必要だ。

正しく理想的な状態から,ズレては戻し,ズレては戻し……そうやって調整しながら先に進んでいくのだ。
本当は自分で自分をメンテナンスできれば1番いいのだろうけれど,惰性で続けていると,ズレていることに気付かないことがあるので(あるいは直す方法がわからなくなってしまうことがあるので),やっぱりこういうことは必要なんだろうなぁと思う。
少なくとも今の段階では,まだまだ他人の手が必要だ。


ちなみに,この調馬索運動の後は蹄跡行進に戻ったのだけれど,指導員さんの「修正モード」は続いていて,

「つま先内!」
「身体後ろ!」
「拳下げて!」

と,ビシビシ指摘が入りました(´∀`;)


指導員さん 「やることいっぱいあるね~(笑)」


ほんとね(笑)
2鞍目は馬場2級経路の練習です。(*゚∀゚)っ♪


【162鞍目に続く】

いつも応援ありがとうございます♪


・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

162鞍目 馬術の世界に片足をかける

2019年5月5日(日) 天気 晴れ

DSC_1189

2鞍目は馬場2級(A2課目)の経路練習ですヾ(=^▽^=)ノ

今日の装備は長鞭と拍車。
経路練習中は鞭は使わなかったけれど,黒馬くんはよく動いてくれました。

気温が上がって暑い日でしたが,2回ほど通して経路を踏みました。
1度目は指導員さんの声掛けによる先導がありましたが,2度目は自分の記憶だけで完走することができました。


速歩で入場。馬場中央で停止,敬礼。速歩発進。右手前蹄跡に入る。
Mから斜め手前変換。MからKにかけて歩度を伸ばす。
2級馬場 ②
最初の速歩での斜め手前変換で歩度を伸ばす箇所で,指導員さんから「いいね!(・∀・)」というコメントが飛んでくる。ちゃんと伸びているのは自分でもわかった。

歩度の詰め伸ばしって,障害のほうでも散々やってたから,それでちょっとは身に付いたのかも。
もう,踏み切り合わせるために,どれだけ神経使って調整してたことか!(´Д⊂;)

蛇乗り3湾曲はやっぱり面白い。
2級馬場 ③
手綱だけでも誘導はできるのだけれど,指導員さんに教えていただいた「内方姿勢」を意識してカーブを描くと「スーッ」と流れるように動ける。

2級馬場 ④
ここ(HからK)でも歩度を伸ばす。

常歩パートが案外気を使う箇所で,うっかり馬がダラダラしちゃうと焦るのよ(=゚ω゚=;)
「馬が気を抜いてる」って,なんか乗っててわかるのね。
2級馬場 ⑤
ここで脚を下手に使うと速歩になってしまうので,拍車が当たらないようにしながら,ふくらはぎで圧迫して注意を促す。

2級馬場 ⑥
駈歩を発進して直径20mの輪乗り。
発進時に人間が動くときれいに発進しないので注意。
……2級の20m輪乗りよりも,3級の10m巻き乗りのほうが難易度高いような気がするのは,わたしだけ?(´・ω・`)

2級馬場 ⑦
駈歩を継続して,MからFにかけて歩度を伸ばす。
特に注意はされなかったけれど,速歩のときと違って,あまり伸びている感じがしない(>_<)

そしてA2で一番難しいと思っている「駈歩で斜めに馬場に入り,中央から速歩に,蹄跡に戻って常歩に」の流れ。
2級馬場 ⑧
まず,斜めに馬場に入る際に速度が落ちそうな予感がするので,脚を入れつつ中央に向かう。
黒馬くんは止まりやすいお馬さんなので,ちょっと手綱を引けばすぐに速歩になる。
速歩から常歩へ切り替えるタイミングが個人的に一番難しくて,早過ぎたり遅過ぎたりと苦労する。
落ち着くことが何よりも大切だと練習中に悟る。
馬場中央「X」から「M」までの距離が短いので,速歩になってから結構あっという間に「M」に到着してしまうのだ。速歩になったら瞬時に頭を切り替えて次の常歩への移行の準備に入ったほうがいい。でもこの気持ちが強すぎると馬が「M」に着くまでに常歩になってしまうのだよ(´∀`;) 難しいな。

この後は手前を変えて,20m輪乗りと駈歩の歩度伸ばしと最後の難関斜め手前変換。

どうにかこうにか,2回の経路練習終了。
A2課目の経路も,やってみれば,あっと言う間に終わる。


指導員さんの総評。

「うん……大体いいね」


そうか……「大体いい」のか。(´・ω・`)←イマイチよくわからない

まあ,2級ともなれば,もはや「駈歩が出ない」とか「継続できない」とか「思った場所に誘導できない」とか,そういう段階じゃないものね。
ここからは「乗馬」ではなく「馬術」の世界だ。
より正確に,より美しく,細部に注意を払って技に磨きをかけていく段階。

細かい点について,いくつか指導をいただく。
運動の始めと終わりがはっきりわかるように,と。
要はポイントごとにメリハリをつけて。
ダラダラ始めてダラダラ終わらせるのはよくない。

例えば,最初の停止&敬礼後の速歩発進は,一回の脚でスパッと思う通りの速度の速歩を出す。歩度を伸ばす箇所では,伸ばすポイントで伸ばし,詰めるポイントですぐに詰める(徐々に加速や徐々に減速はNG)。駈歩の発進も手間取らずにスッと決められた地点から始め,歩様を変える地点ではぴったりその地点から変える。

書いてみると当たり前のことばかりなのだけれど,これを全部正確にやろうとすると,意外と骨が折れるのだ。そこが面白いと言えば面白いのだけれど。
必ず改善点と改善する方法が存在して,そこを探り当てて効果が出たときの快感(?)が馬場馬術の醍醐味かなと,勝手に思っている。

最後にクールダウンのために,指導員さんに先導されながら遊歩道をお散歩する。
新緑がきれいで,風が涼しくて最高でした(*´∇`*)


指導員さん 「経路全部覚えてましたね。速歩で歩度伸ばすのもしっかりできてて……おれ感動したわ .。゚+.(゚∀゚ ).゚+.゚」


感動していただけたようで何よりです(●´ω`●)笑

そして汗をかいていた黒馬くんを,今年最初の水で丸洗いする。
シャワーを浴びてはしゃいでいるような黒馬くんが可愛かった。

暦の上では,明日は「立夏」。気温が上がり,季節が変わる。
乗馬を始めて3度目の夏がやってくる。


いつも応援ありがとうございます♪


・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

163鞍目 フレグモーネ

2019年5月12日(日) 天気 晴れ

gunma-IMG_7939_TP_V

今日は馬場2級経路の練習はお休みです。
お相手は元競走馬の女の子。(*´ -`)(´- `*)


前とは別の指導員さんだったので,病気のためにしばらくジャンプができない旨を伝えたら,想像以上に怯えてしまい,申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
いや,わたしがやりたくてやってるんだから,万が一のことがあっても謝罪や賠償を求めたりしないから大丈夫ですよ。何か異変を感じたり,無理そうだと思ったら自分で止めるから,お願いそんなに怯えないで(^∀^;)
(※昨今のギスギスした社会の風潮から,乗馬クラブも責任問題には敏感になっているのです)

とりあえず常歩で馬場を2周くらい蹄跡行進する。
その後軽速歩をして,横木通過の前に正反動……という流れになった際に,指導員さんから確認が入る。


指導員さん 「正反動,やらないほうがいいですよね……?(´・ω・`;)」

小夏 「え,先週散々やっちゃってました (゚∀゚;)」


馬場2級試験で使うA2経路は,速歩(正反動)で運動する部分がめちゃ長いよ!(・∀・)ノ


指導員さん 「大丈夫なんですか?Σ(=゚ω゚=;)」

小夏 「大丈夫……でした」


結果論でしかものが言えない。わたしの腹腔内でトラブルが起きなければセーフなのだけれど,それが何がきっかけでなるのか,あるいはならないのかはわからないのだ。
激しい運動をしてもならないかもしれないし,日常生活を送っているだけでもなるかもしれない。


指導員さん 「駈歩の動きとかは?」

小夏 「大丈夫じゃないですかね。先週鐙上げの駈歩でバランスとる練習とかやりましたよ」

指導員さん 「ずいぶんハードですね!(((( ;゚д゚))) 医者はやっていいって言ってるんですか?」

小夏 「とりあえずジャンプは禁止されてて,あとは 『控えめに乗って』 って言われました。……正直,わたしも,どの程度の運動までセーフなのかわからないんですよね(´・ω・`;)」

指導員さん 「おれもわかんない……(=゚ω゚=;)」


「控えめに乗る」とは,具体的にどこまでの運動が許された状態なのだろうか。

指導員さんたち,本当にごめんなさい(>_<)。こういう場合,完全に自己責任でクラブには何も言わないでおくか,でなければ休むか,両極端の2択にしておいたほうがよかったのかもしれない。変に気を使わせてしまって,本当に申し訳ない。自分で注意しながら乗って,頑張って健康を保って,そのうち完治させるから,もうちょっとお付き合いいただければ幸いです(´;ω;`)


指導員さん 「まあ,いいや。この馬もフレグモーネあけで無理はさせられないし」


フレグモーネ?(=゚ω゚= )???


新たな単語が飛び出してきたぞ!


小夏 「フレグモーネって何ですか?」

指導員さん 「小さい傷から細菌が入って,菌が増殖しちゃうことがあるんですよ。体力が落ちると腫れあがって熱持ったりするから,治るまで仕事には出せないんです」


【乗馬メモ】
「フレグモーネ phlegmon[e])
外傷から侵入した細菌が,皮膚の下で増殖して炎症を起こす病気。
腫れて熱を持ち,激しい疼痛や体温の上昇を伴う。



そのため,このお馬さんは,ゴールデンウィーク中お休みしていたのだそうだ。
かわいそうに・゚・(ノД`;)・゚・ わたしが最後に乗ったときも,身体がちょっと熱かった気がしたけど(暑い日に運動したせいもあるだろうけど),もしかして,あれもフレグモーネの影響だったのかな。
大好きなお馬さんが病気で弱っているなんて悲しいよ。元気でいてほしいよ。

馬も人も,生き物はみんな,ときには怪我もするし,病気にもなる。
元気が一番。大舞台で活躍するよりも何よりも,健康で幸せそうに生きていてくれることが一番嬉しいよ。


とりあえず,このお馬さんはフレグモーネの症状も治まり,出て来られる状態になったらしい。
今日はお互いに「控えめに」いきましょうね……?(´∀`;)

軽速歩で馬場を回り,蹄跡上に置かれた横木を通過する。
横木の前は速歩(正反動)で。通過時に軽く立ち乗り。

次に駈歩。お馬さんは難なく走る。反動が軽いので,わたしも楽に乗れる。
うん……これで悪化するとは思えないな。大丈夫そうだな。
駈歩でも横木通過。踏み切りが合うように調整。
何度も何度も繰り返す。


指導員さん 「この運動まで大丈夫なら,障害跳んでも大丈夫そうな気がしますけどね(´・ω・`;)」


わたしもそんな気がするよ(´∀`;) 実はジャンプしても大丈夫なんじゃないかって。
低障害のジャンプ時に身体にかかる衝撃は,正直,駈歩や正反動と大差ない。
ただ,落馬リスクが高くなるのは,よろしくないような気がする。

横木がお馬さんの肢に当たってしまうとヒヤリとする。
ああフレグモーネ治ったばっかりなのにごめんね (ノ◇≦。)!!


【164鞍目に続く】

いつも応援ありがとうございます♪


・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

164鞍目 物見

2019年5月12日(日) 天気 晴れ

IMG_2471_s

今日のレッスンは,ジャンプはしないけれど,馬場の練習でもない。
跳ばないジャンピングの練習なのだ。


蹄跡の長辺に3本の横木が並べられ,1本目から2本目の間を2歩で,2本目から3本目の間を3歩で通るように指示される。

お馬さんは勢いがついているので,なかなか詰められない(; -д-)

理想的な頭(というか項(うなじ)? 頭を持ち上げた際に一番高くなる所)の位置を教えてもらった。
競馬とは違い,乗馬ではスピードを出すことに重点が置かれないので,この状態にして馬の運動を人間の制御下に置くのだそうだ。

お馬さんの頭をその位置でキープできるように努力する。
手綱は結構短く持つことになる。

駈歩で走らせていると,少しずつ手綱が長くなってしまうような気がして(以前そんな失敗を繰り返していたので),走らせながら途中で持ち直すことを半ば無意識に行っていたのだけれど,持ち直す際に馬が自由になってしまうらしく(一瞬のことなのに!),「持ち直さないで」と指示を受けることになった。

クセでやっていたことを意識してやらないって,何だかウズウズして落ち着かないのだけれど,我慢して持ち直さずに走行していたら,持ち直していたときよりも上手くできた。


馬の頭の位置と手綱の長さはキープして,手綱は持ち直さない!
まだ難しいけれど頑張るぞ!.。゚+.(`・ω・´)゚+.゚


あとは歩数の調整。難しいことこの上ない(;´Д`)
詰めながら跳ぶって何さ。
障害跳び始めたばかりの頃は,どちらかというと,勢いよく駈歩して,その勢いのままパーンッと通過する感じだったじゃない。
馬って勢いついてないと跳ばないのかと思ってたんだけど,歩数調整でゆっくりな駈歩して,それでいて直前に脚入れて跳ばすっていう,なんかこう……勢いで押せないような練習になってきた。


指導員さん 「この練習,地味だけど大事なんですよ(*´∇`*)」


そっかぁ。大事なんだ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


何度も同じ練習を繰り返していたら,軽く事件が発生した。
「抑えきれないな~(>_<)」と思いながら横木通過をしていたら,お馬さんが2本目の横木を通過した直後,いきなり高速で横にすっ飛んだのだ。


小夏 Σ((゚ロ゚;)))!!!!?


びっくりしたものの,蹄跡に戻して,壁にぶつける感じにして止める(馬はぶつかりたくないので,勢いがついていても止まる)。


小夏 「今の何ですか!?(((( ;゚д゚)))」

指導員さん 「今のは物見ですね」


お馬さんは,どうも指導員さんが壁に立てかけた障害の支柱に驚いて横っ跳ねしたらしい。
障害の支柱なんて見慣れているだろうに,さっきまでなかった物が現れると,見慣れた物であってもびっくりするようだ。

よく,競技会なんかで 「この馬よく物見するんですよ」 なんて会話を耳にする。

「物見(ものみ)」って,漠然と,「よそ見」みたいな意味だと思っていたので,「集中力に欠けた,ぼんやりした状態かな」なんて思っていたのだけれど。


とんでもない。そんな可愛らしい状態じゃないよ。


何かに驚いて突然横にすっ飛んだりするような状態のことだよ(しかも高速で)。

落ちたりはしないけれど,自動車で事故を起こしかけたときのような,肝が縮む感じがする。急ブレーキ踏んだり,急ハンドル切ったりして「危ない!Σ(゚д゚;)」と思って回避する,あの感じ。( いや,わたしだってそんな状況に陥るのは,ごくまれにですよ?(´▽`;) )

危険であることには間違いない。「物見」って恐いぞ((((; >_<))))


そしてこんなことも(´∀`;)

手綱が長くならないように,「持って!」って何回も何回も言われてたのね。
前に行かせないように。ゆっくりな駈歩で横木通過できるように。
だけど持つと,特に横木前で前進気勢を失い,駈歩を止めてしまったりする。
だから手綱を短く持ちながら脚を入れたりする。

それでも何だかしっくりこない。
ある程度は改善して,最初の横木はそれで割とゆっくり入れるのだけれど,その後は止められない。横木と横木の間で詰められない。無理に詰めれば速歩になってしまう。駈歩3歩なんて入りそうにない。きれいに全部駈歩で行くことが難しい。

四苦八苦していたら,指導員さんが乗り替わってくれることになった。
見ていたら,それでも最初は「合わないな」とか言いながら探っている状態で,後半何かコツをつかんだようできれいに駈歩で通過するようになった。

運動をやめて,こちらに来ながら放った衝撃のひと言。


「わかりました。こいつ,持ち過ぎちゃダメです」


Σ(=゚д゚=;)え??!!!


指導員さん 「散々『持て,持て』言っててすみませんでした(´∀`;)」


おい(笑)


この後,「持ち過ぎずに」乗ったらスムーズに行けました(笑)。


「これがこの馬の限界かなぁ(´・ω・`)」と,指導員さんは言っていた。

「個体差がありますから,できることとできないことがあるんですよ。その馬なりのいいペースっていうのがありますからね(´∀`)゚+.゚」

う……うん(●´ω`●;)笑

つまり,この馬ではもう詰められないペースにまで詰めようとしていたってこと,かな?
すごい良い馬になると,すっごい詰めても駈歩で行けるんだって。


指導員さん 「小夏さんにも,一度,今外にいる馬(※ランクが上の高い馬)乗ってみてほしいですよ。このくらいの距離4歩か5歩でも行けますよ」


そうか,馬も色々なんだな。
今のお馬さんたちにだって,しっかり乗れているとは言えないけれど。
とりあえず現在のレベルをきちんとものにしたい。
いつどの馬に乗っても,安定した力が発揮できるように。


鹿毛子は疲れたのか「ふー……( ´_ゝ`)」なんてため息をついていたけれど,水も飲んで,人参もおいしそうに食べていたので安心した。濡れたタオルで頭絡の下あたりを拭いてあげると気持ちよさそうな表情を見せた。かわいいなぁ(●´ω`●) 元気そうでよかったよ。

わたしがジャンプできるようになったら,そのときはまたお願いね。
そのときまで絶対に元気でいるんだよ!(。・ω・)人(・ω・。)


いつも応援ありがとうございます♪


・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

165鞍目 乗りたい欲

2019年5月19日(日) 天気 晴れ

DSC_1265

もうすぐ2歳になる甥っ子に,ベビーイエローのロディをあげました(●´ω`●)♪

RODY ロディ ベビーイエロー

家族には「ロバじゃないの?」と言われましたが,ロディはイタリアのレードラプラスティック社が発売している をモチーフにしたおもちゃです。

ロディの公式通販サイト

もともとバランスボールを作っていた会社の製造だそうで,ロディに乗ることは運動神経やバランス感覚や体幹を養うなど,子どもの発育によいのだそうです。口に入れても安全な素材で,200kgまで耐えられる! すばらしい!(*´∇`*)

甥っ子にあげたら,何も教えていないのに勝手に飛び乗って喜んでいたので,人間には乗れそうな形状の物には乗ってみたくなる本能があるのかもしれないと,密かに思ったよ。

昨年買ったイナリツウさんの漫画 『馬には乗ってみよ』 の冒頭の言葉


人間には「食べたい」以外にも、動物に対する三大欲求があると思います

「触りたい」
「餌をあげたい」
そして
「乗ってみたい」



を思い出す光景だったなぁ。

ちなみに,この漫画のこの後の説明文が秀逸ですごく好き。


この三つめの欲求 「乗ってみたい欲」 は
一部の限られた動物でしか満たすことができません

限られし生き物の中で
有史以来最も人々の乗りたい欲を刺激してきた生き物……

それが『馬』です



(≧∀≦)笑
「 馬 = 最も乗りたい欲を刺激する生き物 」

うん。わかる。わかるよ。
世界中でどれだけの人が魅了されて,乗りこなすことに挑戦し続けてきたことか。



さて,今日も地道に練習。(。・ω・)ノ♪

激しい運動をしてはいけない病気があるわけだけれど,健康のためには運動していたほうがいいのだろうなと,ギリギリのラインを狙ってレッスンに通う小夏。
自重したほうがいいのだろうなと思いつつ,「乗りたい欲」にあらがえない。

「乗りたい欲」ってあるよ,本当に。
普段は皆の中に可能性として眠っているだけなんだろうけれど,この欲を目覚めさせられちゃった人間が馬乗りになるんだよ,きっと。

ちょっとくらい具合が悪くても,仕事が忙しくても,金欠であっても,この欲のせいでせっせと乗馬クラブに通うんだよ。


今日のパートナーは久しぶりのちび馬くんだった(*´ -`)

笑顔で馬房に迎えに行ったものの,手を伸ばすと耳を絞るお馬さん。
頭絡をつける前に,勝手に馬房から顔を出し,通路に落ちた牧草を食べ始めるお馬さん。
どうにか頭絡を装着し,引いて歩くものの,通路上にある他の馬のエサに目を光らせるお馬さん(速歩で通過させてつまみ食い阻止)。
手入れ中も馬装中も,頻繁に機嫌を損ね,しょっちゅう耳を絞るお馬さん。


……安定の「怒りんぼ」具合(笑)。


馬に性格があるって本当ね。
素直なコもいれば,頑固なコもいて,人懐っこいコもいれば,誰にも愛想なんて振りまかないコもいる。隙あらばサボろうとするお馬さんもいれば,不思議と真面目に仕事をしているお馬さんもいる。体調を崩しやすいお馬さんも,頑丈なお馬さんも。

慣れてきたのか,なんだか,そういうものにあまり振り回されなくなった。
最初の頃は,例えば,怒りんぼのお馬さんが耳を絞ったり反抗したりすると,悲しくなったり反発したり,扱いにくさにうんざりしたりしていたのだけれど,今ではそういう感覚がだいぶ静かになった。

「いい馬」も「悪い馬」もいないのだ。
ただ人間がそう決めているだけで。

以前に読んだヨガの雑誌の中で,「物事を主観でジャッジせず,あるがままに受け止めてごらん」というようなことが書かれていたことを思い出す。

「これが正しい」「これが間違っている」,「これが好き」「これが嫌い」,そういった反応が沸き起こる直前の,あるがままを受け止めている状態。その状態が「愛」なのだと,そのコラムの中では書かれていた。

どんなに怒りんぼでも,どんなに扱いづらくても,どんなに無愛想でも,きみのことはそのまま受け止める。その状態は,自分自身にとっても非常に楽で心地よい状態なのだと知っている。


さてさて,前置きが長くなったけれど,自らの「乗りたい欲」を満たすために騎乗。
常歩で蹄跡を歩かせて,馬場を1周したら,今度は軽速歩で。
拍車のせいなのか何なのか,最近,どの馬に乗っても「重い」と感じる機会が減った。
動くんだよ,何でか知らないけれど。
常歩だって元気だし,すぐに速歩になるし,速歩で速度を上げることもできる。
鞭を使う機会もだいぶ減った。手に持っていることはあるけれど,使わないままレッスンが終了することもしばしば。
今日も蹄跡上の横木通過。
何度かやった後に駈歩発進。
駈歩もすいすい。まだ完全にコントロールできているとは言えないけれど。

ここまでできれば,「乗りたい欲」は大体満たされる(笑)。
ここから先は,「もっと上手になりたい欲」の世界。

今日も抑えることに苦労する。
肩を後ろに引いて,身体を起こして,馬の頭を上げさせつつ脚を入れて。
上手くいったりいかなかったり。

うーん……一朝一夕にできるようになったりはしないものだなぁ……(≡ω≡ ;)

【166鞍目に続く】

いつも応援ありがとうございます♪


・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

小夏

乗馬歴2年ちょっと。動物が大好きで,田舎で乗馬を楽しんでいます。ティーエキスパート(紅茶)と図書館司書と学芸員の資格を持っています。趣味は読書と乗馬。ホースウェディングをして庭でポニーを飼うのが夢。

Dalahäst


北欧スウェーデンの幸せを運ぶ馬
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらから