馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

コラム

動物好きの子ども

IMG_8928_f

最近,よくする妄想に,迷い犬や迷い猫ならぬ 「迷い馬」が家に来ないかな……(*´∇`*) というものがある。

そうしたら捕まえて,すぐさま農協か畜産組合に走り,飼料を調達して,飼い主が現れるまで家で預かるのに。(そして「なかなか現れないねー(´・ω・`)」と言いながら飼い続けたい。)
削蹄師さんだって獣医さんだって近くにいる。
自宅前の畑にも余裕がある。なんなら小さい厩舎を建ててもいい。
あのあたりに小屋を建てて,このあたりに柵をつくって,ボロはこのあたりにまとめて……

準備は万端だ! さあ来い!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

という気分で日々過ごしているが,「迷い馬」は一向に現れない。


先日バスで移動中に,自分がこんな妄想をしていることに気付き,わたし……小さい頃から何にも変わってないな……と愕然とした。

子どもの頃もよく,「家に動物が来ないかな」とぼんやり考えていた。
ある日突然,わたしの前にひょこっと姿を現し,それ以降ベストパートナーになってくれるという夢を見ていた。

考えてもみれば,わたしが動物と接するときは,いつもどこか夢をみている節がある。
夢を見て,関わりたくて仕方がなくて,無謀な接近を繰り返していた。

小鳥やリスを捕まえようと,手製のわなを仕掛けたり(かかったことは一度もないが),
近所の野良猫にエサをやって手懐けたり,
何故かヤマネが猛烈に欲しくて山に探しに行ったり(見つからなかったが),
キウイという鳥に惚れ込んで,絵を描いて友だちに紹介したり,
「ハトが手紙を届ける」というシチュエーションに憧れて,ハトを捕えようと試みたり(捕まらなかったが),
沢でフナやカニやメダカを取ったり,
池でイモリを捕獲したり,
カブトムシやクワガタやバッタやイナゴやトンボなんかは,もう言うに及ばず,
ハムスターの子どもが見たくてつがいで飼ったら,半年たたずに20匹以上に増殖するという恐怖体験をしたり,
親族と散歩中に,初対面の中年女性からモルモットを譲り受けたり,
祖母が飼っていた鶏が夜止まり木に跳び移る瞬間を見たくて鶏小屋の前で張り込みを続けたり,
父が拾ってきた子ウサギの世話をしたり,
迷い犬が家に居ついてしまったことも一度や二度ではなく,

動物に関する思い出は,数えだせばきりがない。


先日の従妹の結婚式でもらったメッセージカードに「いつまでも動物好きの小夏ちゃんでいてね」と書いてあり,それを読んだときは「えー? わたしって動物好きなのかな?(´・ω・`)」なんて思ったのだけれど,こうして経歴だけ見ると,すごい動物好きな人に見える。

ただ,わたしはあまり管理のよい人間ではなかったので,関わった動物たちが幸せだったかと言うと,そうではないような気がするのだ。好きで飼ったくせに世話をサボったことだって何度もある。
好きで好きで見守っていた気持ちと,かすかな罪悪感のようなものが,今も胸に残っている。

もっと,ああしてあげられたんじゃないかな。
もっと,こうしてあげればよかった。

関わった生き物たちは,死ぬにしろ人に譲るにしろ逃げるにしろ,すべからくわたしの元を去っていったのだけれど,自分が幸せだったかどうかは教えてくれない。
わたしのほうは動物と関わりたかったけれど,動物のほうはわたしとは関わりたくなかったかもしれない。
懐いてくれると嬉しくて,一緒に遊ぶのは楽しくて,良いと思える飼育環境をつくって眺めては自己満足して,それでも,ごめんね。あなたが幸せだったかどうか,本当の意味ではわからない。もしかしたら,わたしとは会わずに,人の手に触れない環境で一生を終えたほうが幸せだったかもしれない。

言葉を話さない生き物の幸せを考えるのは,大変なことだ。
「こうしたらいいかな」と考えたり,誤りに気付いて後悔したり。
辛い失敗もするけれど,それでも関わり,傍にいる。
子どもの頃と同じように,今も動物には夢をみている。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

たまにはこんな休日も

2018年3月18日(日) 天気 晴れ
MAR75_senmenjyo20140629_TP_V

前日は遠方に住む従妹の結婚式。
桜の開花宣言の日に挙式。
新郎も新婦も入場してくる前から何故か泣けてきて,ああ,なんかもう,こういうの感動するなぁと,式の間中幾度も涙ぐむ。
なんで泣けるんだろう。卒業式とか,そういうのみたいに,人生の節目だからかな。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さて,先週末は休日出勤で,昨日は前述のとおり別の用事があったので,ようやく休みらしい休みがやってきた今日。
いつもの乗馬クラブでは馬術競技会が行われているため,レッスンはお休み。

遅く起きて,さあ,どうしようかなと考える。
春らしく,穏やかに明るい,晴れた日だった。

とりあず気になっていたことを片付けてしまおうと,古くなったタオルや靴下や下着類を処分する。
春物のスーツも買いに行きたい。
冬物のコートやスカートもクリーニングに出しに行かないと。

色々やることを考えながら,車を走らせ,馬術の試合を見に行く。
レッスンはできないけど,ちょっと馬の姿だけ見ていこう。(^∀^)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

昼過ぎに到着したので,すでに障害の高さは120㎝を越えた上級者の試合に突入していた。
いつものとおりコースが作られ,正装した人馬が待機している。
下見のために選手たちが馬場を歩いていた。

【気づいたことなど】


「下見」って,本当に自分の足の歩幅で距離みて何か考えてるのかな。今のわたしにはその感覚が全然わからんよ(´・ω・`)。今やれって言われたら,たぶん,飛ぶ障害の順番だけ確認して,あとは,「ここ距離長いなー」「こことここの間は短いなー」くらいしか,思えない……。(≡ω≡;)


試合を見ていたら,この前乗ったおじいちゃん馬のようにバーッと行ってしまう馬がいたのだけれど(見た感じ結構な割合でこういう馬が出場しているような気がする),さすがに上級者は加速されて跳ばれたくらいでは落馬したりしない。いや,むしろ,確かにバランスさえ取れていれば,パッと跳んでくれる馬のほうがやりやすそうに見える……!(=゚ω゚=;)


障害前で騎手が身体を後ろに倒したり,馬が顔を上げてちょっと嫌がるように首軽く振ったりする動作,以前は「何だろうあれ?」と思っていたのが,今やっと,「あ,これ減速してるんだ」とわかるようになった。(手綱引いたときに馬の顔が上がるみたい。)
わかる,わかるよ……! わたしも減速しようとして,やってみたことあるもの!


跳ぶ瞬間に人間の体勢がどうなっているのか見ようと,目で追い続けていたのだけれど,上手な人って無駄な動きがないから本当に動きが小さくて,ちょこっと動いただけで楽に跳んでいるように見える。

はあぁ~……(;´Д`)これが,できれば……苦労はないのに……。


余談だけれど,試合中,どこかのコーチの口出しが激しくて(怒声に近い),観客のわたしがビクビクしていました。レッスンじゃなくて試合なんだから,もう,いいじゃん……(´;ω;`)。失敗したって騎手の責任だよ・゚・(ノД`;)・゚・(←自分が怒られたわけでもないのにちょっと泣きそう)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

競技会は最後まで観戦せずに抜け出して,次の用事へ向かう。
あとでツイッターなどを見ていて知ったのだけれど,今週末は色々なところで馬術の試合が行われていた模様。
これから陽気のいい季節だし,馬術界はここからが本格始動なのかな。

今日は馬には乗らなかったけれど,たまにはこんな休日も,なかなか良いものです。(●´ω`●)


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

ララさんへ


ブログ読者のララさんからコメント(質問)をいただきました。
回答を考えていたら少し長くなってしまったので,独立したコラム記事として掲載することにしました。
ララさん,このような機会を与えてくださり,ありがとうございました。

little-girl-102202_960_720

Q こんにちは。以前一度コメントしたララです。
1つ質問なのですが,小夏さんは,自分から障害馬術を希望して,今の練習をしているのですか?


A ララさん,こんにちは。コメントありがとうございます。

「自分から障害馬術を希望して今の練習をしているのか」とのご質問ですが,実を言うと,わたしは自ら「障害馬術をやります」と意思を表明したことはないんです。

憧れはあったので,結果的によかったのですが,いつの間にか練習の中に障害飛越が取り入れられ,気がついたら跳んでいました。(ただ,周囲に障害馬術をやっている人が多いので,自然とそうなるかなという予感はありました。)

自分から目指すものを明確にし,それを伝えてもよかったのかもしれませんが,正直,素人過ぎて,目指すものも何もなかったですし,担当になった指導員さんも,どういうわけか,そういったことを質問してくることはありませんでした。
何もかもわからないから,すべてプロにお任せしてしまえばいいようにしてくれるかなと思い,お任せした結果が,今の状態です。

例えるなら,歩けない子どもが一生懸命歩き方を覚えようとしている時に,たまたま歩き方を教えてくれることになった人が「飛べる人」だったので,自然と自分も歩く練習に加えて飛ぶ練習をするようになっていた,というような感じです。

大人になると,自分の枠を自分で決めてしまうようなところが結構あって,そこから抜け出すことは困難だと感じることが,わたしには多いです。
もし,わたしが最初に「何をしたいのか」訊かれ,「どうしたいのか」確認されていたら,今頃こうはなっていなかったような気がします。もっと自分を低く見積もり,無難な練習に明け暮れていたような気がするんです。なので,自分でも行けるとも思っていなかった枠の外側に連れ出してくださった指導員さんには,本当に感謝しています。

「目標」とか,「計画」とか,「自分の意思」とか,今,とても尊ばれていて,実際,大切なものだとも思うのだけれど,何というか,最近,それを超えたもののことを思います。
自分が目標にすらしていなかったことが目の前に現れることはあるし,計画外の素敵な出来事が起こったりもする。そんな時には,自分を無にして,そこに飛びこめる人でありたいし,何が起こるかわからないほうが楽しいと,わたしは思っています。

だから,ご質問の「自分から障害馬術を希望して」というのは,半分正解です。
自分から,何が何でも「やろう,やりたい」と思っていたわけではないけれど(いや,「できると思っていなかった」というのが正しい)たまたま目の前にやってきた「障害馬術」の練習をしていることはすごく楽しくて,今では自分が希望していることでもあります。

今,わたしは望んで障害馬術の練習をしているわけだけれど,この状況になるまでには,クラブの選び方も含めて,「たまたま」とか「偶然」とか「なんとなく」とか,そんな漠然とした要素が大きくて,自分の意思だけで決めたわけではないような気もするのですが,もしかしたら自分でも意識できていないだけで,本当は初めから強烈に希望していて,自分の意思でこの状況をつくり出したのかもしれません。

簡単なはずの質問の答えが,長く複雑になってしまい,ごめんなさい。
参考にしていただければ幸いです。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


おもちゃ箱の中の馬

☆おもちゃの馬の紹介☆
DSC_0328
道ばたにあった誰かが手作りしたお馬さん。こういうの好きです。

馬をかたどった子ども用の玩具ってたくさんあるのですが,幼稚園に入る前,アパートの下の階に住んでいた女の子の家に木馬があって,それはもう羨ましくて仕方がなかった記憶があります。

こういうオーソドックスな木馬でした。

エルムの木馬
子どもって何故か揺れるの大好きなんですよね。(●´ω`●)

まだ赤ちゃんの甥っ子も,抱っこしてゆらゆらすると泣きやんで寝ます。

その頃のことを思い出して馬のおもちゃを検索したら,結構面白いものがたくさん出てきたので,情報をシェアしたく,いくつかご紹介します。

木馬ぬいぐるみバージョン



乗れるぬいぐるみ ロッキング かわいい乗り物 ロッキングホース 座れる特大ぬいぐるみ 〔ウマ〕 ブラウン
手綱や鐙(あぶみ)までついていて,なんと耳を押すと鳴くそうです。
最近の木馬はすごい.。゚+.(・∀・)゚+.゚


リトルカウボーイ コスチューム キッズ 120
こんなの着て乗れば完ぺき(☆゚∀゚)

こちらはロバ。従来の木馬とはちょっと違った仕組みの乗り物らしいです。


ラングスジャパン(RANGS) ラングスエコポニー ロバ
乗馬をするみたいに身体を上下に動かすと前に動く(!)のだそうです。
「電気もエサもいらない」って宣伝されてました。

すごいな。どういう仕組みなんだろう。
ちなみに同シリーズの馬とシマウマもあります。


聖獣ユニコーンも登場

Ufree horse、動く馬、乗用玩具、大きいサイズ木馬、木馬おもちゃ、走れ、ポニー44”、子供へのプレゼント (ピンクユニコーン)
豪華~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

〈ノーブランド品 〉シンデレラ 風 ドレス こども プリンセス ハロウィン コスプレ ブルー 3点セット [120cm]
ユニコーンに乗るなら,こんなドレスもOK?

お人形遊びも大好きで大好きで大好きでした(´∀`*)
バービーちゃんは家にいなかったのですが,リカちゃんとジェニーちゃんはたくさんいました。(三姉妹の家だったので)

バービー人形と愛馬のセット


バービー Barbie Dancing Fun Horse ダンシングホースと人形のセット DMC30 [並行輸入品]
お人形や小物を使って「物語」をつくるのが大好きだったんです。
こんなお馬さんがいたら,もっともっと色んな物語をつくれたんだろうなぁ。



レゴブロックも大好きだったんですよ。家つくったり道つくったりね。
いつもパーツが足りなくて四苦八苦してました。

レゴブロックに使える馬

6体の組み立て用の馬と動物アクセサリーセット-レゴ併用可能
レゴでも使えるお馬さん。
いいな~。あの頃(子どもの頃)こんなのがあれば……(>_<)!

厩舎&馬のフィギュアセット


シュライヒ ファームワールド 大きな厩舎プレイセット(馬付き) フィギュア 42195
こういうのは大人になった今でも欲しくてたまらないです。

障害馬術のショーセット


シュライヒ ホースクラブ 馬術ショーセット フィギュア 42338
夢があるなぁ……(´∀`*)

洗い場のフィギュア

シュライヒ ホースクラブ 馬の洗い場 フィギュア 42104

馬の輸送車

PLAYMOBIL(プレイモービル) 馬の輸送車 5223 並行輸入品
馬の輸送車や洗い場がおもちゃになってるなんて知りませんでした。
(需要どれくらいあるんだろう……)

ちなみに,大人が持っていてもいいような馬のフィギュアはたくさん売りに出されているのですが,

馬のフィギュア


シュライヒ ホースクラブ アラビア馬 (オス) フィギュア 13811

まさか等身大フィギュアがあるとは思わなくてびっくりしました。

アニマルビッグフィギュアシリーズ【立ち振る舞う 馬 】ウマ(等身大フィギュア)
紹介の写真を見ると,乗れるようですよ。
でも,ある意味本物の馬に乗るより恐い気がします(強度とか安定性の関係で)。

色々あって面白いですね(´∀`*)
馬好きとしては,子どもの頃にこんなおもちゃが与えられていたらどんなに楽しかっただろうと思います。
今はネットで何でも買えるので幸せな時代ですね。.。゚+.(●´ω`●)゚+.゚


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

乗馬一周年!

2017年11月23日で,初めて馬に乗った日から1年です♪
IMG_2194

2016年11月23日,わたしは生まれて初めて馬に乗りました。

「1年間,よく頑張ったね」 と言ってあげたいところだけれど,実は,あんまり「頑張っていた」感じはない。負担に思うことはなかったし,もし誰かに止められていたとしても,きっと続けていたと思うから。


人生には不思議なことが起こるものだけれど,わたしは,たぶん,この時期に,この場所で,この人たちや,この馬たちに,乗馬を教わることになっていたんだろうな,と思う。

2015年頃から何故か乗馬をしたいと思っていて,どういうわけか,その頃,自宅に全国展開している乗馬クラブの「体験乗馬無料チケット」があった。
そのチケットを見ながら「行きたいな~」と思いつつ,場所が遠いので(一番近い所でも,高速使って2時間かかるの(´;ω;`)),なかなか行けずにいた。

2016年には「今年は乗馬をしよう!」と目標を立てた。
けれど,一緒に行く仲間がなかなか見つけられず(身近な友人たちはあまり乗り気じゃなかったので),まごまごしながら半年が経過。右も左もわからない状態で一人で乗馬クラブに乗り込む勇気はなく,半ばあきらめかけていた。
そうしたら,なんと! たまたま仕事で海外に行く機会があり,そこで出会った人が,たまたま乗馬クラブの会員さんだった。しかも彼女は自己紹介で乗馬をしていることを明かした上,「興味のある方は声かけてください」と言うので,遠慮なく声かけて,体験乗馬に連れていってもらった。
こうして,「2016年に乗馬をする」目標は,昨年11月の今日,無事達成された.。゚+.(・∀・)゚+.゚

2016年に無事に乗馬デビューを果たし,その後一人で乗馬クラブに行く経験も済ませ,万全の体勢で迎えた2017年。
どうしても,ちゃんと馬に乗れるようになりたくて,継続的に乗馬を教えてくれる近隣の乗馬クラブを探しまくった(体験乗馬の場所もちょっと遠かったので)。
探し回っていて,偶然目にとまり,通うことになったのが今の乗馬クラブ。
メインで教えてくださることになった先生が,たまたま障害馬術の選手だったので(その先生も,わたしがクラブに来る2ヶ月くらい前にこのクラブに来たばかりだったらしい),わたしも気づいたら障害飛越をやるようになっていた。


「何故か」とか「たまたま」とか「偶然」とか,そんなことが,すごく多いなぁと思う。
もちろん,わたしは自分がやりたくて,楽しくて楽しくて,ここまで来たのだけれど,もしかしたら,こうなるようになっていたのかなと,感じることがある。

体験乗馬のチケットが家にあったこととか(誰がどこで入手してきたのかは謎),乗馬クラブの会員と出会って呼びかけられたこととか,もしかして,もしかして,何か見えないものにここまで誘導されてきたのかなって。

わたしは特定の宗教を信じているわけではないけれど,子どもの頃から,たぶん漠然とした「神さま」みたいなものは信じていて(仏様やご先祖様も同様),何かあるときには,心の中でお願いしたりお祈りしたりしていた。

子どもの頃,わたしの「お祈り」は「お願い」だった。「あれをください」「こうなりたいです」そんなお願い。
成長して,「家族の幸せ」とか,そんなことをお願いするようになったけれど,そのうちに,家族が幸せかどうかなんて,わたしがお願いしてどうにかしてもらうことでもないよなぁと思い至るようになった。

今のわたしは,いつも,同じことを祈っている。


「 成すべきことを,成せますように。 」


これしかないなぁと,今は思うのだ。
良いことがあるとかないとか,幸せであるとかそうでないとか,もう,人生っていうのは,そういうものじゃない。
わたしが生まれてきた意味があり,果たすべき役割があるのなら,どうか,その役割が果たせますように。
それが馬に関することであっても,そうでなくてもいい。
でも,自分の中に,何か湧き上がるものがあって,そうできる流れがあるのなら,楽しんでその流れに乗ってみようと思う。

あれから1年。今も馬に乗っている。
来年の今頃はどうだろう?

行くべきところへ,行けますように。
成すべきことを,成せますように。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

乗馬でダイエット

健康診断の結果が届きました。

TCPAKU0688_TP_V

なんだかものすごく健康度がアップしていたので,もしかして乗馬の影響かな~? なんて思いながらこのブログを書いています。
すべてが乗馬の効果であるとは思わないのですが,去年と今年で一番違うことは「乗馬をしているか,していないか」なので,多かれ少なかれ影響はあると思います。

以下,去年よりもよくなっていた項目をあげます。

①中性脂肪とLDLコレステロールの減少
まず,中性脂肪とLDLコレステロールが減りました。
もともとそんなに高くはないですが,HDLコレステロールよりも高い状態がここ数年続いていたので,このままいくとまずいかな~('д` ;)なんて心配していたのです。
でも今年はその数値がガクーンと下がり,HDLコレステロールと同じくらいになりました。
めでたしめでたし(●´ω`●)♪

②体重の増加に歯止めがかかる
そして体重の上昇がゆるやかに続いていた状態にストップがかかりました。
いや,むしろ減りました。去年よりもスリムになりました。
BMI22くらいが健康の指標らしいですが,わたしはBMI20くらいの今のほうが身体が軽くて調子がいいです。

③ヘモグロビン・赤血球の量が増える
さらに,これはちょっと不思議なんですが,貧血気味だった血が濃くなりました。
具体的には,ヘモグロビンと赤血球容量が増えました。脱・貧血!
今なら献血前の検査でもきっと断られない!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

④白血球数が正常値に近づく
さらに不思議なことには,わたしは毎年,白血球数が少し多くて,正常の範囲を出ていたのですが(「要精密」とか「要観察」になっていたけれど,きっとどこかが軽く炎症でも起こしているんだろうと放置していました),それも大幅に下がって,ほぼ正常になりました(数値は正常の範囲を100だけ超している)。
そういえば,結膜炎やものもらいにもなりにくくなったような気がします。

⑤視力回復
おまけに,検査方法を間違ったのではないかと半信半疑なのですが,視力がちょっとだけ良くなっていました。

これらの現象に,乗馬がどう関係しているのか?
たぶん,こういう流れなんじゃないでしょうか。

・ 乗馬(有酸素運動) → 脂肪が燃焼される → 中性脂肪・LDLコレステロールが減る → 体重が減る・体内の炎症が減る(白血球数の正常値化)

・ 乗馬(有酸素運動) → 体内のすみずみまで酸素を運ぶためにヘモグロビンの量が濃くなる(貧血の改善)

・ 乗馬(視野の広い状態で遠くを見る) → 視力回復

……「視力回復」のあたりは,もう,こじつけな感じがしますが(´∀`;) 無理やり考えるとこういうことになります。
体重減少に関しては,ほぼ乗馬の影響ってことで間違いないと思います。

ちなみに,乗馬での消費カロリーはこちら。

【10分間運動した場合の消費カロリー】

水泳      145kcal
乗馬       46kcal
エアロビクス  42kcal
サイクリング  37kcal
ゴルフ      34kcal
ストレッチ    21kcal

「初心者のための乗馬体験ナビ」から引用

ウォーキングの消費カロリーは40kcal/10分なので,同じ時間運動するなら,ウォーキングより乗馬のほうが消費カロリーが高いんですね。

確かに乗馬の大会を見に行っても,騎手はスリムな人が多いです。競馬の選手も然り。
馬に負担をかけないように自らセーブしているのか,運動しているから細くなるのか。そのどちらもなのか。

わたし自身は乗馬を始めてから4~5kg体重が落ちました。
急激に痩せたわけではなく,数か月~半年かけて徐々に落ちていって,BMI20くらいになったところで「下げ止まり」みたいになり,それ以降は減っていません。

全身の脂肪は確かに減少して,その分軽くなったのだと思いますが,代わりに筋肉もついたので,その重みでこれ以上減らないのではないかと思います。

本当に,特に太ももの筋肉は,自分でもびっくりするほどつきました(^_^;)
筋肉がついたと言っても競輪選手みたいに太くなるわけではなく,ぎゅっと締まる感じになるので,脂肪が多かったときよりも見た目には細くなっています。
でも力を入れたときの太ももの硬さが結構すごくて,女子として,この硬さはちょっと可愛げがないんじゃないか……なんて若干悩んでいます。

とにかく,健康にはなりました!(・∀・)ノ
特に無理したわけではないですがスリムにもなりました!
乗馬に美容・健康効果は確実にあると思います(*´ω`*)


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

北海道でポニーショーを見る

2017年9月25日(月) 天気 晴れ

9月23日~25日まで北海道に行ってきました!.。゚+.(・∀・)ノ ゚+.゚

所属していた地域活動の会が解散することになり,その解散報告会(会の設立当初にお世話になった教授が北海道の大学にいるので)を兼ねた観光です。メンバー10人ほどで飛行機に乗って行ってきました。(´∀`*)♪

23日(土)は主に札幌
[画像:2a870ca0-s.jpg]
モエレ沼公園
[画像:4240eea7-s.jpg]
ガラスのピラミッド
[画像:95171303-s.jpg]
時計台


24日(日)は主に小樽
[画像:2f517e1a-s.jpg]
小樽の運河
[画像:026b5b6f-s.jpg]
紅葉がはじまっていました。
[画像:59737e8d-s.jpg]
北一硝子の店内
[画像:5caa7fd0-s.jpg]
積丹町の黄金岬

そして最終日25日は支笏湖とノーザンホースパークに行きました!

わーい♪ヾ(=^▽^=)ノ 
北海道に行ったらぜひ馬を見に行きたかったので嬉しいです(*゚▽゚*)♪

[画像:2b75005c-s.jpg]
支笏湖
[画像:45247064-s.jpg]
透明度がすごい!(☆゚∀゚) 魚の数もすごい!

[画像:abd6bbe7-s.jpg]
ノーザンホースパーク園内
[画像:80ba65cd-s.jpg]
駐車場でお出迎えしてくれる騎手たちの像。(このポーズなんだろう……)
[画像:ddbdec6d-s.jpg]
.。゚+. ハッピー・ポニーショー ゚+.゚ 
特技の「スマイル」を披露するポニーの小次郎くん♪
[画像:d9228f59-s.jpg]
もう一頭の出演馬,セサミくん♪
[画像:68b4fecb-s.jpg]
ショーの間中,ちょくちょくセサミくんに喧嘩を売る小次郎くん。
「男と男の戦い」なんだそうです(ノ`Д´)ノ (゚Д゚)ノ
[画像:6dad586c-s.jpg]
お姉さんと内緒話をする小次郎くん(●´ω`●)ウフフ
[画像:4a4911c0-s.jpg]
小さな台に乗ったり,ジャンピングしたり,ぐるぐる回ったり,色んな芸を見せてくれました♪
[画像:b4ded03c-s.jpg]
外で日向ぼっこするミニチュアホースたち.。゚+.(*´∀`*)゚+.゚かわゆ~い♪
お昼ごはんを食べた後なので,みんな眠くて仕方ない。
[画像:a69edc27-s.jpg]
こちらは大きいお馬さん(このコも眠くて動かない)。体重は700㎏を越えるそうです。これで小柄なほうなんだとか。
[画像:133ee743-s.jpg]
この大きな馬車に人を乗せて歩くのです! (乗ってみました♪)
大人の乗客6人+御者を乗せていましたが一頭で引っ張れるんです。力持ち!(・∀・)
[画像:4adf59d6-s.jpg]
馬車からの眺め。ガタゴトガタゴト……
馬車ってこんな感じなんですね(*・ω・)ノ
[画像:60e6e8ec-s.jpg]
徒歩でガーデンを抜け……
[画像:e4bf4820-s.jpg]
木立を抜けると……
[画像:4d62c7b6-s.jpg]
「馬見の丘」というものが現れます。
[画像:522fbde4-s.jpg]
広大な牧場に放牧されているお馬さんが見られます。
[画像:0219f888-s.jpg]
北海道は広いな~(●´ω`●)

初の北海道旅行は大満足の3日間でした♪


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

乗馬ライセンスに思いを馳せる

_20170831_125220
最近,よく人に「馬乗れるの?」と聞かれる。
この質問,ちょっと困る。

馬に乗って走らせたことはあるけれど,指導員も先輩もいない環境で初めての馬に一人で乗れるかと言ったら……たぶん,まだ,乗れない…….。

いつから自信を持って「わたし馬乗れるよ!(・∀・)ノ」って言っていいんだろうと思い,ネットの海をウロウロしていたら,「馬に乗れると言えるのは乗馬ライセンス2級から」という情報を目にした。

え……2級レベルになるまで「馬乗れるんだ♪」って言えないの!?(=゚ω゚=;)

わたし,2級取れるの,いつ……?(゚∇゚ ;)

それまでは「まったくの初心者ではないけれど一人で乗れるわけでもない」もやもやした中途半端な状態で過ごさなきゃならないの……!? 

そもそも,わたしはライセンスの試験を1度も受けたことがない。
乗馬を始めたばかりの頃は受けようと思っていたのだけど(むしろ級の取得を目標にしようかと思っていたのだけど),レッスンに通っていたら,ただただ今よりも上達することに夢中になって,ライセンスとかどうでもよくなっていたというか,車と違って馬には資格がなくても乗れるので,別に,いいかな……なんて放置していた。

仮に今から試験受けるとしたら,何級から受ければいいんだろう。

入門の5級は,まったくの初心者でも2泊3日で取得できるものらしいので,今更もういいかな?

となると4級なのだけど,試験内容は以下のとおり。


4級 (下記内容を部班運動にて審査。)
実技試験常歩で巻き乗り、半巻きを含む回転運動。
速歩で90゜の方向変換及び斜め手前変換。
停止-常歩-速歩-常歩-停止が概ねスムーズにできる。
軽速歩の手前が理解できる。
速歩運動にて正しい姿勢がとれ、手綱・脚の操作が概ねでき、駈歩の発進、維持ができる。

公益社団法人 全国乗馬倶楽部振興協会 技能認定審査 より引用

あと,筆記試験。


どうなんだろう……これ。
今のわたし(約40鞍)でどれくらいできているのか検証してみよう。

◆常歩で巻き乗り、半巻きを含む回転運動。
 → 最近常歩ではやってないけど,速歩でできるから,たぶん大丈夫。

◆速歩で90゜の方向変換及び斜め手前変換。
 → 90°はできる。斜め手前変換は1回やったことあるかな?

◆停止-常歩-速歩-常歩-停止が概ねスムーズにできる。
 → 「概ね」でよければ(重い馬でなければ)できるはず。

◆軽速歩の手前が理解できる。
 → り……理解,してい……る?(;´Д`)

◆速歩運動にて正しい姿勢がとれ、手綱・脚の操作が概ねでき、駈歩の発進、維持ができる。
 → 練習中。駈歩の発進・維持はできたりできなかったり。

正直に言う。
わたし,軽速歩するとき「手前」とか考えたことほとんどない。
だって,先生にも何も言われないし,普通に乗れるから……(≡ω≡;)
やっぱり本当はまずいのかな?(´・ω・`)

あと,気になるのは,わたし「部班運動」ってやったことない。いつも一人。試験は部班運動じゃなくてもいいのかな。

ちなみに,4級も飛ばして3級を受けるとなると,試験内容は以下のとおり。

3級 (下記運動項目を含む本協会3級経路に沿った各個運動にて審査。)

5級、4級の運動を含め、駈歩の発進、維持。
歩度の伸縮が概ねでき、巻き乗り、半巻きができる。
駈歩の手前が理解でき、常歩、速歩を入れての手前の変換ができる。
扶助操作の適否。
地上横木の通過。

……なんか,微妙だな。
地上横木通過したり,歩度の伸縮の練習したりしてるけど,駈歩で巻き乗りや半巻きはまだやったことないし。

総合すると,今のわたしは,4級~3級の内容の中で,できるものとできないものが混在している状態。
まあ,そんなレベルなので……2級とか,まだ遠く及ばない……(遠い目)。

とりあえず「駈歩の発進・維持」が毎回ちゃんとできるようになって,歩度の伸縮も自在にできるようになって,駈歩で巻き乗りや半巻きをして地上横木を通過できるようになれば,3級受けられるくらいにはなるんだな.。゚+.(・∀・)゚+.゚
せっかくやってるんだから,せめて,3級くらいは欲しい……(>_<)

ちなみに,全国乗馬倶楽部振興協会のホームページ見てもらえばわかると思うけど,2級以上は「馬場」と「障害」に試験が分かれている。いや,よく見ると3級にも「障害3級」と「エンデュランス3級」がある。
長く続けるとしたら,どこかの時点で選ぶ必要があるのかな。
今はまだ基礎の段階なので,馬場も障害もないけれど。

初めて馬に乗ったときから,少し先にあるものに一生懸命手を伸ばしていて,「届いた!」と思った瞬間,その先にまた何かが現れて手を伸ばす……ということを繰り返している。どこまで続くのかわからない。正直,乗馬なんて,もっと単純で,もっと浅い世界なのかと思ってた。でも,今は,すごく広くて深い世界なんだと,わかりつつあるような気がする。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

ご先祖様と馬

お盆の時期なので,ご先祖様のお話をひとつ。
_20170811_174811
今年は藁でできた牛馬を飾りました。どっちが馬でどっちが牛?(´・ω・`)

お盆の頃によく見るキュウリの馬やナスの牛は「精霊馬(しょうりょうま)」という名称で,神霊の移動のための乗り物なのだそうです。

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味って何?いつ飾るもの?地方などで違う?

有名な話ですが,お盆には,亡くなった人が足の速いキュウリの馬に乗ってやって来て,帰りにはおみやげを乗せたナスの牛に乗ってゆっくりと帰っていくと言われています。

神霊も乗馬をするんですね……!.。゚+.(・∀・)゚+.゚


牛には直接跨るのか,それとも牛車になるのか……。
今のうちにちゃんと馬乗れるようになっておかないと,死んでもお盆に帰って来られませんね!

というのは冗談ですが,
(プロ騎手の霊なんてものすごい速さで帰ってきそうです)

昔から日本でも馬は人々の生活と共にありました。


最近父から聞いて初めて知ったのですが,父方の祖母の実家では,昔馬を飼っていたのだそうです。
祖母の父(わたしから見れば曾祖父)の父が馬を飼うのが好きで家に置いていたとのこと。

祖母が大正末期の生まれなので,曾祖父は明治の生まれ。
曾祖父の父ともなれば,明治初期(もしくは江戸時代の末)の生まれです。

祖母の実家は農家だったので,農耕馬だったんでしょうね。
どんなお馬さんだったのかなぁ……なんて,当時の様子を想像してみたりしました。
曾祖父がその馬に噛まれたとか,他愛もないエピソードが今に伝えられています(笑)。

そうかぁ……顔も知らない先祖の中にも,馬が好きな人がいたんだ(●´ω`●)

何だか不思議な気持ちです。
子孫であるわたしが「今馬乗ってるよ」って言ったら,「頑張れよ」って言ってくれるでしょうか。

現代の日本では,過去に祖先が馬に関わって生きていても,一生の間にほとんど馬とは関係のない人生を送る人も大勢いると思いますが,何故かわたしは「馬と関わりのある生活」に舞い戻ってきてしまいました。

どういう因果かはわかりませんが,いつの間にやらそういうことになっていたので,頑張れるところまで頑張りたいと思います。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

ミニマムな日常

2017年8月3日(木)

KMIMG_9368_TP_V

仕事をお休みして診察へ。

症状が劇的に改善していて先生に驚かれる。

「前に来たときは,場合によってはすぐに手術してもいいくらいだったんだけどね」とのこと。

そ,そんなに悪かったの……?( ・ω・ ;) (※内痔核Ⅳ度だったらしい。)

もうしばらく経過観察して,問題なければ治療終了となるのだそうだ。

……馬に乗ってることは言わなかった(´∀`;)
「やめなさい」って言われそうだからね。


診察後はヘアサロンに行き,カラーリングしながら雑誌を4~5冊読む。
(三浦皇成騎手は8月12日・13日にレース復帰らしいですね!)
(そしてふたご座は下半期絶好調のようです。)


せっかく本屋さんの近くまで来ていたので,帰りに本屋さんに立ち寄る。
しばらくうろうろしていたのだけれど,何にも心ひかれず,何も買わずに帰る。

何となく妙な気持ちで家まで車を走らせた。

以前は本屋さんに行くと何冊も買っていたのに。
しかも今日行った本屋さんには本だけでなく,映画やドラマやアニメのDVDや,ゲームや音楽や,コスメや文具や雑貨やお菓子まで売っていたのに。外にはアイスやドリンクの自動販売機もあったのに!

物欲が……ない……( ・Д・)

よく考えてみれば,乗馬用の服(キュロットとジャケットとポロシャツと靴下)を買った以外は,ここ数か月間,服も下着も一着も買っていない。

いや……2017年に入ってからを考えてみても,買った服は仕事用のスカート一着のみ。
靴に至っては今年一足も買っていない……!


あれれ?( ・ω・;)

バッグも買ってない。アクセサリーも。
昔大好きだった観葉植物も,一時夢中になって集めていた洋書の絵本も。
私服はすべて去年以前から家にあったもの。
夏場の私服はほとんどワンピース。
一人カラオケにも行かなくなった。
飲み会も,どうしても行かなければならないものにしか行かなくなったから,一ヶ月に一回も行かない。

別に新しいものが欲しいとか,古いものが嫌だとかはない。
そもそも今残っている服はすべて素材もデザインも気に入っているものだから,ずっと使い続けたいくらい。化粧品もいつもの最低限のもの。

……(つд⊂)ゴシゴシ

どうなってるんだろう?

こういうことって,徐々に変化していって,気づいたら変わっているものだから,今の今まで気づかなかったけれど,わたし,ずいぶんと「ブレ」がなくなっているなと思った。

そう。きっと「ブレ」だったのだ。
特に用もないのにお店に入り,何となく物を買うという行為は。

いつも「何かないかな~」とウロウロしていた。
何が欲しいのかも,いまいち分かっていなかった。

たぶん,今は少しは分かるようになったのだと思う。


乗馬を始めたとき,正直,お金が続くかな? と思った。
毎月1万円では済まない出費が発生するのだ(現在は月2~3万円)。
毎週片道1時間かけて通えるかな? とも思った。

でも,続いてる。
資金面で苦しくて仕方ないなんてこともない。
1時間の道のりが苦痛で行きたくないなんてこともない。

本当にやりたいことって,そうなのかもしれない。
そこにお金がかかるようになっても,今まで分散していた「何となく払っていたお金」が集結してその費用になってくれる。
「そんなに欲しいわけじゃない少額の物」をたくさん買うよりも,「本当に欲しいちょっと高い物」にお金を使うと,気持ちがすっきりして,心が満足して,行動が落ち着く。

乗馬を始める以前のわたしは,休みの日に一体何をしていたのだろうと,思い出せない部分があるのだ。
たまにヨガに行ったり,その他は……?
あまり思い出せないくらいのことをしていたのだと思うけれど,それでも給料日前の預金口座の残高は今と同じか,もっと少ないくらいだった。

お金って不思議。
そして,本当に望むものを見つけて,続けられている今は幸せだなぁと思う。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
Dalahäst


北欧スウェーデンの幸せを運ぶ馬
プロフィール

小夏

****************2016年末にずっと憧れていた乗馬を始めました!
まだまだ下手ですが、ちょっとずつでも上達する様子をお伝えできたらいいなと思います。
ブログには乗馬日記のほか、馬に関するお話を掲載しています。
***********
【持っている資格】ティーエキスパート(紅茶),フィトセラピーアドバイザー,図書館司書,学芸員

お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらから

LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
本の紹介

『乙嫁語り』中央アジアの物語。管理人小夏の大好きな漫画です。登場人物たちの移動手段は主に馬なので,山ほど馬が登場します。日本人にはなじみの薄い地域の異文化が緻密に描かれた素敵な作品。おすすめです。