馬々とりんごの日々

UMAUMA TO RINGO NO HIBI 初心者の乗馬日記です。 記録のために書いています。 これから乗馬を始められる方の参考になれば幸いです。

まとめ

2年間のまとめ

乗馬を習い始めてちょうど2年が経過しました。
_20181229_101359


2018年
 1月 5鞍
 2月 6鞍
 3月 5鞍
 4月 4鞍
 5月 8鞍
 6月 6鞍
 7月 5鞍
 8月 4鞍
 9月 10鞍
10月 6鞍
11月 6鞍
12月 6鞍

1月~12月合計 71鞍
月平均 5.92鞍

乗った馬 7頭
教えてくれた人 4人

2年経っての感想は……ようやく一里塚,かな .。゚+.(*・ω・)ノ ゚+.゚

年末ぎりぎりに馬場3級の試験に合格し,同時に競技会デビューも果たしたので,これまでの流れに一区切りつけられたような気がします。

もちろん,技術的にはまだまだ未熟な点ばかりなので,ここで満足しているわけではないのですが,無事にこのレベルに到達することができて安堵しています。
根気強く付き合い,ここまで引き上げてくださった指導員さんや馬たちに感謝しています。

あなたたちに出会えて本当によかった。。゚+.(*´ω`*)゚+.゚


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

余談になりますが,

このブログは,自分のレッスン記録として書いているのですが,公開する以上,人に読まれることを前提に,可能な限り「読んで面白い」ブログを目指してきたつもりです。

わたしが文芸作品を執筆する際には,心がけている点が3つありまして,

①読みやすく
②わかりやすく
③面白く

これだけはどんな作品であっても遵守しようと思っています(難しいんですけどね)。

「①読みやすく」と「②わかりやすく」は,技術的な問題なので,何度も読み返して推敲を重ねれば,そこまで手に負えないポイントではないのですが,問題は「③面白く」。



人は,どういうときに,「面白い」と感じるのか?



小説を書き続けていたときは(現在はお休み中),そういったことを追求する日々でした。

わたしが愛読している本のひとつに,大沢在昌さんの 『売れる作家の全技術』(角川書店) というものがあるのですが,





その本の中で大沢さんが,


人が読んで面白いと思う小説の条件は、大雑把に分けて「変化を読ませる」か「謎を解き明かす」か、この二つなんです。


と言っていて,「なるほどな」と思ったことがあります。

「変化」そして「謎解き」。

少年漫画では,主人公が変化(成長)していく姿が面白いわけですし,謎めいていた(隠されていた)事実が徐々に明るみに出てくる過程というのは,それがどんなものであっても人の興味を引くものだと思います。


このブログは,ずっと,「連載漫画を読むように」読んでもらえたらいいなと思っていました。
「次はどうなるのかな」「これはどうやって克服するんだろう?」 そんな風に,わくわくしながら読んでもらえたらと。

そして,作者というのは,同時に「第一読者」でもあります。
書いた作品を一番最初に読む人間は,作者なのです。

その第一読者である自分が,誰よりもわくわくしていられるこの作品は,幸せな作品だなぁと思います。(*^-^*)

乗馬は,わたしにとって,謎を追い求め大きな成長を促してくれる,素晴らしい存在です。
これからもこの旅が続くことを祈って,2018年を締めたいと思います。
ありがとうございました。


乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

121~140鞍のまとめ&感想

DSC_0365
121鞍~140鞍

期間 : 2018年 10月~2019年 1 月

騎乗した馬 : 4頭

教えてくれた人 : 3人

新しくやったこと :全乗振の技能認定試験(馬場3級)のレッスン&試験&競技会デビュー

感想 : 121~140鞍で一番大きかったのは,技能認定試験を受けたことでした。指導員さんからお話をいただくまでは,試験のことはほとんど頭になかったのですが(そもそも受験可能なレベルなのかどうかも自分ではわからなかった),チャレンジしてみたことで世界が大きく広がったような気がします。

これまでの練習でも,常に「もっと上手に!」という意識でいたので,ゆっくりとした成長は感じていたのですが,何というか,体感としてステージが一つ上がったような気がします。

もちろん,3級試験に合格した後でも,できないことはまだまだ山のようにありますし,調子が悪ければ今までできていたことまでできなくなって「こんなんで3級試験合格したとか1位になったとか,笑われちゃう(>_<)」と恥ずかしい気持ちを味わったりすることも多いです。

それでも,やっぱり,何かを 「自分の実際の体験として知っている」 というのは,知らないままでいるのとは雲泥の差があるな,と思うのです。

たぶん,チャレンジした結果がどんなものであったとしても,体験としては大差はなかったのだろうと思います。


「知らなかった自分」から「知っている自分」へ。

その瞬間に,ほんの少し垣間見た世界は,どんなものだったのか。

その場所に立たなければ見えなかった風景は,どんな感じがしたのか。

 
大会での試験は,本当に一瞬で終わりました。
でもその一瞬は,わたしの中の何かを変えました。



正直,この出来事があるまでは,試験を受けることや大会に出場することに,「別にそんなことしなくても」と思っているふしがありました。

「級なんて持っていなくても」
「試合に出て戦わなくても」
「馬と遊べて上手になれれば」
「それでいいでしょ?」


今ならわかる。
わたしは恐かった。


無自覚でしたが,悪い結果が出ることを恐れてもいたし,それ以前に変化に対する強烈な恐怖を感じてもいました。新しいことをするのは恐くて,「このままでもいいでしょ? ほら,わたし,ちょっとずつだけど上手になってる」って,「そっちの世界」を見て見ぬふりをしていたのだと思います。

それを見抜かれたのかどうか,このタイミングで試験の話を持ちかけてきた指導員さんの力量には脱帽です。


翌週から,通常どおりのレッスンに戻りました。
試験前と同じように馬を出してきて手入れをして馬装をして……レッスンの流れも雰囲気も,以前と何も変わりません。自分の乗馬技術が劇的に向上したわけでもありません。

それでも以前とは何かが違う。



背中を押してくださった指導員さんと,試験当日に一生懸命応えてくれたお馬さんと,下手な乗り手の練習に付き合ってくれた馬たちに,心よりの感謝を。
ありがとうございました。



乗馬・馬術ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

小夏

田舎で乗馬を楽しんでいます。特技は紅茶と製本。好きな動物はうさぎと馬。最近気になっているものはロカボと鍋料理。カフェみたいな家に住みたいです。これから来る冬を温かく乗り切ろうと意気込んでおります。いつかホースウェディングをして庭でポニーを飼うのが夢。

Dalahäst


北欧スウェーデンの幸せを運ぶ馬
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらから