馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

流鏑馬

馬を走らせ弓を引く〈始〉

2019年11月3日(日) 天気 晴れ 時々 くもり

_20191105_185807

ずっとやってみたかったことがありました。
どのくらい乗れるようになったらできるだろうと様子を見ていましたが,そろそろ機が熟したかなーと思ったので挑戦してみることにしました。


走る馬の上で弓を引く 「流鏑馬(やぶさめ)」 です。


実は今年になってから妹が引っ越した市に流鏑馬の練習ができる乗馬施設がありまして,「これはもう運命じゃない?.。゚+.(・∀・)゚+.゚」「神様にやれって言われてるんだよ!(´∀`)」などと勝手に盛り上がり,妹を訪ねがてら行って見ることにしました。

子どもの頃,映画『もののけ姫』を観て,走る馬の上から弓をうつっていうのにものすごく憧れたんですよね(●´ω`●)♪


※注:ヤックルは馬ではない。


え,だってもう,カッコいいじゃん。
こんなのやりたいって思うじゃん。
バーッと走って,パーンッってやりたいじゃん。

というわけで,やってみることにしました(・∀・)ノ☆
DSC_0772

昼前に妹宅を訪問し,昼過ぎに乗馬施設に到着。
かわいい動物たちと親切なスタッフに出迎えられます。
DSC_0787

まずは説明と支払いと,現在の乗馬スキルについての質問がある。


スタッフ 「馬にはどれくらい乗ってるんですか」

小夏 「200鞍くらいかなぁ(*´∇`*)」


本当は190鞍も乗っていないのに,微妙にサバを読む小夏。


スタッフ 「今も継続して乗ってますか?」

小夏 「昨日も乗りました♪」

スタッフ 「そうなんですか。いつもはどこの乗馬クラブに通ってるんですか?」

小夏 「あの障害馬術で有名な所です('▽'*)」

スタッフ 「じゃあ,ツーポイントも大丈夫ですね(^_^)」

小夏 「はい!」


ここを「はい」と言えるようになるまでに,どれだけかかったことか!。・゚・(ノД`)


まずは弓の練習をすることになった。
弓を手にするのなんて初めてだよヾ(´ω`=´ω`)ノわーい♪

きのこの生えている林を抜け,森の中の練習場へ。
DSC_0764

夏はきっと涼しくていい感じの場所だ(だが11月の今日も蚊が飛んでいた!)。
DSC_0765

乗馬用の手袋をして(本当は革がいいらしい),ベルトがなかったので,腰に帯のような布を巻いてもらう。矢を3本,ここに差しておくのだ。
腰の右側に,1本ずつねじって下げるようにしてセットしていく。
矢筒を背負ったりしているわけじゃないのね。
流鏑馬では馬に乗りながら,ここから矢を取って,弓につがえていくのだ。

そして練習場で的を前にして,弓を持たずに型を教えてもらう。
基本的な動きを,まずは覚えていかないと。


【素振り】
①的を左手にして真っ直ぐ立つ(下に馬がいると仮定して足を開く)
②両手を「前にならえ」
③そのまま両手を上に上げる
④左手と顔を真っ直ぐ的の方に,右手を顔の横に
⑤右手を放して放つ


弓って,こんな風にやるんだ……。全然知らなかった。

次に弓を手にして,実際に矢をつがえてやってみる。
細かいポイントが山ほどあって,隣にいる女性スタッフに指導してもらいながら何度も挑戦する。


【矢のつがえ方】
①左手で弓を持つ
②右手で矢を取り,弓を持っている左手に矢が直角になるようにセットする
③右手で矢を押し,弦に近づいたら右手の薬指と小指で弦を引き,矢羽の後を親指と人差し指でつまんで溝にひっかける
④左手でセットした矢を押さえながら,右手は一度放し,親指と人差し指でやや上から覆うようにしてつかむ
⑤弓矢を持ち上げて,前に押すようにして開きながら的に狙いを定める
⑦左手は矢を上から押さえていた親指を外して下にし,人差し指で的を指すようにする
⑧このとき真っ直ぐにした腕と矢は唇の高さになるように
⑨矢がグラグラしないように,右手でやや弓側にひねるようにすると安定する


この状態で右手を放すと矢が飛ぶ!(*゚▽゚*) ゚+.゚
的までの距離は3m。近いので結構当たるけれど,これが馬に乗ると全然当たらなくなる。

「弓を引く」という言葉があるけれど,「後ろに引く」よりは「前に押す」感覚のほうがやりやすい。
そして思った以上に肩甲骨を寄せて胸を開くことなる(腕だけでやろうとすると無駄な力が必要になる)。矢の位置が唇よりも下がってしまうことが多くて苦労する。

これを次から次へと繰り返していく。何しろ流鏑馬は1度矢を放ってもすぐに次の的がやってくるのだ。「矢継ぎ早」の語源がこれらしい。
「慌てなくていいから,まずはきちんとセットして矢を放てるように」と教わる。


小夏「 馬に乗りながらこれができる気がしないです(>_<)」

スタッフ 「でも,段々よくなってますよ。型もきれいに決まってて,筋がいいんだと思います」


褒められて嬉しくなりかけたものの,「いや,でも,マニュアルに『下手でも何でもとにかく褒めろ』って書いてあるのかもしれない!(゚д゚;))」 などと思い直す,若干人間不信な小夏。

心を鎮めて淡々と繰り返すうちに,少しは安定してできるようになってきた(でもまだ手元を見ないとセットできない)。

大体できてきたところで,今度は馬に乗るために元の場所に戻り,準備のために「休んでいてください」と言われる。


お茶を飲んでから,放し飼いされていたロバさんと遊んだり,
DSC_0760

人懐こいワンちゃんと戯れたりして時間を過ごす。
DSC_0758

遊び回っていたところに呼び声がかかり,馬繋場の前に戻る。

いつものヘルメットのほか,安全のためにエアバッグを装着。
そう言えばわたし,プロテクター(エアバッグ)って初めて身につけたわ。
腰に矢を差すので,エアバッグは上だけ留めて下は開いたままにしておく。

わあ~,いよいよ馬に乗るんだ~(´∀`*)♪

紹介された今日の相棒は,ばんえい競馬で使われるような,とっても大きなお馬さんだった。外乗から帰って来たばかりで,少し汗ばんでいる。

ワイルド系のイケメン馬。
DSC_0777

馬体重は800キロくらいとのこと。いつも乗ってる馬の倍くらいある……!

手綱は流鏑馬用に,2箇所くらい結ばれて固定された状態になっていた。先月,手綱を放して障害を跳んだ際にも,指導員さんが手綱を似たような形状に結んでいたことを思い出す。

さて,この大きな大きなお馬さん。乗ってみたら高いし幅はあるし,いつもと勝手が違うことに不安を覚えた。

どうしよう,この大きさのお馬さん恐い。(((( ;゚д゚)))
いつもポニー寸前みたいなサイズの馬に乗ってるから,なんか全然御せる気がしない。

身体は大きいけれど,中身は子どものようなものなので,練習場に行くまでに頻繁に道草を食うお馬さん。
これがいつも通っているクラブで,鞭を手にしていたら,パシッと一発打っているところなのだけれど,そういうわけにもいかないので,手綱を引いて,あとは傍に付いているスタッフが頭絡を引いて止めさせるのを待つだけだった。

はわわわわ('A`|||)
どうしよう,わたし初心者だってことを見抜かれて「言うこと聞かなくてもいい人」だと認定されてしまったのかも。

長い走路に出て,常歩でスタート地点に向かう。
流鏑馬は向かって左側に的を見ながら真っ直ぐ走るので,一方通行なのだ。
進みながら,走路の随所にスタッフが待機しているのが見えた。

馬だまり(走路に出る前の待機馬場のような広場)に1人。
一の的に1人。
二の的に1人。
三の的に1人。
走路の端に1人。

合計5人+傍で見守っている会長さん。

1人と1頭が流鏑馬の練習をするだけで,これだけの人手が必要になるのかと,びっくりしてしまった。
これは体験料が高額になるわけだよ。
わたし1人が練習するために,6人と1頭がかかりきりになるという贅沢をするのだから。


まずは手綱を持った状態で,走路を速歩で行く。
うん……なんか,普通だな。

常歩で馬だまりに戻り,今度は駈歩。
駈歩は自分で発進しなかった。
スタート地点にいたスタッフが,頭絡を持って自分も走り,鷹匠が鷹を放すような要領で馬を投げるようにすると走り出すのだ(そういう風に調教されているらしい)。

走路を駈ける馬。

スタッフから「片手放してください」と声がかかり,パッと右手を放して横に広げる。

続いて「余裕があったら両手放して!」と言われ,もう片方の手も放し,両手を広げた状態で駈歩で走路を行く。

大きいサイズのお馬さんは,何かすごく安定感があった。
どっしりしてるし,背中もガタガタしないし,座れる幅が広いから,高さがあるという面を差し引いても,不安感は少なくて済んだ。

対処できそうな感覚があったので,恐怖はほとんど感じなかったと言っていいと思う。

走路の途中から速歩になってしまい,走路の端にいたスタッフに 「ごめんなさい,(駈歩に)戻せませんでした(´∀`;)」 と謝りながら到着。継続の脚を入れる余裕はなかった……。そもそも,わたしの脚がこの巨体に効くのかどうか自信がない。

手放しで乗ることができたので,次の段階へ。
また常歩でスタート地点に戻る。
馬だまりの前で,弓を持ったスタッフが話しかけてきた。


スタッフ 「……200鞍って,どのくらいの期間かかってますか?」

小夏 「3年くらいかかってるんですよ(´∀`;) 週末しか行けなくて,すごいかかってます」

スタッフ 「いや……」


10年乗っててもなかなか手を放せなかったのにと,スタッフさんは言っていた。


期間がどうかって話はわからないけれど,わたし,ここに来る前に,両手放して障害跳んでるんだもん(´∀`;)
それに比べたら,手を放すのが平地なだけ,まだ気が楽というか……。

たぶん,手綱から手を放して乗る練習は,調馬索から始めるとスムーズに習得できると思う。
「こんな感覚」っていうのがわかっていると,実行に無駄な力が入らない。


さあ,いよいよ弓と矢を持って走る練習!

右腰に3本の矢を差し,左手に弓とセットした矢を持ち,発進のときのみ手綱を持ってスタート!

馬走る。
弓上げる。
狙いを定めて矢を放つ。

ああ全然関係ない方に飛んでいく!
(;TДT)

次の矢をセットして。

うわ,あれ?  なんか放せなかった!?Σ(=゚ω゚=;)

馬が速歩に減速。
うわあガタガタする。
ああ上手くセットできないああー……

【 終 了 】


全部で5走したのだけれど,今日は1回も当たらなかった(T∀T)笑
これは難しい!
「なんか放せなかった」っていうのが意外と多いのと,セットにもたもたしてたのと,全然的を狙えなかったのと,馬が5走とも全部途中から速歩になったのと……課題が満載。

馬を駈歩に戻すよりもまずは弓を優先してとスタッフには言われた。
確かに,これ,弓を何も見ずに扱えるように身体に習慣として叩き込まないとダメだ。
こんな付け焼刃でできるわけない。

あと,ツーポイントもうちょっと頑張ろうと思った。特に速歩になったとき,馬の上下の振動をまともに受けて身体が上下してるから,もう狙いを定めるどころの話じゃないの。

スタート地点に戻りがてら矢を回収していくのだけれど(そのためにそれぞれの的の傍にスタッフがいる),あまりにもヒドイ出来で,ちょっと恥ずかしい思いをしながら返っていくことになる。

くうぅ~(; -д-) 初心者なんだから出来ないのは当たり前なのだけれど,それにしてもこんなの目茶苦茶だ。やりたいと思ってできないのって,純粋に悔しいのね。


ちなみに,最後3走くらいをスタッフにスマホで撮影してもらったのだけれど,速歩になって上下にガタガタ揺れまくり,おたおたしながら矢をつがえ,変な所に矢を落として,おまけにわたしは照れ隠しでヘラヘラ笑っている 「ダサさの極み」 とでも言うような動画が出来上がってしまった。
人様に見せられないばかりか,自分で見直す際にも深呼吸が必要になるほど危険な動画が,今,スマホに保存されている。


1回も当てられないまま体験は終了し,お馬さんを歩かせて蹄洗場に戻る。
流鏑馬面白かった!(*´∇`*)♪ 
初めてのことをやるのは,いつも楽しい♪

でもやっぱり悔しかった(笑)

わたしのような人間は,できないまま終了となると燃え上がって戻らずにはいられないので,できるようになるまであと何回か通おうと思います。

このままでは,終われない……!(>_<)

また挑戦したらご報告します(*・ω・)ノ 
DSC_0790

いつも応援ありがとうございます♪

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村



馬を走らせ弓を引く〈睦月〉

2020年1月11日(土) 天気 くもり 時々 晴れ


DSC_1173
令和二年,最初の満月の日。
昔の日本で採用していた太陰暦では,年明け最初の満月の日が「お正月(元旦)」とされていたようです。
鏡開きの日でもあったので,飾っていた鏡餅を食べてから自宅を出ました。

今年最初の流鏑馬です!(*´∇`*)

曇っていましたが,乗馬施設に向かう途中,度々雲間から光が差し込み,神秘的な光景を何度も目の当たりにしました。まるで雲海の中を飛行しているようでした.。゚+.(*´ェ`*)゚+.゚

DSC_1181
クラブに到着。
今年はそんなに寒くないとは言え,さすがに1月の雲の多い日ともなれば冷え込む。
冬用キュロットとロングブーツ,ライダーズジャケットにネックウォーマー。
しっかり防寒して行ったけれど,

さ・む・い!(笑)

放牧場脇の休憩所に薪ストーブがあり,ありがたかったです。


今日もまずは弓の練習。
会長自らご指導してくださいます。
(会長は父の形見だという200年くらい前に作られた弓をお持ちでした。)
2か月前の練習を思い出しながら,矢をつがえ,放つ練習。

DSC_1176
落ち葉に覆われた森の中の練習場で練習します。

前回のおさらい(*・ω・)ノ

【矢のつがえ方】
①左手で弓を持つ
②右手で矢を取り,弓を持っている左手に矢が直角になるようにセットする
③右手で矢を押し,弦に近づいたら右手の薬指と小指で弦を引き,矢羽の後を親指と人差し指でつまんで溝にひっかける
④左手でセットした矢を押さえながら,右手は一度放し,親指と人差し指でやや上から覆うようにしてつかむ
⑤弓矢を持ち上げて,前に押すようにして開きながら的に狙いを定める
⑦左手は矢を上から押さえていた親指を外して下にし,人差し指で的を指すようにする
⑧このとき真っ直ぐにした腕と矢は唇の高さになるように
⑨矢がグラグラしないように,右手でやや弓側にひねるようにすると安定する


【今日の補足】

③右手で矢を押し,弦に近づいたら右手の薬指と小指で弦を引き,矢羽の後を親指と人差し指でつまんで溝にひっかける

このとき,矢羽の後を親指と人差し指でつまみ,「内側にひねりながら」セットする。

④左手でセットした矢を押さえながら,右手は一度放し,親指と人差し指でやや上から覆うようにしてつかむ

矢をつかむ右手は親指を下げ,小指を除いた他3本の指でも矢と弦をつかむ。


最初は手順を思い出すことに精一杯だったけれど,後半は前回よりもスムーズにできるようになりました。
何十回も練習したけれど,当たらずに遠くに飛んでいってしまったのは,2回だけでした。
前回はもっとたくさん外していたので,進歩です♪ヾ(´ω`=´ω`)ノわーい♪
会長さんも褒めてくださいました。

会長さんは練習をみながら,弓の話や流鏑馬の大会の話をたくさんしてくださいました。
海外のホースアーチェリーの大会によく呼ばれて行くそうなのですが,弓の性質が全然違うのだと話していました。


会長さん 「日本のは神事だけど,向こうのは,ほら,ハンテングだから」

小夏 「半天狗……?(´・ω・`)」

会長さん 「ハンテング。狩り」

ああ,hunting ね! (´▽`;)
半天狗って何って思ったよ!



わたし空耳が多いんですよ……。
以前も,いつも行っているクラブで,

指導員さん 『すみません! 今からここにシンバが来るみたいで!』

小夏 『シンバ!?Σ(=゚ω゚=;)』 

指導員さん 『新馬です!』

なんてことがあったなぁ。
「シンバ」と聞いて,『ライオン・キング』の主人公しか浮かんでこなかったよ……。


話が逸れましたが,弓の練習は無事終了しました。(´∀`;)
矢をセットするところが,まだ少しモタつくことがある。
これはもう,ひたすら反復練習して身体に覚え込ませるしかないみたい。

ここに来たときだけ練習するのでは限界があるため,自分用の弓矢を買おうかな。
職場近くに弓道場があったから,そこを使わせてもらえるといいなぁ。

弓ってね,上手く的に当たると パアァァンッ って,すごい爽快な音がするの(*゚∀゚)

仕事帰りに無心で打ち続けたら,相当なストレス解消になる気がします(*´∇`*)笑


弓練習を終え,馬に乗るために元の場所に戻ります。
今日は,先輩の女性2人が一緒に練習することになりました。

お馬さんは,前回と同じ大きな青毛のコでした。
DSC_1182
大きいけれど大人しくて,おやつをねだったりと子どもみたいで可愛いのです(*´ェ`*)♪

3人一緒なので,先輩2人に続いて,わたしは最後に走ることになります。
まずは,「馬だまり」まで行って,そこから速歩で走路を一走り。
戻るときに気持ちが急いで速歩してしまったら,スタッフに「帰りは常歩で」と注意されました。

その後,駈歩で走路を行きます。最初は弓矢は持ちません。

前2人の先輩がね,もう,駈歩じゃなくて襲歩なんですよ,襲歩!('A`|||)
競馬場でよく見る「ギャロップ」ってやつです。
ものすごい速さで駈け抜けていって,見ながら恐れおののいていました。
あ,あんな速さの馬に乗ってる人,間近に見たことないよ……(((( ;゚д゚)))

わたしはわたしで,そんなにスピードの出ないお馬さんに乗っているので,普通に駈歩で。
もう「手を放す練習」とかじゃなくて,できるものと思われているようで,先輩たちに引き続き,流れに沿って駈歩して手を放していきました。
前回は,全部途中から速歩になってしまったので,改善しようと「速歩になりそう!」と思ったときに脚を入れてみました。
ブルトンの血を引く800㎏の巨体にも脚は有効だったようで,お馬さんは最後まで駈歩を継続してくれました!ヾ(´ω`=´ω`)ノ♪
わぁ~脚効くんだ~.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 何だか嬉しい(●´ω`●)♪
ちなみに,今日は拍車は使っていません。
両手を放した状態で継続の脚を入れるという未知の行為でしたが,上手くいって嬉しかったです。

さあ,そして,いよいよ弓矢を持って的を狙う練習!
先輩たちは,襲歩の馬に乗っているだけでもすごいのに,次々に弓に矢をつがえて的を狙っていきます。しかも当たる! すごい!Σ('◇'*)!

なんか最後に1人だけ,今日が2回目のまだ一度も的に当てたことのない自分がいて,場違い感がすごかったのだけれど,い,いいよね……? 誰だってこんな時期あったよね?(´∀`;) モタモタくっついてきてるけど許して。

駈歩で走り出して,継続の脚を入れつつ弓矢を構え,的を狙う。

一の的外れ!
弓矢をセット,構え。
二の的外れ!
弓矢をセット,構え。
三の的外れ!

「難しい~ (´▽`;)」 と愚痴りながら走路の端へ。
見守っていたスタッフさんや会長さんが 「でも一応全部打ててたね」 と笑って慰めてくださった。

今日は各的に三つずつ高さの違う的が用意されていました。
スポーツ流鏑馬で使う的で,高い順から「面」「胴」……あと何か一つ一番低いやつになっているのだそうです。スタッフさんには「とりあえず真ん中(胴)狙ったら?」と言われていました。

余談になりますが,わたしの身体が歪んでいるのか,今日は右の脚の踏み込みが弱いことに,走行中に気づきました。バランスを崩しそうになる瞬間を感じることがあり,何度か意識して右に重心を持っていきながら馬に乗っていました。
こんなこと修正したり調整したりしながら,弓構えて的狙ってるんだもん。
乗馬って本当に,上半身と下半身がバラバラに動いて成り立つものなんだなと感じました。
……整体にでも行ったほうがいいのかな(´・ω・`)

2走目も3走目も,なかなか当たらない。
慌ててセットできなかったり,何故か放せなかったりする回数は前回より減ったけれど,的を狙うってやっぱり難しい。

4走目。
一の的と二の的を外し,その後速歩になってしまったけれど,そのままにして矢をつがえ,的を狙い……

当たった!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

人生初の,流鏑馬で的を射ぬいた瞬間でした。
すごく爽快ないい音が森に響きました。

……実は「胴」を狙ったけど「面」に当たったってことは内緒にしておいてください(笑)。
当たったからいいの。そういうことにするの(笑)。

5走目。
今まで全然走る気がなかったのに,何故か一番やる気を出して爆走するお馬ちゃん。
速さに慌てて,二の的と三の的の矢のセットが冷静にできず,矢は明後日の方向に飛んでいきました。……手綱持たない状態で,加速はできても減速って厳しくないか?(;´Д`)

やっぱりスピードはゆっくりなほうが,的は狙いやすいようです。

結局,この日的に当たったのは一回だけ(ほぼまぐれ)。
力不足を痛感しました。

うん,でも,きっと少しは上手くなってる。

【前回より良くなっていたこと】
①矢がグラグラしにくくなった
②地上の弓矢練習で的を外す回数が激減した
③駈歩を継続できるようになってきた(前回は5走とも全部二の的のあたりから速歩になってしまったけれど,今回は2走くらい三の的の前で速歩になってしまっただけだった)
④まぐれでも一回的に当たった!
⑤前回よりも馬への親しみが湧いた

少しでもよくなっている部分があったなら,上出来.。゚+.(●´ω`●)゚+.゚
そういうことにしています。

お馬ちゃんから降りて,馬装を解いて,無口をつけて,ブラシはスタッフさんがかけていました。手入れの様子を見ながら


小夏 「大きいと裏掘りが恐いです(・∀・;)」

スタッフ 「やってみますか?」

小夏 「やります!(☆゚∀゚)」


重種馬の裏掘りを初体験。
体重があるし大きいので,事故が恐いのですが,大人しくて素直に肢を上げるので,そんなに難しくはありませんでした。ただ間違っても足を踏まれないようにとヒヤヒヤ。
こんなに大きいのに人間の言うことを聞くなんて,きみはいいコだな(*´ω`*)♪

今日は色々と進歩がみられて嬉しかったのですが,もっと上手になってスムーズに的を全部射ぬけるようになりたいので,もう少し練習しようと思います。

また体験したら報告しますね(o^∇^o)ノ

いつも応援ありがとうございます♪

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村



馬を走らせ弓を引く〈如月〉

2020年2月8日(土) 天気 晴れ

今年は1月に1回のペースで練習に来ることに決めたので,また流鏑馬レッスンにやってきました!
DSC_1274
晴れた!
わたしがここに来るときはいつも雲っていたので,初めての快晴がとっても嬉しいです(*^^*)

会長さんが,わたし用の弓矢を用意していてくださいました。


小夏 「この弓に書いてある『8』って何ですか?(´・ω・`)」

会長さん 「それは弓の重さ」

小夏 「え! 8キロあるんですか? この弓!?(゜ロ゜;」

会長さん 「いや,そうじゃなくて,弦の強さね。女性なら7か8くらいでいいかなと思って。あんまり軽くても飛ばないからね」


知られざる弓の世界。
世の中にはやってみなければ分からないことが多過ぎる。

会長さんに弓の扱いや弦の張り方を教えていただきました(*^^*)
これも慣れるまでちょっと大変かも?

まずは弓の練習。
DSC_1278
矢場に向かいます。

馬のいる場所は「馬場」ですが,弓矢の練習をする場所は「矢場」と言うようです。

DSC_1281
的。地面から的までの高さは130センチ。

今日はわたしともう1人の女性のお客さんと合同の練習でした。
上手な人と並ぶと 「自分って……!('A`|||)」 と失望しかけるのですが,まあそもそも自分にそんな過剰な期待をしているほうが間違ってるよなと思い直し,持ちこたえます。

集中集中。自分に集中。

DSC_1282
あの青い色の的が走路にある「胴」の的。

弓の練習を終え,今度は馬に乗って弓を使う練習。
前回来ていたベテランのお2人がまた一緒でした。
今日は4人+4頭でのレッスン。


今日のわたしのパートナーは……
DSC_1291

この子!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSC_1294
真っ白でふわっふわの重種の女の子(*´ω`*)

DSC_1297
お耳

DSC_1296
お目め

DSC_1295
お口

かわいい~(*≧з≦)♪
前の黒いお馬さんと同じく,体高170~180cmの大きなお馬さん。
大きくて可愛いって,何なのこの生き物! 大好き(笑)

空気は冷たく,風が強い日でした。
今年の冬は暖かいと思っていたけれど,立春過ぎた頃からガクンと気温が下がり始めました。
冬としてはこれが普通なのだと思うけれど,やっぱり厳しい寒さは辛いなと思ってしまいます。

そして,風が強くて寒い日は,どういうわけかお馬さんたちが元気になるのですよ……。
無事に終えられますようにと,祈りながら馬の背に跨りました。

いつものように皆で走路を進み,速歩で一度通り,その後駈歩で両手を放して乗ります。
今日乗っているお馬さんは「いつも途中で走るのをやめてしまう」と言われていたのに,最後まで元気に駈歩していました。ええ,それはもう元気過ぎるくらいに。

そして弓を構えて,一走目!
先頭を行くベテラン2名のお馬さんが襲歩で爆走。
今日が流鏑馬2回目だという方(ただし乗馬歴は10年以上なのでわたしよりも先に出発)のお馬さんも,いつもは重いと評判なのに爆走。

わたしが乗っている白馬ちゃんも,走路に出る前からそわそわして落ち着かない様子。
傍にいたスタッフに「まだだよ! まだだよ!」 などと言われながら走路に向かい,スタッフが頭絡から手を放した瞬間に爆走。
いやまだカーブだし! ちょっと!Σ(=゚ω゚=;)

直線に出るまで片手で手綱をつまみ,手を放して一の的に向かって弓を構え……ようとしてそのまま通過!


何この速度!!!! Σ(゚д゚;))))


障害でもこんなスピード出さないよ!?(´д`;)

さすがに襲歩までいかないのだろうけれど,クロスカントリーレベルの速度は出ていた気がする。
弓のセットがまったく間に合わず,全然打てない。
もう三の的なんて弓に気を取られていたら止める作業が間に合わないと判断して放棄したよ。
両手放した状態で爆走から急停止でもされたら落馬は免れない。


会長さん 「いやよかったなぁ! 馬は!笑」


馬の走りを絶賛する会長さん。
馬はね! 馬は!
わたしは全然ダメだったよ!(T▽T;)

継続の脚を入れなくて済むので,楽と言えば楽なのだけれど,この速度で走られると弓のほうがもう全然ダメだ。

様子を見ていたベテランさん達も「何だろう,今日。みんな速いね」とコメント。


その後も,二走目,三走目,四走目と行ったのだけれど,いずれもお馬さんが爆走。
どうにか矢を射ることを試みても,まったく上手くいかずにヘロヘロと地面に落ちていく。

「疾走する馬の上でただ弓矢を持っているだけの人」と化す小夏。

うおおおぉぉぉ…… !

嘘でしょ? どうするのこれ……(;´д`)!
この速さだとまったく歯が立たない。
それでも,前の2頭ほどのスピードは出ていないらしい。
恐るべし流鏑馬!

わたしの前に走っていた今日が2回目の方はわたしよりも弓が上手く,同じくらい速く走っているのに的に当てていて愕然とする。

結局,五走目もまったく当たられず,本日の練習は終了。

見ていたスタッフさんに「矢が安定していないから内に捻るようにして固定して」「鞍に座ってしまっているからツーポイントで乗れるように」と貴重なアドバイスをいただく。

無言のまま馬を歩かせ,洗い場に戻る。

本当に,久々に「言葉を失う」ような状況でした。正直にショックだったんです。
洗礼を受けたというか,自分のできなさ加減を容赦なく突きつけられたというか。

お馬さんに人参をあげたり,弓の片付け方を教えてもらったりして,帰途に着く。

ああ……久しぶりだなぁ。この感覚。

「ちゃんと上達してるのかな」
「こんなんでいつかできるようになるのかな」

乗馬を始めたばかりの頃にも思っていたこと。

時々,こうやって,地面に叩きつけられるような出来事も必要なのかもしれないなと,帰る道々思いました。
自分が全然たいしたことない人なのだということを思い出しなさいって,そういうことなのかも。


【おまけ】
めちゃ小さいポニーなのにめちゃくちゃ速いお馬さん。笑
DSC_1298

いつも応援ありがとうございます♪

・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村