馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

正反動

19 鞍目 両手両脚を放して乗る

2017年4月29日(土) 天気 晴れ一時雷雨

駈歩を一人で乗れるようになり浮かれていたので,今日のレッスンはもう終わりかと思っていたのですが,この日はまだ続きがありました。
DSC_2580
雨にけぶる新緑の馬場


指導員さん,駈歩の練習を止めると,再び馬に調馬索を取り付ける。

「じゃあ今度は速歩出すから軽速歩しないで乗ってみて♪」

え……? 軽速歩しないで速歩の馬に乗る?(゚∇゚ ;)!?


軽速歩をしない速歩,いわゆる「正反動」。


実はこれまで正反動の練習をしたことがなかった。
知識としてそういう乗り方があることは知っていたけれど,それよりも先に駈歩の練習に入ったので,「このクラブでは正反動やらないのかな。まあいつも軽速歩してればいいだろうし,いいや」くらいに思っていた。

……やっぱり正反動の練習もするんだね。(´∀`;)

軽速歩では馬の動きに合わせて立ったり座ったりしていたのだけど,正反動では座ったままなので馬の揺れ(速歩なので主に上下の揺れ)をまともに受ける。
我慢して乗るけれど,お尻がポンポン跳ね上げられる感じ。
衝撃から逃げたくて,なんとなく軽速歩気味の乗り方になる。

すると指導員さん,馬を止めて次の指示。

「鐙(あぶみ)脱いで,脚を下に伸ばした状態で乗ってみましょう」

(´・ω・`;)?????

わけがわからないのだけど,とりあえず指示に従う。
そのまま速歩。
ポン ポン ポン ポン……(速歩のリズムの音)。

お尻が跳ね上げられる感じはだいぶ減る。

指導員さんのアドバイス「いつも同じ場所に着地できるようにやってみてー」

何の練習なんだろう? これ。
正反動と何か関係あるのかな?

しばらくそのまま乗り続けていると,あることに気付いた。

脚にまったく力が入っていない分,馬から落ちないために力を入れている部分があるのだ。
内腿の一番上,脚の付け根の部分にぐっと力を入れている。

12~13鞍目のとき,女性の指導員さんに「膝で締めないで! 脚の付け根のあたりで鞍おさえて」と言われたことを思い出した。そのときは言われてもその部位がよくわからなかった。

……ここか!( ゚д゚ )!!

ほんと,何でも一度経験してみるといいね。
腑に落ち方が全然違う。

なんでも,鐙(あぶみ)は「(力を入れて)踏む」というよりは「軽く乗せる」くらいでいいのだそうだ(かかとはしっかり踏み下げる)。
わたし,脚に力入れ過ぎてたのかも。

さて,指導員さんの次の指示
「脚あぶみにかけていいから,今度は走り出したら(手綱から)手を放してみて」

(゚Д゚≡゚д゚;)エッ!?

い,いや,信じよう。信じてみよう! 脚放したって大丈夫だった!


※余談ですが,「手放しで馬に乗る」と聞いて頭に浮かんだ映像がこちら

「いや手放したら落馬するでしょ(´∀`*)笑」 とか思っていましたが,
落ちません。
(その他に色々つっこみどころの多いアニメですが,きりがないのでスルーします)
手放しで馬に乗ることは可能です。
手放したまま駈歩したり,なんと障害飛越の練習をしている人々をわたしは見ました。
(ただし手綱を放すと行き先はコントロールできません 笑)


閑話休題。

とにもかくにも,手綱を持たない状態でも普通に乗れた。
上半身には,どこにも力を入れなくていいくらい。


そして最終的にはこの練習で「両手も両脚も放した状態で速歩の馬に乗る」というのを達成する。
うわー,初めてやってみた。意外と乗れる。

正反動はどこにいったと思いかけたところで,最初の鐙に足をかけ,手綱を持った状態に戻される。

「これで手脚放してたときと同じように乗ってください」

驚いたことに,上下の揺れに跳ね上げられる感じがほぼなくなっている!
脚放してたときと同じように乗れている!
びっくり(・∀・)ノ

全身の関節をやわらかくして,力を抜き,衝撃を吸収すると良いのだそうだ。

今日一番嬉しかった指導員さんの言葉。
練習の様子を見ながら
「呑み込み早いなー」

ありがとう神様。わたしを馬に導いてくださって。



乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

31 鞍目 虻たたき

2017年6月25日(日) 天気 くもり

虻(あぶ)のシーズンがやってまいりました。
DSC_0188
アジサイのシーズンでもあります。

今日はそんなに気温が高くなかったので,集中して乗馬ができるかと思ったのだけど,また新たな集中力阻害要因が発生。

馬の周りに……大き目のハエみたいな虫が!
ノ( ̄0 ̄;)\!!!!

本当はどんな種類の何て名前の虫なのかわからないけれど,みんなその虫を「あぶ」と呼んでいるので,ここではその虫のことを「虻(あぶ)」と呼ぶことにする。

普通のハエよりちょっと大きくて,馬にまとわりついて血を吸う虫らしい。
一匹退治しても,どこからともなくまたやってくる。
馬は嫌がって首を振ったり尻尾を振ったり大忙し(刺されると痛いらしい)。
隙あらば馬にたかろうとする虻。
名人レベルの虻叩きスキルを発揮する指導員(命中率は8割を超えるとみた)。
常歩で移動しながら虻を叩こうと試み,「だいぶ馬乗りになってきましたね!」と褒められる。

もう,思いました。
「虻たたきは夏の馬乗りの必須スキル」だって。
姿勢とか手綱さばきとか脚とかのほかに,馬乗りはこの「虻を仕留めるスキル」に磨きがかかるものと思われる。

都会の乗馬クラブでは,こういうことはあんまりないのかな?

今日はどうしても一匹払いきれずに,虻にお馬さんの首を刺されてしまった。
流血していて痛そう……(T_T)
仕留めてやれなくてごめんね(´・ω・`)
これからもっと虻やっつけられるように頑張るからね!(´Д⊂)


さて,本日の練習内容は,これまでとはちょっと変わったものとなった。
(いつもの練習の主な流れ「常歩→軽速歩→巻き乗り・半巻→駈歩」)
いつぞや鐙(あぶみ)を外して,さらに手綱も外して乗ったことがあり,大興奮していたのだけど(※こちらを参照「19鞍目 両手両足を放して乗る」),今日はその続きだった。

軽速歩をしない速歩(正反動)で乗る練習。

軽速歩 → 速歩 → 軽速歩 → 速歩 …… を繰り返す練習をする。

お尻が浮かない感覚をつかむために,また鐙を脱いで乗ってみた。
鐙を外して乗ることを,専門用語で「鐙上げ」と言うらしい。
鐙脱いだ状態でも,脚でギュッて圧迫したらちゃんと動いた(^∀^)♪
前にも書いたけど,意外と乗れる。
そんなにグラグラ揺れて恐くなるようなことはない。
指導員さんには「上半身の力抜いてー」って何度も言われたから,たぶん無駄な力が入っているんだろうとは思うけど。
それから,ちょっとバランス崩したときに脚で締めてしまうらしくて,それだと「推進」の合図になってしまうから,脚では締めないようにと言われた。

慣れてきたので,調馬索を外し,鐙上げした状態の速歩で馬場を一周。
ちょっと,これ……乗ってる時間長くなると,腹筋辛くなってくるんですけど(´д`;)
腰とか股とかじゃなくて,腹筋が辛くなるっていうのが意外だった。
もしかして馬って,腹筋で乗るものなのかな。
手でも脚でもなく,腰や股でもなく,腹筋?
よくわからないや(´-ω-`)。でも確実に一番力入れてたのは腹筋だった。

腹筋に力は入ってるけど,上半身の力を抜く……という,何となくコツがいる乗り方を会得しようと頑張る。
ふぃ~……(; -д-)自転車でも自動車でも,こんなに身体の使い方にコツがいった覚えはないよ。一輪車ではちょっとあったかな? 乗馬って本当にフィジカルな競技なんだな。やってみるまで知らなかった。


調馬索で円運動をしていたので,曲線の乗り方についても教わった。

馬体が曲線を描いて運動しているので,人間も身体の向きをその円に合わせるといいのだそうだ。
上手く表現できないけれど,進行方向(真ん前じゃないよ。ちょっと運動した先って意味)に身体を向ける。たとえば時計回りに円運動している時は若干右の肩を後ろに引いているような感じで乗ると上手くいく。

最初はこの感覚もよくわからなかったのだけど,指導員さんに
「胸に目がついているつもりで」
と言われて,ああなるほどそんな感じか! と妙に納得した。
上半身ごと,こう,進行方向を見据えてカーブを描く感じ。(ああ言葉で上手く説明できない!!)

これが上手くできるようになると,普通の経路の角などでも,頑張って無理に手綱を操作しなくてもよくなり,スムーズに移動できるようになるのだそうだ。
早くできるようになりたいな~(●´ω`●)♪


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

42 鞍目 身体のクセ

2017年8月24日(木) 天気 くもり のち 晴れ

乗馬に行く途中,過去に流鏑馬を行っていたという神社を見に行きました。
DSC_0412
流鏑馬ができるように長い参道が続いています。

いつの日か復活させる際には,騎手として名乗りをあげられるほど上達していたいものだと思いました。馬に乗って弓を射るなんて夢のようです(●´ω`●).゚+.゚

■□■□■□■□■□

休みがとれたので,乗馬のレッスンへ。
どう考えても馬に乗るのには向かない陽気の中で馬に乗る。
この夏は8月に入ってから梅雨のような天気が続いていたのだけれど,今日になって太陽が顔を出し,気温が急上昇。
わたし以外馬に乗っている人間はいなかった。

2020年開催の東京オリンピックを,わたしは本気で心配する。
馬術の選手は炎天下で正装して出場するのだろうか。
さすがにジャケットは……着ないよね……?
皆,こう暑くちゃ,本来の力が発揮できないんじゃないのかな…… とか,涼しいヨーロッパから連れて来られるお馬さんなんて,この気候の中にいるだけで体調崩したりするんじゃないのかな……? なんて心配になってしまった。

□■□■□■□■□

さて,この暑さの中,馬に挑んだ自分がちょっとアホみたいな気持ちになりながらスタートした42鞍目。

今日のパートナーは元競走馬の女の子。
最近よくこの子とコンビになるなぁ。
たぶん人間の年齢に換算するとわたしと同じくらいになる。
同年代の女同士仲良くしましょうね(*´ -`)(´- `*)♪

競走馬時代から名前が変わっていないという話を受付で聞いたので,最近インターネットで過去のレースの成績を調べてみたのだけれど

……一勝もしていなかった(´∀`;)

ま,まぁ……だから乗用馬になったんだろうしね(笑)。
競技馬としては優秀なお馬さんです(馬房に入賞リボンがたくさん付いてる)。
馬も色々。

馬房からお馬さんを連れてきて,洗い場で馬装を済ませ,馬場で騎乗してから腹帯を締め直し,鐙の調整をする。
鞍の位置ちょっとだけ直されたけど,全部一人でできたヾ(=^▽^=)ノ♪

馬から降りて馬装解いて,手入れして馬房に戻すまでも,もう一人でできるよヾ(´ω`=´ω`)ノ ウフフーン♪

これできないと,「馬乗れます」って胸張って言えない自分がいたのよ。
もうすぐ一人で乗れるようになるかな♪

レッスンが始まる前に,指導員さんに
「今日って1鞍ですか? 2鞍ですか?」
と確認された。
「1鞍でお願いします!('A`;)」

このサウナ(屋内馬場)の中で2鞍は生命に危機が及ぶ気がする。

【今日の練習内容】
常歩。何故かこの日は蹄跡上で左右によれる。
軽速歩。常歩よりもまっすぐ上手くいく。巻き乗りもスムーズ。
速歩(正反動)。まだまだ練習中。
馬上体操。股関節の硬さに落ち込む。


今日は特に速歩(正反動)の練習を集中的に行った。
軽速歩 → 速歩 → 軽速歩 → 速歩 と繰り返す。

わたしの身体のクセとして,腰がどうしても反ってしまう。
でも正反動のときはちょっと後傾しているくらいのほうが上手くいくのね。
坐骨でしっかり鞍を押すような感じ。
感覚をつかむために上半身を大袈裟に後傾させて,でも身体は起こす……というのをやってみる。

うぐぐぐぐ……難しい!(>_<)

「股関節が硬い」とか「骨盤が前傾気味」とか,普段の生活の中で知らず知らずに身についたクセって,ほんと矯正に苦労する。
自分の身体のクセが乗馬に影響するなんて,知らなかったよ。

1鞍だけだったのに,想像以上に体力を消耗していたようで,馬から降りて馬装を解き,鞍を外そうとしたら腕にまったく力が入らず愕然とした。
若干,気持ち悪さ(吐き気)があるんだけど,これ,もしかして軽く熱中症?
乗る前に水分たくさん摂ってたんだけどな。
自分の体力を過信しちゃダメだね(´・ω・`) 夏の暑さは恐い。
(※この後すぐ水飲んで着替えて,体調に特に問題はありませんでした)

わたしのレッスンが終わるのが,ちょうど夕方のエサの時間と重なるので,お馬さんは手入れの間ずっと落ち着きがなかった。水洗いして裏彫りして水切りしてタオルで拭いていても
「もうそんなの(体拭くとか)いいからゴハン!」
と前掻きしてエサを催促。
ちょっと待ちなさいよ('д` ;)すぐ終わるから!


汗だくだったので,帰りにまた温泉に立ち寄った。
露天風呂では,ツクツクボーシが鳴いているのが聞こえた。
暦の上ではもう秋。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

49 鞍目 身体の痛み

2017年10月9日(月・祝) 天気 晴れ時々くもり

[画像:d1b182da-s.jpg]
秋の花 野菊 が満開です♪

このタイトルは,あんまり付けたいタイトルじゃなかったな(´∀`;)

「痛み」と言っても,そんなに激しいものじゃない。
9月頃から膝にうっすら違和感がある。

最初の頃は,しゃがみ込むと左ひざで「ぎゅっ」っていうような音がしていただけだったのだけれど,そのうちに膝の内側が「なんとなく痛いような気がする」感じになってきて,そうこうしているうちに右膝もうっすら痛いような感じになってきて,「え~……なんかこれまずいのかなぁ('д` ;)」なんて思っていた。「続いたり,ひどくなったりしたら整形外科に行こう」って。

ネットで色々調べてみて,圧迫した際の痛みの部位や症状を検証したところ,おそらく,これは「タナ障害」ってやつじゃないかと疑っている。
(※医師に診断されたわけじゃないから違うかもしれません。)
膝のタナって部分に炎症が起きてるのね。
膝の屈伸をよくするスポーツ選手なんかに発生するらしい。

……いや,でも,軽速歩だってそんな「屈伸」ってほど「屈伸」じゃないよね?('A`;) ちょっとお尻浮かせるだけだよね?

となると,障害飛越の際に無茶やったのが原因か?
もともとX脚気味なのに,思いっきりつま先内に向けた内股の状態でジャンプなんてしたから衝撃で炎症起こしたのか? 膝の内側にとってX脚はよくないらしい。

しかし,あのやり方がよくなかったんだとしたら(安定して立ち乗りできるからよかったのに…),今後,どういう乗り方すれば膝が痛くならずに安定して乗れるんだろう?(´・ω・`)

膝が痛くなるなら「正しい乗り方」ではないのだと思う。
だって,「正しい乗り方」で痛くなるなら,この競技を何十年も無事に続けている人間なんているはずない。わたしの乗り方が間違っているのだ。

そこでわたしは考えた。
何とか膝の内側に負担をかけずに安定して乗る方法を。

足の外側にやや重心を移すと,痛みは感じない。
脚全体をあんまり内転させなければいいのか?
それとももしかして膝下だけ内転させたような感じになっていて膝に負担がかかっている?
内転させてもいいけど重心を内側にかけなければいいの?
足の裏に平均的に力をかけて,X脚にせずに,脚全体で鞍に吸い付くように乗ればいいんだろうか?

……あれ? 脚全体で馬体って締めていいんだっけ?

「膝で締めないで」ってよく言われたよね?
「脚の付け根のあたりで締めて」って。

脚の付け根のあたりで締めるのはわかるけど,あれ? 脚のほかの部分ってどうしてたんだっけ?

……あれ?('д` ;)?


……考えても,正直よくわからない(T‐T)

もしかしたら,乗り方自体は間違っていないけど,身体が不安的だからグラグラして,鞍に膝をぶつけているのが炎症の原因かもしれない。乗り終わった後,膝の内側ヒリヒリしてたことあるものね。


とにかく,そんな悩みを抱えながら今日もレッスンに向かった。
病院に行くほどじゃない,なんとなく自力で治りそうな感じの痛みって,もやもやする。
ううぅ……すっきりしないよぅ ヽ(TдT)ノ 早く治れ~!

今日のレッスンで悪化したら,激痛でなくとも病院に行こうと決心したものの,結論から言うと,2鞍のレッスンを終えても「悪化」はしていなかった。ただ,うっすらとした痛みは相変わらずある。
あああ~……(´Д⊂) 神様早く膝を治して。

正直ね,わたし色んなところに不調が出ては治し,不調が出ては治ししながら乗馬をしていて,こういう悩みが一切ないままレッスンを続けて上達に邁進できる人がうらやましくって仕方ないんですよ(´;ω;`)。頑丈な身体が欲しい。

レッスン当日の姿勢や扶助の出し方や馬の状態をみるのと,日々の自分自身の心身のメンテナンスに注意を払うことを,それぞれ半々くらいでやっている。ほったらかしにしてもいいくらいの身体だったら,もっと技術の向上に集中できたのかな。

□■□■□■□■□

嘆いても仕方がないので,自分の健康管理と乗馬の技術向上に粛々と取り組もうと思う( ´_ゝ`)ノ

今日のパートナーは久しぶりの栗毛のおじいちゃん馬だった。
ふふふ(*´∇`*) おじいちゃんも年だから身体の不調とか痛みとかあったりするよね?
お互い無理せず頑張ろうね♪

とか言いながら,今日はガンガン走らせちゃったけど。

人間に換算したら80歳くらいになると思われるおじいちゃんで駈歩出して馬場ぐるぐるして,速歩(正反動)のときに背中で結構跳ねちゃって,おじいちゃん……大丈夫かな……(´∀`;)
栗毛のたてがみの中に,ちょっとだけ白髪あるのね。
おじいちゃん……大丈夫かな……!!(´∀`;)

1鞍目は常歩で蹄跡行進。
そのあと軽速歩。
巻き乗り。
斜めに手前変換。
また軽速歩で巻き乗り。
脚入れて歩度を伸ばしたり,拳で歩度を詰めたりの練習をする。

脚入れる場所の再確認をする。
手綱は引きすぎて常歩になってしまうこともあった。
手綱を引くというよりも,拳をぐっと握るくらいでいいみたい。
おじいちゃん結構繊細(´∀`*)
「ブレーキの加減を覚えて」と指導員さんに言われた。
「少し速くする」とか「少し遅くする」とか,できてみると楽しいのね。
「ああ,ちゃんと伝わってる~(^∀^)」って。
栗毛じいちゃんは軽い扶助でよく動く,素直な良いお馬さん。

おおむね良くできたんだけど,今日は速歩(正反動)が,やたら跳ね上げられて辛かった。
鐙上げしたら,さらに辛かった。
なんだろう,これ。
わたしのコンディションが悪いのか,乗り方がダメなのか,馬との速歩の相性がよくないのか,とにかく
痛い(屮゚Д゚)屮!
痛いよ。いや膝じゃなくてさ。
今までこんなに痛かったことないよ。
何これ。どうなってるの。ゲルショーツ買おうとか初めて思ったよ('A`|||)

【50鞍目に続く】

乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
Dalahäst


北欧スウェーデンの幸せを運ぶ馬
プロフィール

小夏

****************2016年末にずっと憧れていた乗馬を始めました!
まだまだ下手ですが、ちょっとずつでも上達する様子をお伝えできたらいいなと思います。
ブログには乗馬日記のほか、馬に関するお話を掲載しています。
***********
【持っている資格】ティーエキスパート(紅茶),フィトセラピーアドバイザー,図書館司書,学芸員

お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらから

LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
本の紹介

『乙嫁語り』中央アジアの物語。管理人小夏の大好きな漫画です。登場人物たちの移動手段は主に馬なので,山ほど馬が登場します。日本人にはなじみの薄い地域の異文化が緻密に描かれた素敵な作品。おすすめです。