馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

コラム

馬にまつわる言葉たち

乗馬用語のお話です。
book2
ずっと謎に思っていたことがありました。

お世話になっている乗馬クラブには,馬房に掛けられているネームプレートの性別欄に「セン」と書かれた馬がいるんです。しかも結構な割合で。

スタッフに質問する機会を何となく逃しつつ,
(……「セン」って何だろう……(´・ω・`))って,ずっと不思議に思っていました。

最近になって,ようやく「セン」の正体がわかりました(´∀`;)

去勢された牡馬のことなんですね。

男の子 → 牡馬(ぼば/おすうま)
女の子 → 牝馬(ひんば/めすうま)
去勢馬 → 騸馬(せんば)

騸馬(せんば)の「セン」らしいです。
つまり,
男の子。

気性を抑えて乗馬用の体型にし,発情期の安全性を確保したりするために去勢するようです。
(ちなみにこのクラブには去勢していない牡馬もいて,なんとそれを乗りこなす子どもがいる……!)


どんな世界にも専門用語はありますが,馬の世界にもかなり多くの専門用語があるなぁと思います。
乗馬を始めなければ,知ることはなかっただろう言葉がたくさんあります。


そもそも,この読み方が

常歩(なみあし)
速歩(はやあし)
駈歩(かけあし)

であることも,たぶん乗馬をやっていなければ知らなかったと思う。
(「常歩」は「じょうほ」と読んでしまう)

そして「速歩」と「駈歩」のどちらが速いのかも,乗馬を始めたばかりの頃はわからなかった。(「駈歩」のほうが速いよ~(・∀・)ノ)


漢字の読み方も結構難しい。


鞍(くら)
手綱(たづな)
拍車(はくしゃ)

くらいは読めるだろうけど,

鐙(あぶみ)
鞭(むち)
頭絡(とうらく)
銜(はみ)

あたりになると,読めるかどうか,かなり怪しくなる。

水勒(すいろく)

なんて,もうなにそれ(´・ω・`;)?って世界。


乗馬用語に関しては,わたしは座学で教わったことはないので,指導員さんや周りの人たちが話しているのを聞いたり,質問したりして,すごくゆっくりとしたペースで身に着けています。

初めの頃はそれでもわからない言葉が多過ぎて困っていたので,古本屋で購入したこの本をレッスン後に家で読んで言葉の確認をしていました。


乗馬をはじめよう―16POINT 出会いから乗馬まで

この本,そんなに新しい本ではないですが,馬の扱い方から乗馬・下馬,動かし方など,基礎中の基礎がイラストつきで解説されていて本当にわかりやすいです。乗馬用語集も巻末についています。
初心者の方で「何か1冊,家で読む用の乗馬の解説書が欲しいな~」という方にはかなりおすすめです。わたしはレッスン前後の予習復習に活用し,とても助けられました。
「あれってどうやるんだっけ?」と思ったときに,すぐに確認できるものがあるというのは心強いです(●´ω`●)♪

専門用語関連で,馬の毛色の名前についてもお話したかったのですが,ちょっと長くなりそうなので,また別の機会に記事にできればと思います。
それでは,また~(。・ω・)ノ゙


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

乗馬とヨガの共通点

定期的にヨガをしています。
2_20170510_190831
朝霧の森

数年前にヨガに出会ってから,間は空けてもずっとヨガを続けています。
ヨガと乗馬には共通点が多いようなので,気づいた点を紹介していきたいと思います。
(※初心者の見解であるため,間違いがある場合には指摘していただければ幸いです。)


【共通点 その1】正しい姿勢

ヨガでも乗馬でも,まったく同じことを言われた。
「頭のてっぺんを糸でひっぱっられているような感じで」
つまり姿勢をまっすぐ正しく。
背筋を伸ばし,腰は反らせ過ぎず,まるめ過ぎず,あごを軽く引いて,坐骨で床(鞍)に座る。
視線は前,進行方向に。


【共通点 その2】下半身の力は強く 上半身の力は抜く

「重心を下にして安定を図る」
下半身にグッと力を入れ,ヨガであれば地面を押すようにしっかりと床に立つ。乗馬であれば脚の付け根で鞍をおさえる。

膝が開いてしまう場合は,足の裏の母趾球(親指と土踏まずの間の盛り上がっている部分)に力を入れると内転筋を使うための土台ができ,骨盤が安定して膝も閉まる。

上半身に力を入れると重心が上がり不安定になるので,上半身はできるだけ力を抜きリラックスする。ヨガでもタダーサナ(立ちポーズ)のときは同じ。



【共通点 その3】自分の状態を把握する

今,自分が(乗馬の場合は馬も)どういう状態であるのか,まずは気付けるようになること。
気付いたら,正しい状態に持っていけるように意識すること。
身体の状態や心理状態のほか,呼吸にも注意を払う。


【共通点 その4】身体をやわらかく バランス感覚を身につける

ヨガでも乗馬でも,身体はやわらかいほうが無理なくスムーズに動ける。
体幹を鍛えて,色々な動きをしてもバランスがとれるようにする。
やわらかく,バランスをとるのが上手だとケガもしにくくなる。


【共通点 その5】常に平常心を保つ


乗馬では「馬上では絶対に慌てないこと。人間は常に冷静でいてください」とアドバイスされた。
ヨガでも,感情に呑み込まれないようにアドバイスされた。
まずは自分をコントロールすること。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

まだまだあるとは思いますが,現時点で気づいたのは大体このくらいです。
ヨガの先生に「乗馬とヨガは共通点が多いです」とお話しすると,面白がってくれました。

ヨガの先生曰く
「結局,ヨガで大切なことって,日常生活でも大切なことだから」

もしかしたら,乗馬だけでなく,ほかのスポーツでも大切なことなのかもしれないですね。


【参考】乗馬とヨガについて書かれているブログを発見しました。
http://naminma.jugem.jp/?eid=208
『波ん馬と、石垣島、馬時間 番外編』
とてもよいことが書いてあるので是非どうぞ。



乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

1鞍~20鞍のまとめ&感想

Lesson1~20

1鞍~20鞍

期間 : 2016年11月~2017年5月

騎乗した馬 : 6頭

教えてくれた人 : 5人

体験したこと : 馬装,引き馬,馬に乗る,常歩,軽速歩,正反動,駈歩,巻き乗り(常歩,軽速歩),半巻き(常歩,軽速歩),馬から降りる,馬の手入れ,競技会見学

感想 : レッスン記録を読み直してみた結果


結構スパルタだな(´∀`;)


最初の体験乗馬の2回はともかく,乗馬教室初日から駈歩って,あんまり聞かないかも(笑)

ただ,「キツイ」とか「無理」とか「辛い」とか「嫌だ」とかは全く思わなかった。
上手くいかない時にちょっと落ち込んだりはしたけれど,基本的に楽しくて,できない時も「行きたくない」とか「やめたい」とかは全然なかった(そもそも大人なんだから,本気でやりたくなければやる必要は全くないのだ)。

指導員さんはいつも笑顔で温和なしゃべり方をしていたので,恐くはなかったし(騎乗馬が暴れたあの一回を除く),振り返ってみて「結構無茶やってたなぁ(´v `;)」とは思っても,その当時は「無茶」だとも「スパルタ」だとも思っていなかった。


この20鞍を振り返ってみると,馬の愛らしい性質にほのぼのしたり,一口に「馬に乗る」と言っても,そんなの一口で言えるほど単純なものではないのだと気付いたり,この世界独特の言葉を知ったり,色々あったけれど,何よりも「指導員さんてすごいなぁ」と思う。

できないことをできるようにしてくれる人。

わたし自身は「人にものを教える」ということがとても苦手なので,飽きさせず,めげさせず,甘やかさず,できなくても根気よく,自信を持たせて,未来のビジョンを見せながらキラキラした気持ちで前を向かせて進ませる……ということができる人に,本当にびっくりしてしまうのだ。

しかも,話す内容がわかりやすい。
原因と解決法を一瞬で見抜いて,一番いいタイミングで持ってくるとか,こっちは魔法でも見ているような気分だ。


以前,馬に対しての話だけれど「まあ,アメとムチを上手く使い分けてね」なんて話をしているのを聞いて,これってもしかして,人間に対しても使える話なんじゃ……(´∀`;) などと思ってしまった。


考えてもみれば,彼らは「乗れない馬」を「乗れる馬」に調教することもしているわけだから,「乗れない人間」を「乗れる人間」調教することなんて,そんなに難しいことではないのかもしれない。

(馬と人間,どっちの教育のほうが大変だろう? 馬には言葉での説明はできないけど,人間は色々複雑そうだ)


指導員さんがよく言う言葉

(笑顔で)
「できると思うから言うんですよ。できないと思ったら言わないから」

その言葉に乗せられ「やれ」と言われたことを全てやってきた結果,おかげ様で20鞍ですべての歩様の馬に一応乗れるようになりました。(※完璧ではない)

ありがたいことです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)♪


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

Dalahäst


北欧スウェーデンの幸せを運ぶ馬
プロフィール
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらから

LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
本の紹介

『乙嫁語り』中央アジアの物語。管理人小夏の大好きな漫画です。登場人物たちの移動手段は主に馬なので,山ほど馬が登場します。日本人にはなじみの薄い地域の異文化が緻密に描かれた素敵な作品。おすすめです。